モンティホール問題って確率問題?心理学? | 魔法石の庭3rd

モンティホール問題って確率問題?心理学?

 アジアンタム3号が、ちりってきたので、思い切って刈っちゃいました。
490

 新芽も結構出てますねえ……。というか、アジアンタムを丸刈りにする工程で、新芽を避けていかにタワシ状に刈るか、っていうのが難しかったりします。
 2号の時は、芽がそれほど出ていなかったのでへいきだったのですが、3号は一つ、芽を刈っちゃいました。

 で、アジアンタムって、健康な芽を刈ると冷たいんですよね。
 ここのところ、「ほー……」と思ったんですけど。ちゃんと水を吸い上げている力があるってことかな?
 
 でも、丸刈りにした後の葉っぱって、何かに使えないかと毎回思います。
 アジアンタムって、押し花にするという話もあるのですが、それにしちゃ大量ですしね……。
 なんか、うちが農家だからか、稲を一束刈って、脱穀機に入れる時と同じような感じなんですよねえ。稲刈りとアジアンタム刈りを一緒にすんなって思われるかも知れませんけど。

 そういえば、今日、モンティホール問題なるものを知ったのですが、根っからの文系人間である私には何がなんだか……。
 モンティホール問題とは、「3つの箱を前にして、一つだけ宝が入っている。そのうちの一つを選ばせた後、『では、選ばなかったうちの一つを開けます』と言って、選ばなかった一つの箱を開けて、外れであることを認識させる。さて、あなたは次に最初に選んだ箱か、それとも違う箱を選びますか?」という問題のことです。
 答えを言ってしまうと、「選び直した方が宝のある方である確率が高まる」ということです。

 最初は、1/3の確率で、どの箱を選んでも確率は同じ。なので、勘で選ぶしかありません。
 しかし、一つの外れの箱を開けた後、最初から同じ箱を選ぶと1/2に、そして違う箱を選んだ場合はなんと2/3と確率が変わってくる……という問題です。

 この問題は、数学者から心理学者までが議論を交わしている設問でもあります。
 しかし、明らかに選び直した方が宝を得られる可能性が高まると。

 はあ……分からん。どんなに考えても分かりません。
 そもそも、確率問題なのか、それとも問題を出している側の心理的な問題なのかが分かりません。というか、四則演算すらまともにできないのに、確率問題なんて手を出すなよって話ですが。
 私の数学力は、足し算、かけ算、引き算は2ケタ以上だとできず、割り算に至っては、筆算ですらどうやって計算するのかを忘れています。
 
 さすが中卒なだけあるな!
 というか、中卒が学者も悩む問題に関わるなよって話です。でも、中卒でも命には変わりないから……(震え声

 文系でも、自分の興味外の文献は難しくて読む気がしません。民俗学とかの本はよく読むんですけどね。
 民俗学でも、難しい文章はやっぱり分かりません。
 でも、もし、私が何かを理解したという時は、中卒の人でも分かるように説明できるようになりたいです。だから、色んな知識を溜め込んでいるわけですからね。

 私の場合、大検は取ってはいますけど、中身はホント中卒ぐらいです。
 普通のクイズ番組なら、「○○だね」と分かることもあるのですが、IQ問題だとさっぱりです。多分、私は真に頭の良い人間ではなく、知識を溜め込むことによってようやく普通の人ぐらいになっているのだと思います。
 うちの母も、中学卒業してすぐに看護師になったので中卒ですけど、普通のクイズはすぐ分かりますよ。

 私が大学を辞めた時も、「学校を辞めるのはもういいけど、本だけは読んでおきなさい。知識のある人と、ない人だと、明らかに知識のある人の方が優遇されるから」と。
 結局、私は本を読んで、ネットをするだけの人間になり、昔話の太公望みたいになっています。
 
 太公望は、本ばかり読んでいて働かないので、妻に出て行かれてしまいますが、その博識ぶりを引き上げられて軍師にまで出世します。
 すると、妻は「もう一度やり直して欲しい」と復縁を求めて来たので、太公望は黙って盆に水を入れて持ってくると、それを玄関に撒きます。そして、「この盆に入っていた水を全て元通りに戻すことができたら復縁しよう」と言います。
 結局、妻は水の含んだ砂利を少しだけしか戻すことができませんでした。
 太公望は、「人の心も盆の水と同じ。一度離れたものはもう二度と戻すことができない」と妻を諭す、という話です。

 まあ、私が軍師になるってことは絶対ないと思いますけどねえ。私は、自分のことは天才とか秀才だとは思いません。文筆業志望ですが、それはこれからも知識を溜めて、初めて作家になることができると思っています。作家なんて、他の有名大卒の人たちと戦うってことですからね。それなら、軍備を蓄えておくしかないのです。
 
スポンサーサイト

コメント

No title
アジアンタムの丸刈り、水草のトリミングのようですね、バッサリ刈っちゃうのってちょっと勇気が必要で、新芽が出てくるとホッとします。

モンティーホール問題、面白い問題ですねー
僕は理系が専攻ですので数学が大好きです。
確率の問題では確かに選び直した方が有利なのは理解できます。
でも、僕だったら選び直さないです。
もし選んだ箱の中に宝が入ってなくとも、もともと持っていないものなので、手に入れられなくとも気にしないです。
むしろ他人の行動(選び直すかという提案)に自分が影響されて決断を変えてしまう失敗の方を恐れます。


太公望の妻は野心も愛情も足りなかったのでしょうね~
言いくるめられてしまうなんて。。。


「知識という武器を持て」
僕も頑張ろっ‼
Re: No title
トリミングもそうなんですか・・・アクアリウムは、一度本格的にやり始めたらえらいことになりそうで怖くて手が出ません。メダカは飼ってるんですけどね。

モンティホールは、ホント私には全然わかりません。でも、YOSSYさんのように「一度選んだ箱は外れの可能性が高いと分かっていても変えない」という人は、頭の良い人が多い気がします。

太公望もそうですが、昔は「本なんて読んで!さっさと家の手伝いでもしろ!」と、まさに今のインターネットとかゲームみたいな堕落した娯楽だと言われていたんですよねえ。
太公望の奥さんは、まあ、先見の明がなかったね、ということで。

管理者のみに表示