ブログを毎日更新するのってマゾなの? | 魔法石の庭3rd

ブログを毎日更新するのってマゾなの?

 先日書いた、「本日、友人を2人なくします」の記事ですが、そのうちの1人とは和解しました。
 ちょっとした気持ちのすれ違いだったようです。私も、大人げない態度を取ってしまったので、まあ、和解という結果になったことは良かったと思います。

 さて、良い感じにアジアンタムがちりってきたのですが、それを見ないふりしながら、別の植物でお茶を濁しますよ。
 487

 コンシンネ。以前とあまり変わってないように思いますが、最近曇りの日が多いので、直射日光に慣らすために窓辺に出しています。
 早く葉っぱが赤くならないかなー……と思いつつ。
 
 コンシンネは、日光に当たると写真の白い部分が赤くなります。
 冬~春から慣らすと、夏の直射日光にも耐えるそうです。でも、私のコンシンネはまだまだですねえ。
 これでも、写真では白飛びしていますが、肉眼で見ると白いところがピンク色なんですよ。

 関東は、明日が台風直撃で、その後は台風一過で最高気温34度の日が続きます。涼しいのは良いんですけど、暑いのはホント無理です……。死にます。
 お外でガーデニングしている人たちは、植物避難はできたでしょうか?私が通っているブロガーさんのところでは、綺麗なバラの株が根元から折れて飛んで行ったりしている被害があったそうで、心配です。

 さて、結構な植物を育てていても、スランプというものはあるものです。
 私も、毎日得た知識を必死で思い出しながら書いています。なので、平気でブログ一記事上げるのに一時間とかかかります。
 これでも結構ね……大変な思いをして書いているのですよ。相手は植物ですから、生育期は沢山変化もありますが、休眠期になると全て変化無し、という事態にもなりますしね。

「ブログなんて簡単だろお?」っていう人は、どうぞ一日に10記事でも20記事でも上げてください。そんな、簡単だと思えるなら私だってそれくらいできますよ。
 今は、twitterもありますし、3行ブログなんかは「twitterでやれ」って言われますしね。
 それで、多くの人の目に留まるようなブログや、「それは知らなかったなあ」と思われるような記事を上げ続けるのは、苦痛でもあります。
 
 でもまあ、その苦痛の中に幸福もあるわけで。
 なんでしょうね?著述をしている人間って、基本的にマゾなの?とは思います。ってことは私もマゾってことか。
 いや、この場合のサドマゾっていうのは、性癖の問題じゃなくて、性質がサドとかマゾってことね。多分、性癖とは違うと思います……。

 でもねー、特に日本人なんかは、仕事とか趣味でも、苦痛の中に喜びを感じる人が多いのではないかな?と思います。もうね、たとえ好きなことを仕事にできたとしても、それはそれで苦痛なのではないかと。
 じゃあなんで一銭にもならないブログなんかを毎日更新しているのかというと、私にとってはここがホームだからですよ。
 昼間でも、結構こまめに巡回していますしね。その中で、訪問してくれるだけでも嬉しいですし、コメントなんてついてたら狂喜乱舞しますし、拍手とかランキングポチされてたら「嬉しいなあ!嬉しいなあ!」ってなります。

 私にとって文章は、自分のお腹を痛めて産んだ子供に等しいのです。
 実際に痛めているのは頭なのですが。でも、産んだ後に放置してて良いって言うのは育児しているお母さん方に怒られるかもしれませんね。
 
 でも、日本人、マゾでもないとやっていけませんよねえ……。会社行って、働いている人ほど、マゾ度が高くないとやっていけないのではないのかな。
 私の好きな、中島みゆきの詩の中で、「命の別名」という曲があるのですが、「それでも人には笑顔のままで 泣いてる時もある」という歌詞があります。まさに、今の日本人はそんな感じですよねえ。
 
 コンシンネ関係ない話になってしまいましたが、私の考えはこんなのです。
 文章書くのって大変ですよ……。仕事でもないのによくやるよなー、私。と思いつつ、今日も更新を続けます。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示