シダ職人になりたいな | 魔法石の庭3rd

シダ職人になりたいな

 アジアンタムを綺麗に育てたら、シダ職人の称号が貰える気がするンゴ……。
 じゃけん、朝と夜に水やりましょうね~。

 ちょっと前までは、「私は貝になりたい」とかそんな名作パロんなや!って感じなことを言っていましたが、今はシダ職人になりたいです。シダ職人になって、アジアンタムをふっさふさのまま2mまで育てるんだ……。私の背丈より大きく育てるんだ……。
 それには、まず水やりと適度な日差しが得られる場所を確保するのです。そして、湿気も確保するのです。そうしたら、アジアンタムも応えてくれる……きっと応えてくれると信じています。

 今のフッサーラなアジアンタム3号。
461

 たとえ全部ちりちりになっちゃったとしても、タワシ(根っこの部分)さえ生きていればまたニョロニョロ生えてくるのがアジアンタムらしいです。
 タワシというのは、何度も刈り込まれて地上に芽が出ては枯れているのを繰り返した跡のことをその姿からタワシと呼ぶのです。
 
 あと、ミクロフィラムのワラビ(芽)が枯れました……。でも、4つ出ていたワラビのうち、1個枯れただけなので、全然大丈夫。枯らした直後はシン・ゴジラみたいな絶望感を感じていましたが、掲示板読んでいたら、「ワラビが黒くなって枯れた……」というつぶやきに「それ、よくなるよね」「私もよく枯らすけど」といったレスが付いていて、「皆、ワラビを枯らすものなんだ」と感じましたよ。

 あ、シン・ゴジラは観てません。元々、映画館ってかなり苦手な場所なんですよねえ……。それなら、迫力とかなくていいから、DVD借りて家で好き勝手しながら観た方が楽です。
 でも、なんかネットを観ていると、どうやらシン・ゴジラはかなり好意的に受け入れられているようなので、「さすがは庵野(エヴァンゲリオンの監督。この人がシン・ゴジラの監督なのだ)。ゴジラの恐怖とか絶望感みたいなのを分かってる」と言われていまして、「リメイクとか漫画の実写化みたいなのって、全部が全部叩かれる訳じゃないんだな」と思いました。
 
 ともかく、残り3つのワラビは無事、ワラビの形から葉っぱを出して新芽になりました。
 ぐんぐん育て、アジアンタム。

 でも、やっぱ葉水ってした方が良いんでしょうかね?
 いまいち、苔とかシダ類って、葉水必須!みたいに言われていますが、アジアンタムって葉の表面に繊毛が生えていて、それで水をはじくらしいので、葉水してもあんまり関係ないんじゃないかとも思ったり。
 でも、湿度を保つ意味では関係あるのかな?シダは湿度が重要ですし。

 そう。アジアンタムって、アジアのシダって意味じゃなくて、「水をはじく」って意味らしいのです。
 でも、シダなので、湿気は大好き。本来なら、6月頃の梅雨時が「俺の季節来た!!」とアジアンタムがテンション上がるらしいです。
 
 シダ類も、調べていると、ちょっとグロ系のシダとかもあって、「うわあ……」と一瞬たじろいだり。
 でも、そんなこと言ったら、人間の赤ん坊の方が産まれてから何ヶ月までは十分グロだと思うので、シダからすると「てめーらの方がグロいわ」って思ってるかもしれません。
 それに、グロいグロいと思っているシダでも、いざ手に入れてしまうと「可愛い~」と思う訳です。多肉で、脳みそみたいなやつ(リトープス)手に入れてみると可愛いと思えたのもそのせいです。
 
 グロ植物をキモイとか思った時は、「人間の内臓の方がグロい」と考えた方が良いのかも知れません。
 植物も人間も同じですよねえ……。人間は、どんな美女イケメンでも皮を剥がせば同じ。全然問題はないのだ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示