ブログのあり方 | 魔法石の庭3rd

ブログのあり方

 現在、fc2の一部のサーバーで、テンプレートが崩れたり、サイドバーが表示されなかったりするバグが発生しています。
 私は急遽、ダウンロードしてあったテンプレートに逃れましたが、未だに公式アナウンスなしなんですよねえ……。もうちょっとしっかりしてほしいです、fc2。
 こういうブログの不具合って、毎日、そしてたま~にでも、立ち寄ってくれている読者さんに何よりも失礼だと思うんですけど。もちろん、書いてる側もそうですが、ブログって読者さんあっての運営じゃないですか。毎日毎日シコシコ自家発電ブログ書いてて、読者さんがいなければただの露出狂(見せる相手がいない)じゃないですか。あれ?それってただの趣味?

 まあ、日記なんて、アナログでも書けますしね。それをこうやってブログにしてネットワークに乗せてるってことは、誰かに読んで欲しいからであって、言うなれば「かまちょ(構ってちょうだい)」ってことです。
 
 んー、でも、その全権が読者さんにあるのかというと、私はいまいちそういうわけでもなく。
 不人気なことを記事にしていても、アップしますしね。自分の書きたいことを第一にして、それから読者さんのリターンにも応える、という感じでしょうか。
「私は、利己主義でナルシストです」「ブログというのは、たとえ明日消えても、数ヶ月すれば誰も思い出さなくなる程度のものだと考えています」と、コメントでもいただきましたが、私もそんな感じだろうと思っています。
 まあ、南条あやさんとか、嬢ちゃんとか、奥山貴宏さんなんかの超人気日記サイトさんは、たとえなくなっても有志が復活させていたりしますが。「ネット魚拓」といって、そのページがぺろんと複製できるサイトがあるのですよ。それで、一つ一つ、有志の人たちのPC内に保存してあった日記を上げていくっていう。ほんと、頭の下がる作業です。

 で、思っているのは、「web媒体って、永遠じゃない」ってことです。
 南条あやさんなんかの日記は、元サイトを「電子の海の墓標にする」と言って、南条さん自身もそれを望んでいたと言いますけどね。なんか、いつの間にか消えてしまっていて、寂しいなー……と思っていたら有志の人たちが上記の魚拓で上げてくれていて、喜んでブックマークしています。
 南条さんの日記は、何故消えたのかというと、サーバー代を払っていたあやパパさんがサーバー代を払わなくなったというだけの話らしいですけどね。なんでも、「粘着に攻撃されている。あいつとあいつに違いない」と以前から言っていて、南条さん亡き後に、「お父さんが異常だっていうのも本当だったんだ……」と言われていました。

 話からかなり逸れましたが、そんなこんなで、「このブログも、明日には消えてるかもしれません」ということです。
 私が突然、「やっぱブログ書くのしんどいわ。飽きた」と投げるかもしれませんし、最悪明日には死んでるかもしれません。
 というのも、twitterで音ゲーのことを呟いていた人が、ツイートしなくなったと思ったら、姉にバラバラ死体にされて発見された……なんて記事を読んだからなんですけど。
 まあ、以前のブログを書いていた時も、私は突然「飽きた」と言ってブログを放り出して、1年くらい更新せずにいた挙げ句にそのブログを消して今のブログを立ち上げたって呪いもあるんですけどね。
 なんだろう……墓地を埋めてマンションにした、みたいな。気にしない人は気にしないですし、気にする人は気にする。そういう感じですかね。

 今のところは、ブログを消すという選択肢はありませんし、引っ越しも3回もしていて、私、何やってんだろ……と思わないでもないのですが、スピブログも更新していますしね。
 書きたいことがいまいちまとまらないのですが。何の話がしたかったんだっけ?私。
 まあ、雑談程度ですよ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示