スピリチュアルはあるけど、それを商売にするのはないな・・・ | 魔法石の庭3rd

スピリチュアルはあるけど、それを商売にするのはないな・・・

 ヒメモンステラの下葉が黄色くなって枯れてきます……。
524

 で、調べてみると、これは季節の変わり目によくなることで、逆に考えると「今が植え替え・剪定の時期ですよ」と教えてくれているのだとか。
 なるほどね……植物ってうまくできてるものなんですね。

 それで、植え替えしてしばらくしたのですが、また新芽が黒くなって出てきました……今度は何なの?
 心当たりと言えば、置き場所ですかね。私がモンステラを置いている場所って、日陰でしかもエアコン直撃という最悪のコンディションの場所なんですよ。でも、それなら何故今まで平気だったのかという疑問もありますし……。

 今のところは、見守るしかないですね。

 というか、剪定するかなー……とも思うんですけど、やる気が起きなくてですね。そのまんまにしてあります。
 こういう季節の変わり目って、特に鬱気味とかになるので、そういうものなのかもしれませんけど。

 一説によると、ドーパミン(人をやる気にさせたり楽しい気分にさせたりする脳内物質)は10月が多く出るそうなんですけど……今のところ、その恩恵にあずかってないですねえ。
 で、11月はその反動でガクーンと減るそうで。10月からこんな鬱々してるのに、それ以上に鬱々するのってどうなの……って思うんですけど。

 それで、また病気の話になるんですけど、今の精神医学のうちの服薬治療ですが、多分今読んでいる鬱々で「病院行こうかな」と思っている人がいるとしたら、多分最初に出されるのがSSRIです。
 SSRIというのは、「ドーパミン再取り込み阻害剤」といって、ドーパミンを脳内に留めておくことで、鬱に効く……という薬です。
 ただし、副作用も出るので、食欲減退や頭痛、または妊娠中・妊娠予定のある女性は胎児に影響もあるので、飲めません。
 また、断薬の際にはいわゆる「シャンビリ」という頭痛が起きるために、徐々に減らしていくのが普通です。

 私の場合、鬱ではなく統合失調症の症状の中の鬱だったので、これが効きませんでした。
 統失といっても、色々な症状があるので、一口で「同じ病気だから同じ治療が効く」ということは言えません。私の場合、陽性症状がほとんど起きていないので、ジプレキサという鬱状態の改善をするメジャートランキライザーを貰っています。

 メジャーというと、統失!?と思ってしまう人もいるかもしれませんが、ジプレキサは鬱や他の病気の鬱状態にも出されるそうなので、一概に統失とも言えません。
 私の場合、こっそりのり付けされた書類を見てしまったら、統合失調症と書いてありました。後から、先生に「自分の病気、気になっちゃった?でも、統合失調症って決まってるわけじゃないから」と言われたのですが、多分、ショックを受けると思って鬱病って言ってるんだろうな……と思っています。

 だからといって、私の経験したスピリチュアルが全部が全部症状のうち……というわけではないと思います。
 だって、薬を飲み出す前から、そういう経験をしていて、薬を飲んで治療を受けた後からもその経験は変わらないからです。もし、統失で全部が片付けられるならば、薬を飲み出したらそういう体験がなくなるはず。

 なので、私はスピリチュアルはある!と思います。
 ただし、新興宗教とか、スピリチュアル商法には注意したいと思いますけどね。「あなたが、精神病であろうとなかろうと、詐欺師にはどうでもいいことです。精神病であろうと健康な人であろうと、詐欺師は金をむしり取れる人からはむしり取っていきますよ」という言葉があり、私も目が覚めました。
 元々、セミナー系とかは信用してないのですが。でも、聖具とかにはロマンを感じてしまうので、ロザリオとか数珠は沢山持ってるんですけど。

 のめり込みやすく、飽きっぽいのは自分でも分かっているので、たとえ宗教に入ろうとそのうち「止めちゃった♪」とか言ってそうです。飽きっぽいっていうのも、考え方次第で「間違った方向に行こうとしていても途中でめんどくさくなって引き返せる」って強みになるんですよねえ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示