アジアンタムはまだちりちりはなし | 魔法石の庭3rd

アジアンタムはまだちりちりはなし

 アジアンタム、面白いですね。シダの中では、「すぐちりちりになる」とか「難しい植物」とか言われているようですが、スグカラースな私が育てていても、水切れにさえ気をつけていれば、なんとかなる植物だと思います。
 難しいのは、むしろ冬場じゃないかな?冬場は、空気中の湿度が低く、また、水やりの頻度も難しいので、冬場に枯らす人とかも沢山いそう……。
 
 で、よーく見ていたら、新しく葉っぱが展開していました!
448

 ピンぼけしている真ん中の葉っぱです。
 これ、枝の先がまだくるくる巻いていて、でも葉っぱはまさに展開中……。健康な葉っぱになれよーとなでなでしておきました。
 植物はあまりなでなでしてはいけないんですけど。でも、アジアンタムの若葉の触感は最高です……。柔らかい。うちの猫の毛並みみたいです。

 いつも通り写真が下手で申し訳ないのですが、ピントを合わせるっていうのがまだ良く分かっていません。私のカメラでは、撮影ボタン半押しで自動的にピントを合わせてくれるのですが、連写できないので、一瞬ピントが合う→撮影ボタンを押す となると、ただのピントの合っていない写真が撮れてしまうのですよ。

 これ、どうすればいいんでしょうね?一瞬ピントの合っている時を予測して撮影ボタンを押すとか?世の中の人たちはそれがマスターできてるってことでしょうか?すげえ。

 一眼レフってどんな感じなんでしょうかね?でも、そもそもデジカメすら使いこなせてない私に一眼持たせても意味ないでしょうけど。
 そもそも、一眼買えるお金ないですし……。デジカメで綺麗に写せる腕が欲しいです。

 ちなみに、私のデジカメはPanasonicのlumixです。電器屋で9000円でした。
 さらに、それに18Gのメモリー積んでいます。積んでいるのはメモリーだけ。あとは、何も積んでいません。

 さて、アジアンタムに話は戻りますけど。
 
 うちのアジアンタム、今のところ葉っぱちりちりは免れています。
 というのも、「シダはとにかく水切れ厳禁」ということを学んでいたので、朝に起きれない時は、受け皿に水を溜めておいて、腰水させています。
 しかし、受け皿に5mmくらいの腰水なら、一日で吸ってしまうようです。夜間の植物巡回では、水が残っていません。
 
 腰水は、1cmくらいでも大丈夫かもしれませんね。
 アジアンタムは、根腐れも怖いと言いますが、アジアンタムスレでは、「腰水やってるけど、根腐れしたことは一度もない」という書き込みがあったので。
 
 うちの環境では、カーテン越しの光(いわゆる半日陰)で、そこに置いている植物の中でも一番奥まった場所に置いています。
 エアコンの風は大敵らしいので、エアコン直撃の場所からは離しています。でも、葉っぱは今のところにょろにょろ出てきていますね。

 しかし、こういう種類なのかは分からないのですけど、下葉がほとんど生えていない感じ。根元がすっかすか。調べたアジアンタムのふさふさした感じはないです。
 アジアンタム・ミクロフィラムという種類なのですが、これって徒長?とか思ったり。
 でも、まだうちに来てから1週間とかですしねえ……。
 葉っぱの数が少ないんでしょうかね?普通は、下葉も出るのかな?

 まあ、育てていけば自動的に分かることでしょうけど。
 早くもっとわさわさにしたいですねー。私が花屋さんで見たアジアンタムは、2500円でわっさわさでした。高っ!と思ったのですが、今考えたらそれだけの手間がかかる植物なんですね……。お値段なりってことですか。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示