熊本地震と、募金の行く末 | 魔法石の庭3rd

熊本地震と、募金の行く末

 PCの挙動がおかしいですオワタ。
 急にマウスが動かなくなったり、何故かいつもはATOKだったのがIMEになってたりとか。

 う~ん……あんまりこれについて触れたくなかったんですけど、地震と電気機器って密接な関係があるらしいですよ。
 地震が起きると、なんやかんやで電気機器に影響あるそうで。なんか、電波がどうとか。
 今回の地震でも、こっち(関東)は全然揺れませんでしたけど、一応断層は走ってるわけで、あながち九州での地震と関東も無関係ではないのです。

 前回の311の時も、震源は福島沖だったのに、関東でも震度5強という強い揺れがありましたしね。
 私の家も、瓦が落ちて割れたり、皿が棚から落ちて割れたり、電子レンジも落ちて、いつも祖母が昼寝している場所に直撃していました。
 祖母は、何故かその時は縁側で寝ていて、人的被害はなかったんですけどね。「じいちゃんが守ってくれたんだよ」と祖母は言っています。

 関東でも、南海トラフがずーっと「来るよ、来るよ」と言われているので、怖いところです。
 我々のように、ちっぽけな人間には、まだ地震を収める……なんてことはできません。
 非常事態に備えて、備蓄を確認したり、それをいつでも取り出せるようにしておいたりしておいた方が良いですね。

 熊本の方々には、本当にお見舞い申し上げます。
 辛いですよね。怖いですよね。不安ですよね。
 私も、一応311で一晩電気やガス、水道のない状況を経験しているので、少しは皆さんの気持ちも分かると思っています。
 父も歩いて帰ってくるところで、携帯もつながらないので、父に何かあったら……という恐怖もありました。
 そんな中で、「お父さんが帰ってこなかったら、お母さんと一緒に寝ようね」と母に言われたので、てっきり母が怖いのだと思っていましたが、いざ父が帰ってきて、電気が使えないのでやることなくて寝よう、と言うときに、「大丈夫?一緒に寝る?」と母から再度言われて、「ああ、この人は子供がいくつになっても母親なんだな」と思いました。

 細かな余震もミシミシと家を揺らしており、本当に不安で恐怖の夜を過ごしました。
 しかし、福島の叔母たちは、それぞれ被爆疑い地域にいて、家を離れることになったり、もう一人の叔母は、津波であわや流されるところだったと言います。
 本当に、大地震というのは、今でも科学では対処できない災害です。
 どうぞ、熊本・その近辺の皆様のご無事をお祈りし、また、これ以上の被害が出ないようにも祈りを捧げたいと思います。

 そうそう。
 そんな中で、台湾がいの一番に募金とかボランティアに来たりとかで、力を貸してくれています。
 本当にありがたいですね。台湾は、311でも2億近い募金を日本に送ってくれた親日国です。台湾の皆様、謝々!(ありがとう)

 ていうか、中国がショボ過ぎたんですよねえ。一応バブルで儲かってるのに、2千万くらいしか出してないんですよ。おまえ、ODAとかで散々日本に支援させておいて、それかよ!みたいな。
 それと、一部で、共産党が悪どい募金の集め方をしているようで、ご注意を。なんでも、募金箱に小さく「党躍進についても使用させていただきます」と書いてあるとか。皆、騙されないで!
 私は、女子高生コンクリート殺人(女性・メンタル的に過敏な人は検索しないように)の主犯格の家が共産党だったと聞いているので、共産党は一切信用していません。

 あとは、日本ユニセフやあしなが基金なども、「募金してはいけない」団体だと言われています。
 日本ユニセフは、ユニセフ公式に認められたものではありません!本当にユニセフに募金したいときは、黒柳徹子さん(検索すれば出てきます)の口座に直接振り込んでください。あしなが基金は、子供や学生を使って募金を募る、悪徳団体です。

 赤十字は、まあ、安定していますし、大丈夫ですけどね。
 募金する場所によっても、そのお金をポケットに入れられることがあるので、できるだけ調べてから募金するようにしましょう。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示