避難生活に要らない物資 | 魔法石の庭3rd

避難生活に要らない物資

 もーね、嫌ね、女の体って。
 と、生理が来る度に思いますよ。ていうか、「ここで地震とか起きたら、生理用品ひっつかんで逃げる暇なんてないなー」とか。

 だから、被災した所に送るのは、紙おむつ・水・生理用品などが喜ばれるそうです。食料は、自衛隊の皆さんとかが配給してくれますしね。
 というのも、被災地で送られて一番困るのが、「古着・おにぎりなど日持ちのしない食料・千羽鶴など」だそうです。中には、明らかに要らない物処分で被災地に送ってくる人もいて、悩ましいとか。

 千羽鶴とか寄せ書きもねー……そりゃあ、事態が落ち着いた頃に送るのは良いんですけど、地震発生から一週間も経っていないのに送るのは、ただの迷惑でしかないそうですよ。それもそうですね。その頃は、とにかくサバイバルで生きるのに必死な頃ですから、物資が届いた!と思って喜んで開けたら千羽鶴だったりして、意気消沈、なんてこともあるそうです。

 今は、役所である程度仕分けをしてから配給しているそうですけどね。
 でも、千羽鶴とかおにぎりとかは捨てるしかない、ゴミを増やすだけ、という事実も。

 被災地への支援って、「自己満足ボランティア」じゃだめなんですよね。
 ちゃんと、被災地の人が求めているものを送ってあげる。カップラーメンや乾パンなどの日持ちのする食料や水、それから、できたら電池なども喜ばれます。
 ラジオにしてもライトにしても、電気が戻らないのなら、電池が一番です。東北の時は、バカテレビ局が被災地で電池を買い占めるなどの暴挙に出ていましたけど。
 
 それから、ボランティア活動をする人は、登山用リュックなどに、当分の自分の食料と、いざというときに寝袋などを持って行くことをお勧めします。はっきり言って、「ボランティアしに来たよ!さあ、僕の寝るところはどこ?食べ物は?」という人ほど迷惑なものはないそうですから。

 ここ関東でも、南海トラフがいつ来てもおかしくなく、また、首都直下もあり得ます。
 しかし、そんな中で、桝添の馬鹿が「東京のトップが東京で被災しないように」とか言って、湯布院などへの出張費を誤魔化そうとしていましたね。
 ほんと、腹立つ政治家です!自分だけ助かれば、首都直下が来ても機能するとでも?ホント、馬鹿。
 ってか、都民の安全を第一に考えるのが政治家なんじゃないかい!災害を言い訳に使うな、馬鹿!

 桝添は、この後も「私は体が悪いから温泉に入って養生しなければならない」とか言ってることが二転三転しており、「痴呆か?」と思うことも。「言い訳のつじつまが合わなくなるのは詐欺師だってばっちゃが言ってた」という2chでのコメントもありました。
 昔、「朝まで生討論」とか観てた世代からすると、「桝添ってこんなに馬鹿だったっけ?それとも、本気で痴呆?」と呆れてしまいます。そりゃあ、「なんとかジャーナリスト」の時は、現政府の反対ばかりしていれば飯が食えるんだから、そうするわなと、今では思っています。

 民主党もそうでしたけど、野党って、「自民が悪い!自民は公約を守らない!」と言ってる割りには、いざ自分が総理になると、何をして良いのかわからなくなって自滅するんですよねえ。
 ……あれ?最近、そういう意見読んだぞ?そうそう、新聞記者が書いてた「韓国との正しい付き合い方」。
「韓国は、放っておくと勝手に尻尾を出して自爆するので、そこを突けば良い」とか。野党は韓国の付き合い方で良いのか……。

 まあ、災害というのは起きてしまった以上仕方ないことですから、あとは「どう動くか」なんですよね。
 女性や子供は、必ず人の多いところから離れずに。パニック状態にあると、ろくなことを考えない犯罪者もいますしね。強姦とか、人さらいとか……。実際、火事場泥棒は何件も逮捕されていますし、一人でいる子供に「お母さんが呼んでるから」と車に乗せようとした事案もあるらしいですよ。

「九州のことだし」と楽観的に考えている人は、「九州のプレートが動いたということは、いつでも関東や南海のプレートが活発化するということ」だと頭を切り替えてください。
 もちろん、災害が起こらないに越したことはないですけどね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示