ルチルクォーツの高騰 | 魔法石の庭3rd

ルチルクォーツの高騰

 アジアンタム定期観測。
 新芽は出ているのに、どことなくひょろひょろしていて、頼りないのです。
 スレをさかのぼって読んでいると、「水受けに水が溜まっていませんか?」のレスが。
 確か、3日くらい前に腰水状態になっていたのを捨ててから水受けはノータッチだったのですが、見てみると……ひゃー。
492

 1cmくらい水が溜まっています。このせいか……。
 しかし、別の情報によると、「アジアンタムは再生時にはひょろひょろした芽が出る。気長に水をやっていれば、そのうち太くてがっしりした芽が出てくる」のだそうです。
 あ、水やりの際に溜まった水はその都度捨てた方が良いそうですよ。そのままにしておくと根腐れの危険性があるそうです。私、ミクロフィラムを根腐れさせましたしねえ。

 アジアンタムを丸刈りにして、元に戻るのは、大体1~2ヶ月と書きましたが、これはあくまで目安です。季節や気候・置いてある環境によっては、それ以上かかることも、短縮することもあります。
 私がブログ等を読んでいると、春先だと1~2ヶ月、夏をまたぐ場合は2ヶ月、秋冬は3ヶ月ほどかかる場合が多いですね。

 そういえば、天然石ブレスレットを新たに注文しました。週末なのと、メール便なので、届くのは6~7日になりますが。
 今回注文したのは、憧れのルチルクォーツのみのブレスレット!まあ、お値段が3000円ほどと安価なので、針の入り方は微妙ですけどね。
 はっきり言います。願うのは、お金です。
 というか、金運成就のために金使ってたら意味ないじゃんって話ですが、私はお金が欲しいのです!他はどうでもいいからお金!結婚できなくても、就職できなくてもいいからお金!金さえあれば世の中大抵のことはどうにかなりますし。

 まあ、ルチルの財運は、貯蓄というよりはあぶく銭なのですが、あぶく銭でもないよりはマシです。
 ちょっと前から、ルチルクォーツの中の、タイチンルチルという、太い針の入った綺麗な黄金のルチルのビーズは高騰しています。というのも、ルチル大国の中国人が目を付けたからです。
 中国でルチルが金運のお守りとして人気になったので、日本でもルチルは高騰しています。まあ、それ以前は、パワーストーンブームで高騰してもいたんですけど。中国人が集めるようになってから、更に価格が加速している感じですね。

 私が買ったルチルは、透明度の高いタイプと低いタイプがあって、透明度が高いものは針が少なく、低いタイプは針が多いけどクラックも多い……という。
 どっちかは選べないのですけどね。でも、ちゃんとそういう情報を入れてくれるショップは良いショップなんじゃないでしょうか。

 どういう子が来るのか、楽しみです。

 というか、本当は10mm玉くらいの大きさが良かったのですが、写真を見て、12mm玉の方が好みだったので、大きな玉の方を選びました。
 これで3000円は安い!と思うんですけどね。
 更に、そこのショップでは、14mm玉という特大のブレスも売っていて、「すげえ……」と思ってしまいました。しかも、安いのだと3000円ちょい。

 ただ、パワーストーンのブレスレット(特にゴムのもの)を選ぶときに、大きな石は同時にゴムにも負担がかかると考えてください。
 私が今付けている、ミックスルチルのブレスレットは、ゴム交換したものです。どうやら一つのビーズの処理が甘いらしく、ゴムを切りやすいようです。
 なので、手芸店でオペロンゴム(繊維状ゴム。身につけていると、毛羽立ってくるのでゴム交換の際の目安になる)を買ってきて、修理しました。

 ゴム交換の仕方は、調べれば出てくるのでここでは書きませんが。
 でも、身につけてみてから、「一玉減らした方が良かったかも……」と思っています。内径16cmはちょっと緩いですね。すっぽ抜けるほどではないので、そのままにしてあるのですが。
 こういうときに、「ブレスレットメーカー欲しいわ……」とふと考えます。でも、特にブレスレットを一から自作したりはしないので、使い勝手がどうなのかな?と思ったり。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示