今夜はクチナシナイトフィーバー | 魔法石の庭3rd

今夜はクチナシナイトフィーバー

 今夜はクチナシパーリータイム!フウウ~~~!!
 ということで、3枚連続で行きますよ!
398
399
400

 なんと、つぼみが3つ連続で咲き始めました。どうりで良い香りがこっちまで漂ってくるわけだ。
 昨日、ホムセンに行ったら、そこのクチナシは花芽が付いていなかったり、つぼみがまだ小さかったりで、早めにクチナシを買えて良かった……と思いました。
 
 正直、置き場所がちょっと日陰になっていたり、レースカーテンを撤去したりで日光にあまり当たらなくて、どうだろう?と思っていたのですが、平気でしたね。
 以前、クチナシの盆栽を、一つは開花成功させたのですが、一つをつぼみのまま、根元が茶色くなって落としてしまい、盆栽もあまり手入れができずに枯らしてしまったのですが、今回は成功したと言えるでしょう。

 で、何が成功の秘訣だったかというと、ずばり「水分」だったと思います。
 クチナシは、バラのように開花中ずっと肥料を与え続ける、というほどは難しくないのですが、樹木系でも特に水分を欲しがる木だそうです。なので、水はどんどんあげちゃって平気なのです。
 以前は、「まだ土が湿っているから」といって2日に1度くらいの水やりをしていたのですが、クチナシの場合は、常に土が湿っているぐらいでも水を欲しがるようなんですね。
 だから、一日一度の水やりは必須かと。

 鉢の置き場所は、あんまり日陰でも次の年のつぼみが付きにくくなるそうですが、柔らかなカーテン越しの光くらいがちょうど良いとのこと。
 直射日光過ぎても、クチナシってダメらしいですね。だから、外に植える場合は、日よけをしてくれる植物と一緒に植えるのが良いと。
 
 あと、一番最初に咲いていた花は、5日ほど保ちました。クチナシは、開花してからがすごく早いので、こうやって写真を撮って記念にしておきます。
 開花も、外側の花びらが開いてきた(つぼみ)・バラのように中のおしべとめしべが見えず、巻いている(5分咲き)・おしべとめしべが完全に見えている(8分咲き)の3段階になっています。
 そのままにしておくと、全体的に黄色くなってきて、最後は茶色く枯れます。摘み取るタイミングは、黄色くなって、花に元気がなくなってきた頃に摘み取ります。

 私のクチナシは、八重咲きなので、花がらだけを摘み取って、根元を残していても実は付かないのですが、一重咲きのものだと実が付いて樹木にエネルギーがいかないということもあるので、できれば根元から摘み取る方が良いでしょう。実も鑑賞したいのなら、そのままでも結構です。

 「クチナシ」という名前は、実が付くと、その実が裂けていない……「口がない」ということで、クチナシという名前になったのです。
 西洋では、ジャスミンという意味の名前を付けられていますね。確かに、香りは似ています。
 つぼみを見る限り、まだ「クチナシフィーバー」のチャンスがあるようなので、頑張って水やりしますよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示