ミニバラが咲いてきた | 魔法石の庭3rd

ミニバラが咲いてきた

 順調にバラが咲いてきましたよ~。
352

 こういう、日にち単位でわかりやすく変化があると嬉しいですね。
 実は、手前にもつぼみがあるんですよ~。これも、ピンクが見えてきて、開花が楽しみです。

 あと、私は、咲きかけのつぼみにも萌えるタチでして、緑のガクと花の色のコントラストもたまりません。
 あ、ガクっていうのは、花の下にある緑の親衛隊みたいなものです。つぼみはとてもデリケートなので、それを害虫から防ぐはたらきがあります。

 おお!かみなさん、珍しく農業科らしいこと言ってる!
 いや、本当は、私はお花専攻にしたくて、せっせと水やりとか水やりとか……水やりしてました!
 お花に関連のあった知識は以上!あとは全部忘れましたよ。もう10年以上前のことじゃ。
 しかも、ビニールハウス管理だったので、毎日水上げても平気なお花でしたよ。私の窓際園芸も、そろそろ春モードに替えて、水やりを一日一回、日中にしています。後は、日光浴は窓際の日の当たるところに並べて、できるだけ日が当たるようにはしています。

 しかし、窓際園芸の難しいところとして、「ある種類=直射日光じゃないと育たない」「また、ある種類=直射日光じゃないと育たない」という気難しい種類もあるんですけどね。
 そういうときは、こまめに置き場所を変えます。「今日日光浴したから、次は譲ってあげてね」と。

 カーテン越しの光の種類も、沢山あります。
 特に、夏場は、カーテンが必要になりますね。半日陰じゃないと、多肉なんかは暑さには弱いので、避難しないといけないんです。
 リトープスなんかは溶けやすいって言いますね……。頑張って育てますけど、愛好家からの初心者へのメッセージとして、「溶けても大丈夫。経験に学んで同じミスを犯さなければ良い」とか。
 
 ちなみに、盆栽は?と言いますと、冬越しできなかったやつを処分して、細い枝を折ってみて、中が緑色のやつだけ残しました。 
 案外、枯れてる?と思っても、落葉樹で葉っぱを落としていただけで、生きてはいる盆栽もあります。
 それらには、水をやっちゃってますね。これが正しいのかどうかは分かりませんけど。

 バラの方は、花がしなってきたら、花がらを摘みます。すると、傍に出ていた新しいつぼみに栄養が行き渡るんですね。
 バラも、子孫を残そうとして咲いているわけですから、花がらをそのままにしていて、そっちに養分が行くと、次のつぼみの開花も遅れますし、小さくてしょぼい花になりがちです。
 
 本当は、付いているつぼみは咲いていないうちから撤去する方が良いらしいのですが、私は、個人的に、ついたつぼみは全て咲かせてあげたいのです。
 一輪一輪は小さくても、ミニバラって次々に咲くらしいので、群生したバラも見てみたいなーって。
 
 今の時期は、少々早咲きになるのですが、ミニバラは季節を問わず(冬以外)咲いてくれるらしいので、期待しています。
 でも、開花している最中は、肥料を切らさない方が良いらしいですね。私は、肥料なしで咲かせているのですが。
 養分不足になっちゃうかな?でもまあ、今付いてるつぼみが咲けば、後は枯れたとしても「あちゃー……」ですけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示