家族愛というもの | 魔法石の庭3rd

家族愛というもの

 今日、一応病院に行ってきたら、「胃腸風邪と……精神科に通っているなら、精神的なものもあるかもしれませんね。今、症状が治まっているのなら、今後症状が出ないのならお薬飲まなくても平気ですけど、一応出しておきましょう」と言われ、帰る途中……。

 ふわ、ふわと、鳥の羽のようなものが降りてきました。
 ……ケセランパサランじゃね?これ。
 なんか、目の前に降りてきたんですけど、思わず手に取ってしまったら、核?のような部分から、鳥の羽毛のようなふわふわしたものが突き出ているんです。

 確か、桐の箱に入れて、一年に一度、おしろいを食べさせると幸運を招いてくれる、という妖怪だそうですが。でも、桐の箱なんてないし、おしろいもないので、ついリリースしてしまいました。
 目の前に降りてきてくれたのに、ごめんね。と。

 多分、正体は鳥の羽毛だとは思うんですけど、本物のケセランパサランだったら、持ち帰っておくべきだったかなー……でも、コートのポケットとかバッグの中に入れて、つぶれちゃったら可哀想だし……ということで、リリースして良かったんだと思うことに。
 
 しかし、鳥の羽だったとしても、「羽」とかは天使のメッセージだそうです。
「天使様、メッセージをください」と祈ると、鳥の羽という形を取って、メッセージをくださるのだとか。

 ぬ~べ~でもありましたよね、ケセランパサランの話。確か、ぬ~べ~で最強の妖怪はケセランパサランだと言われているのです。人を幸せにする・邪気を払う妖怪ですからね。

 でも、目の前に妖怪(?)が現れたにしては、私、「あらあら」ぐらいで落ち着いています。昔から結構そういう「見えないもの」に対する畏敬の念はあったのですが、スピリット界に降りるようになって、さらにそれが加速しているような。
 さらに、今日はうちの地域では初雪になり、これとも何か関係しているのかな?と思ったりもします。

 しかし、少しの雪ならば「ロマンチック」で済むのですが、今日明日の北海道地域では、猛烈な吹雪になる可能性があるそうですね。
 東北から北の人たちは、十分注意するようにしてください。まあ、雪が降るのは当たり前の地域の人は、「またか……」で済むと思うのですが、今回の低気圧は普段雪が降らない地域でも大雪になるということなので。

 去年の今頃だったでしょうか。立ち往生した車から出て、助けを求めに行く途中で、お父さんとまだ小さな娘さんが遭難してしまい、レスキュー隊が駆けつけると、お父さんが娘さんに自分が羽織っていたジャンパーを掛けて、雪から守るように抱きしめて亡くなっていた、というニュースがありました。
 娘さんは助かって、「お父さんはどこに行ったの?」と聞くので、誰も答えられない、というニュースでした。
 最近、子供を虐待したり、放置して死なせる親もいる中で、とても悲しくて、切ないニュースだった記憶があります。
 お父さんは、娘さんに最後まで声をかけていて、歌を歌って励ましてくれていて、それが段々小さくなっていって、聞こえなくなった、と娘さんが話していたといいます。

 ……なんともやりきれませんね。
 これはまた大きなニュースだったのですが、崖崩れで母子が生き埋めになった事故で、お母さんと娘さんは即死だったそうですが、息子さんは助かって、しかし、レスキュー隊の話では、「女性の声がしていたので見つけられた」という話もありました。
 ……死にきれなかったんだろうな、と思います。親子って、虐待とかネグレクトとかがクローズアップされていますが、本来それくらい絆が深いものなのかもしれません。
 
 自分は死んでも、子供は助けたい。この言葉は、私も実際に母親の口から聞いたことがあります。「お父さんのために死ねと言われたらためらうかもしれない。でも、子供のために死ねと言われたらすぐに死ねる。母親ってそういうものよ」と。
 私は、現実で母親になれるかわかりませんし、多分今から子供を作るのは難しいかもしれませんが、館の住人の命がかかっているなら、死ねる気がします。
 それは、私が欲しかった「家族」であり、「恋人」であるからなんでしょうか。自分でも、実際の家族との関係は微妙なので、よくわかりませんが。
 
 お墓は建ててあるので、忘れ去られることはないと思いますが、過去世の私のように、後を追って欲しいとも思いません。過去世の私は、メローネを愛しいと思うあまりに、自分の体をずたずたに切り裂いて後追い自殺しています。でも、メローネがそうなるかと思うと、それは止めて欲しいのです。
 たまに思い出して、花の一輪でも手向けてくれれば十分。真理矢とは式神が主人がいなくなったらどうなるかまでは不明なのでわかりませんが。

 式がプログラムなら、パソコン本体である私が消えたら、一緒に消えるのでしょうか。それとも、他のパソコン(人間)にインストールし直したら使えるとか?だとしたら、私の子供とか孫に譲るのも良いかもしれませんね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示