ドラセナ・コンシンネ | 魔法石の庭3rd

ドラセナ・コンシンネ

 財布に金があると、すぐ趣味に使ってしまう女!スパイダーマッ!

 というわけで、買ってきました。もう私、多分一生金は貯まらない性分だとしか思えない……。
484

 多分、ドラセナ属のコンシンネとかいう種類?
 これも、水のやりすぎに注意だそうです。一週間に一回でも多いのだとか。
 多分、多肉で言うと、黒法師系の育て方になるのかな?私、黒法師は水やりすぎであっという間に枯らすマンなんですけど。

 コンシンネは、株が成熟すると、段々色が白から赤くなってくるそうで。
 まあ、その他にも日光に当てないと赤くならないとか言われていますけど、私はばっちり日光の当たる場所を確保しましたよ!でも、急に日陰管理から直射日光に当てると葉焼けするという……ここのところは、観葉植物の摂理ですね。

 あと、部屋にゲジゲジが出ました。
 ゲジゲジっていうのは……まあ、ググってもらえればわかるのですが、ムカデの素早い版みたいな虫です。
「うおおおおおおお!!(かみなが恐怖しているっ!!)」ってなったのですが、この虫、ゴキを食べる益虫でもあるんですよねえ。姿は気持ち悪いですけど。

 でも、ゲジがいるってことは、ゴキもいるってことじゃん!ということに気がついて、バルサンしました。
 最近のバルサンには、火災報知器に引っかからないようにカバーが付いているんですね。アースの足で踏むやつと迷ったのですが、こういうのは老舗が一番だろう、ということでバルサンにしました。

 2時間ほどテレビ観ながら待って、部屋に戻って換気。でも、バルサンの匂い、私は嫌いじゃないです。蚊取り線香も平気ですしね。火薬っぽい匂いが好きなんでしょうか。
 蚊取り線香は、東南アジア辺りで需要が拡大しつつあるそうです。あっちの方では、蚊による伝染病とかが流行っているので、蚊取り線香はまさにターゲッティングとしては成功しています。
 
 コンシンネに話を戻しましょう。
 コンシンネの場合、一番枯らすのが多い原因は、「根腐れ」だそうで。
 なんでも、水をやりすぎると、すぐに根腐れを起こすタイプの植物なので、水管理が難しいのです。まあ、逆に言うと、そんなに水をあげなくても大丈夫な植物ってことなんですけどね。
 根腐れを起こすと、コンシンネの茎がぶよぶよになります。黒法師と同じですね。

 まだ茎の上の方が無事な場合は、そこから切って土に挿しておくと、根が生えて復活することもあります。
 育て方としては、夏場は1週間に1回の水やりでも良いのですが、その他の涼しい季節は2週間とか、冬場は何ヶ月単位で水を切っても良いそうです。

 そういえば、アジアンタムの葉っぱが黒っぽくなってきていて、「何これ!?」と思って調べると、あまり長時間風に当たった場合、葉が黒っぽく変色するとのこと。
 風……ああ、エアコンの風か。というか、そっちまで届くんですね?というぐらいのエアコンの風量なんですけど。
 アジアンタム、果たして2号と3号は無事に大きくなれるのでしょうか!?

「アジアンタムは、買ってきた当初が一番大きい」という話もありますがね。
 まあ、難しい植物なんですよ、うん。でも、中にはプランター一杯に育てているプロ並みもいるそうなので、アジアンタムマスターへの道として、頑張ります。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

私もハーブを育てています。結構ほっといて海外いったりしてたのに、いきてました→おい。
昨日大きいプランターに移し替えたのですが、栽培者曰く、でかすぎる、と。
根腐れ気をつけてくださいねーと言われてしまいました。。。
きちんとそだってくれればいいのですが。。。
Re: タイトルなし
植物、難しいですよねえ。
ハーブは初心者向けなので、わさわさになりますよ。ただ、種類によっては、増えすぎて困るので、地植えはしない方がいいとか。
タイムとかセージは難しいらしいですけどね。他の種類は、ある程度放っておいても平気です。

管理者のみに表示