メンズ物:ネックレス | 魔法石の庭3rd

メンズ物:ネックレス

 昔集めてた、メンズ物のアクセサリーその2。
362

 もちろん、はまっているターコイズはプラスチック樹脂です。
 というか、これってインディアンアクセサリーって呼んで良いんでしょうか?インディアンアクセサリーだったら、クロス(宗教のなんちゃらで、侵略した現アメリカ人が押しつけた宗教だから)は使わないでしょうし。
 でも、羽とか翼はインディアンの聖なるモチーフですし、ターコイズもインディアンたちが「聖石」として崇めていた石なんですよね。

 なんでも、当時の欧米人は、その侵略する地域にいたネイティブの人たちから原始宗教を取り上げ、キリスト教を崇めるようにと布教することで、文化侵略してたんですよね……。
 で、日本でもそれが通用するかと思っていたら、日本の宗教観や儒教から来ている、親や曾祖父などの人たちを大事にする地固めができていたので、あのザビエルですら「私は布教に疲れた」と手紙に書いていたらしいです。

 で、秀吉が、日本人を騙して奴隷として連れて行くのにいち早く気づき、その宣教師(実は奴隷商人)を引きずってきて、「我が民を奪うのは、我に刃向かうのと同じこと!今すぐここでたたき切ってくれる!」と、刀を抜いたので、奴隷商人はちびって震え上がり、他の日本人たちも、「秀吉様はなんと領民のことを思ってくださる方だ」と評判も良くなったそうです。

 そこから、キリシタン迫害になるんですけどね。
 キリシタン迫害も、ちゃんと理由があったのですよ。別に、秀吉がとち狂ったわけでもないのです。
 
 さて、メンズ物のアクセサリーの良いところは、パーツが太くできているので、そうそう切れたり、劣化しにくいということがあります。
 これも、何十年前に買ったアクセなのですが、劣化は全然していません。女性向けの、線の細いアクセサリーだと、すぐ切れたりするんですけどね。

 プラスチックの部分も、外れたりしてませんし。メンズ物って、結構乱暴に扱っても平気なんでしょうかね。
 浄化とかしてるのは女性が多い気がしますが、ちまちまクロスで磨いてお手入れするのは男性の方が多い気がします。男性って、意外と細かい作業が苦にならない人も多いそうですし。
 クロムハーツとか、純銀系のが好きな人は、お手入れの重要性について分かるのではないのかな?女性はスピリチュアル的に考え、男性は現実のお手入れとして考えるんですね。
 
 もちろん、このネックレスは、合金製ですけどね。

 合金製は、あまり劣化というものをしないようです。
 輝きも当時のままですし……。主に服の上から付けてたから、汗の影響を受けなくて済んだのかな?

 ただ、うっかり輪ゴムと一緒に保管してしまったらしく、劣化して溶けた輪ゴムがこれにくっついていて、取るのに時間がかかりましたよ。
 ゴム製のブレスも、数年ぐらいは一緒に置いておいても大丈夫だとは思いますが、数十年経つとそうなるかもしれません。
 どうぞ、ご注意を。ブレスレットは、こまめにチェックしてあげてくださいね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示