本当は怖いパワーストーン | 魔法石の庭3rd

本当は怖いパワーストーン

 昔、「本当は怖い天然石のはなし」というブログさんが面白かったので、再び検索していると……。
 間違えて、「天然石の怖い話」で検索して、出てきた話が非常に興味深い内容でした。

 かいつまんでお話ししますと、主人公は天然石好きな男性(主と表記)。ただ単に、綺麗な石が好きだからという理由で集めており、ちょっとしたコレクターとなっていたとか。
 そんな主が、ある日、ネットオークションで綺麗なラブラドライトの卵形のタンブルを競り落とします。そのラブラドライトが非常に魅力的に見えるので、その夜は握って寝付くことに。

 すると、主は奇妙な夢を見るようになります。
 必ず、主は木にくくりつけられており、その周りを子供たちが主を指さしながら呪文のようなものを唱えると、上から何か邪悪で巨大なものの気配がする……という夢。
 そして、その夢を見た後は、必ず右目が真っ赤に充血しているのです。
 
 ある日、実家に甥とその友達の子供が遊びに来ていて、主は二人に例のラブラドライトをコレクションの一部として見せます。
 すると、甥の顔が曇り、「嫌だ。その石は近寄りたくない」と。しかし、友達は「綺麗だね」と言って触ってしまいます。

 甥たちはそのまま外に遊びに出かけたので、主は台所で一人になっていたのですが、しばらくして、甥の友達が一人で戻ってきました。
 その子が、何か尋常ではない様子だったので(白目をむいて口からよだれを垂らしている)、「○○くん!」と声をかけると、友達はあの、夢の中の子供たちが言っていた呪文を唱えました。
 そうして、気がついた時には、主は病院。右目を包丁のようなもので切っており、主は甥の友達が包丁で主の目を傷つけたことを思い出します。
 しかし、友達のせいにはしたくなかったので、主はそのことを隠して、転んだ拍子に包丁で切ってしまった、ということにしました。

 さすがに気味が悪くなった主は、そういった霊感のある友人にその石を見てもらうことにしました。
 すると、友人は顔を曇らせ、「その石を見ていると右目が痛くなる」と言い、「多分、それは何かのご神体だったものだと思う。俺が預かって、そういう方面の神社に持って行く」と言って、そのラブラドライトを友人が持ち帰りました。
 
 主が、少し安心していると、その晩、今度は主は俯瞰で見ており、その友人が木にくくりつけられている夢を見ました。
 子供たちが友人を指さして呪文を唱えると、上から巨大な蛇が這い降りてきて、友人の頭を飲み込み、首をはねます。そして、主は、その蛇の右目がないことをようやく確認しました。

 その4日後、主は共通の知り合いから、友人が事故で亡くなったことを知ります。その現場に行くと、何故かあのラブラドライトが、かけらとなって落ちているのを発見して、主は持ち帰ります。
 そして、「やっぱり綺麗だ」という書き込みを最後に、主は行方をくらましてしまうのでした。

 この話を読んで、私もなんとなく分かる気がしました。
 というのも、私もラブラドやペリドットやガーネットを付けると、あまり嬉しくない出来事が立て続けに起こるのです。何か、そういう石っていうのもあるのかもしれませんねえ……。
 そういえば、「呪いのダイヤモンド」で有名なホープダイヤは、元々はとある寺院の仏像にはめ込まれていた石を盗賊が盗み出したものだと言います。
 この話でも、友人は「ご神体だと思う」と言っていますね。そういう、ご神体系の石は良くないのかもしれません。

 うーん……「本当は怖い天然石の話」さんも、読み返したのですが、最後ら辺の記事で、「もっと書きたいことも調べたいこともあるので、ブログは続けます」とおっしゃっていたのに、今は行方不明。
「無人島に持って行きたい鉱物」さんも、体調悪化のため更新停止……。石ブログさんって、皆、あんまりよろしくない終わり方なんですよね。

 昔からやってる大手石ブログさんって、今は虚空座標さんぐらいかも……。
 石って、やっぱり何かあるのかもしれませんねえ。今は「パワーストーン」という言葉も、「身につけるだけで願望が叶う」みたいなことを言われていますけど、その逆の効果もあり得るのかも……石にとっては、人間に手を貸そうが、不幸にしようが関係ないですからね。
 
 難しいところです。もし、今後、石と付き合っていて、「なんか嫌な感じするな」と思ったら、思い切って外してしまうのもアリだと思いますよ。好転反応とかで死んじゃったら元も子もないですからねえ。
スポンサーサイト

コメント

右川様の記事を読んで興味が沸き、早速記事に書かれているブログさんへと行って、記事を拝見しました。石に関してなどの色々な記事が書かれてあってとても勉強になったのですが、ただ気になったのは、あのブログ主の方は、『ラピスラズリを凄く推すなぁ……』と感じました(:_;)。
Re: タイトルなし
んと、サイトを複数挙げたので、どのサイトのことか分かりませんけど・・・
ラピスを推す人っていうのは、ある程度の年齢の人が、ラピスクラブという通販広告で「ラピスは何でも叶えてくれる幸運の石」と言われていたからではないでしょうか。
オカルト雑誌の広告には必ず載っていたとのことですし。
あ、すみません。タイトルを入れ忘れてました。『ホントは怖い天然石』とかいう題名だったと思います。
Re: タイトルなし
ラピス推しでしたかね?私が読んだのは、パワーストーン店との対決とか、ブルームーンストーンの是非とかでしたけど。
私が読んだ時は、時にラピス推しが強いってイメージはないですねえ・・・。
あー、もしかしたら私自身がラピスで痛い目に遭ってたりするので(『好転反応』?っていうんですかね?)、それでラピス系の記事が気になった……というか、他の記事より目に入ったのかもしれないです……多分……ですがf^_^;

ちなみにラピスは未だ相性悪いですねー。なのでラピスの八ミリ玉持っていても全く触らず、石入れに使用している宝石箱に入れっぱなしです。
Re: タイトルなし
ラピスは強烈な石ですからねえ・・・。
先に書いた、呪いのラブラドライトの話ではありませんけど、そういう合わない石ってありますよね。
好転反応だとしてもきついよっていう。

私は最近、ガーネットに逃げられました。
こればかりは、しょうがないとは思います。
ラピスはキツイです。ていうか、自分とラピスがあんなに相性悪いとは思いませんでしたよ……f^_^;
他の青い石とはそんなに悪い事はないんですがねえ……。

石好きでも好転反応はキツいのに、『好奇心で石を買っただけ』の人とかだったら、好転反応なんかめちゃくちゃキビしいですよね、きっと(汗)。
石を買ったら皆が皆、好転反応する訳ではないんですけどね。

ラブラドライトの話は怖かったですよね……たった一個の小さなラブラドライトが、手にした人間の命運を変えてしまうというものでしたけど、実はそれは『ご神体』だったという恐ろしいオチつき……。やはり出所の分からない石は手にしちゃダメですよね(T_T)。

右川様の『ガーネットに逃げられた』で、報告し忘れてたのを忘れてました!!私、最近三人との『連絡用兼婚約指輪』の入れ代わりが多くて。今は杏樹とルーアンの指輪は、最初に購入した指輪ではなく、以前買ったタンザナイトの石(ルース)を使った手作りの指輪、エメラルド(ルース)を使った手作りの指輪に変わり、リンのみが『買った』指輪なんですが(一応サイトに写メアップしてますが)、見た目はステンレス素材で蛇模様の、真ん中にガーネットが入った指輪です。しかも、その日は全く指輪を買うつもりなどなく、ただ、デパートで手芸用品を買うつもりで出掛けたのですが……あれよあれよと言う間に買う流れになってしまいまして……。
買った後に『はー……買ってもうたー……』と呆然としていると、リンがこちら側に振り返って『あっかんべー』をしている映像が頭の中に受かんだ瞬間、『しまった、『買わされ』た……!!』とか思いました……正直……(-口-;)
Re: タイトルなし
以前、「伊勢神宮のご神木のブレスレット」なるものも売っていましたけど、それもどうなんでしょうね。一応、ご神体に当たると思うのですが。

ああ、アレキサンドライトを婚約指輪にしていたら、逃げられたという・・・。
ショックでしょうね。お気持ちお察しします。

やっぱり、シロガネさんのサイトのリングってお三方の婚約指輪だったのですね!
でも、リンさん、やはり「自分だけ特別」が好きなのですねw
しかし、リンさんは確か、「知恵の林檎」のリン、ですよね。アダムとイブにそれを食べるようにけしかけたのが、ルシファーの化身である蛇だったかと記憶しています。
うむむ、やっぱり何か繋がってるのかもしれませんね。
え――!!?伊勢神宮の『ご神木』の木製ブレスですか?!!うわぁ、欲しいような敬遠したいようなシロモノですね………(*_*;)
『ご神木の一部が腐った、もしくはなんらかの理由で折れてしまった枝を加工して作った』という理由なら納得出来るんですが、わざわざ切ったのなら後々何かありそうで、身につけるのは覚悟が要りそうですねwww(ウソならウソでそれは『ご神木の名を騙った』って事で、腹立つんですけどねf^_^;)

アレキサンドライトの指輪、未だ見つからないので、厄落としとして居なくなってくれたのかなとプラスに考える事にしました(泣)。今は、新しい指輪に『これから杏樹との橋渡しとしてよろしくね』と願いつつ身につけてますf^_^;(もちろんルーアンとの指輪も同様ですよー☆)。
リンの指輪に関しては……そうなんですよねー……。いつもは惹かれないタイプのデザインを購入してしまったってのが気になってます。しかも、この話、すんごいシンクロしてまして、実は数日前にこの話題と同じ様な内容(アダムとイヴが禁断の果実(林檎)を食べて楽園を追い出された話)を、ユフィさんとラインで話し合ったばっかりなんですよー(-Д-;)。まさか右川様ともこの話の流れになるとは思って無かったので、ちょっとビックリしてます。
……ほんとに何か、『繋がり』がありそうでますます気になりますね……。
Re: タイトルなし
ご神木、というか、式年遷宮の時に切った木のようです。
まあ、準・ご神木という感じでしょうかね。それでも、何百年経っている木でしょうから、何らかのパワーはありそうですが。

杏樹さんとルーアンさんの指輪も、ルースがすごく大粒で「ごくり・・・」としてしまいました。
ルースだけでもお高かったでしょう。
リンさんのリングについては、ユフィさんともシンクロしてたのですね!すごい・・・。
知恵の実の名前を取ったリンさん。やっぱり神様ですね!
ああなるほど!!それなら納得です!!でもご神木の木で出来たブレスは、『木』独特の、とても良い香りがしそうですね。私は木材の臭い(香り)が好きなので、材木屋さんの前を素通りする時には、よく思い切り深呼吸してしまったりするので……www

杏樹とルーアンの石は、『アルテマノ』さんという、中南米の手編みアクセサリー屋さんでネット購入したものです。元々はマクラメ製品のお店みたいなのですが、石のルースのみの購入もやっているみたいで、色々な珍しい石が売られてました。ちなみに私が買った三人のイメージ石であるタンザナイト・エメラルド・ピンクトルマリンの値段を再確認した所、結構なお値段してました……。『うわ、こんな金額良く出せたな私……』みたいな。大きさとかは写メとかだとかなり大きく見えますが、10ミリ玉から6ミリ玉位の大きさですf^_^;。

そうそう、それとユフィさんと右川様との会話がシンクロしてたのも驚きだったんですが、先週何気なしに深夜のテレビ番組(電車の旅紀行的な)を観てましたら、マチュピチュ周辺の特集やってまして。
で、そこで『蛇は神との橋渡しの役目として……』という様な事を言ってまして……『あ、そういえば、ウチの蓬さんも似た様な立場っぽいヒトだったなー……』と思い出し、もしかしたらそちら側の流れも汲んでたりするのかなと考えてしまいました……(-Д-;)
Re: タイトルなし
本職のお坊さんでも、香木の数珠の匂いをかぎたくて、削って線香の上にちょこんと乗せる・・・なんて使い方をしている人もいるようですしね。

そうですねえ。あれほどの質の良さと大きさの貴石だと、結構なお値段になるだろうなーとか俗っぽいことを思っていましたw
10mm~5mmって、ブレスレットとかのビーズではそれほどではなくても、ルースなら十分大きいです!シロガネさん、頑張って買ったんだなあと思いましたよ。

なるほど、マチュピチュですか。
確かに、蓬さんに取りなされて、リンさんが今現在シロガネさんの元にいる、というのも面白い縁ですよね。
ほほう、わざわざ自分自身の木製の数珠を……随分とお茶目な(?)お坊さんも居るのですねー……www


本当はスピリット界関係の話や、石の話は2ndの方にすべきなのに、ずらずらと文章を書きすぎてこちらにばかりカキコミしてる形になってしまってすみませんm(__)m
もう少し『語りたい話題』を上手く絞り込んで、2ndの方のブログに書ける様に頑張りますね。

管理者のみに表示