子供の頃観た鬱アニメ | 魔法石の庭3rd

子供の頃観た鬱アニメ

 昨夜は2時頃に寝付いて、それまでずーっと寝てました。
 起きたのは、7時にアラームで起きて、朝ご飯を食べ、12時に起き、また寝て、夕方6時にようやく起床。
 ま、まあ、朝ご飯食べられたのは良かったかな……。

 以前、ご飯を食べずに寝ていたら、お腹が少し引っ込んでいたのを嬉しいなあ!嬉しいなあ!と思っていたのですが、健康的ではないですよね……あと、44時間起きていた時も、同じようにお腹がへこみました。寝てたり、起きていたりすると、痩せるんですかね。

 まあ、どっちも健康的な痩せ方ではないので、私が率先してそれにチャレンジすることはないと思いますけど。
 私にとってのダイエットとは、「体がしんどくならないためのダイエット」ですから。最近は、叶恭子さんのエクササイズである、仰向けになって、両肩をベッドにつき、そのまま体だけをブリッジのように引き上げるエクササイズを行っています。コツは、お腹を下げないこと。
 そのままつま先で全身の体重を支えながら、恭子さんは8分間ポージングするそうですが、私は初心者なので30秒くらいで止めています。

 これが、自転車でこぐ運動に使う筋肉が似ているので、結構良いんですよ。
 お腹も、内側から筋肉がついてきて、表面はぽちゃだけど、触ると固い感じはしますし。だから、足からお腹に掛けてのエクササイズになりますかね。

 他にも恭子さんは自宅でできるエクササイズをいくつも紹介していますが、私には無理っぽいので、これだけやっています。

 知ってます?叶姉妹って、一日に5食、それも5000キロカロリーというとてつもないカロリーを摂っているんですよ!
 それが、エクササイズで全部燃焼し、胸とお尻といったお肉は残るよう、魅力的な女性の体になるように、計算されているのです。
 食事法などを見ていると、炭水化物はほんのわずか。後は、お肉と野菜を中心に召し上がっています。
 特にお肉は、「毎日欠かさず食べていますよ」とのことで、お肉に含まれるタンパク質が体を作るために必要なものとして受け入れています。

 お肉って、別にダイエットに悪いわけじゃないんですよね。そりゃ、バイキングとかでお肉ばかり食べている……とかいうのは困りますけど、要はバランスです。
 叶姉妹のプロポーションを保つには、お肉・野菜・少しの炭水化物、といったバランスの良い食事が欠かせないようですね。

 ちなみに、炭水化物も、全部取り払うというのは間違っていて、バランスさえ間違わなければ普通に食べても良いんですよ。
 実際、「炭水化物抜きダイエット」の先駆者は突然死してますしね。まったく食べないのも健康に悪いんです。

 そういえば、「ジョギング健康法」の先駆者も、なんとジョギングの最中に脳梗塞で倒れ、帰らぬ人になっています。
 何もかもは「バランス」。やり過ぎは良くないってことですね。

 そういえば、「吸血姫美夕」と「チリンの鈴」、観ました。
 美夕は、学生時代にアニメ観てたんですけど、鬱展開と言われてる割りにはそうでもないような。なんか、私は鬱展開には耐性があるみたいです。
 まあ、しょうがない結末だったよね、というところでした。それより胸糞悪いのは、原作者がそーかの熱烈な信者だってことなんですけど。コミックスの最後に「池田先生のご指導が……」とあり、漫画家は「ああ、池田理代子先生ね」と思ったのか、そのまま掲載されたのですが、本当は大作の方の池田先生だったとか。胸糞。

 チリンも、「子羊だったチリンが、母親を殺した狼に復讐するために、その狼の元に修行に出る」という話ですが。
 これも、「まあしょうがないよね」という結末でしたし。覚醒チリンなら、どこでも生きていけるでしょうし。
 そんなに胸糞ってわけでもなかったかな……。

 私が観てて鬱になったのは、「バーニングビレッジ」という子供向けのアニメで、「音楽隊をやっている者の中で、一際下手な者がいた。そのキャラクターは、あとの2人の足を引っ張るのが嫌で、ある日、自分の目を犠牲にして、盲目になり、その代わりに音を正確に拾えるようになる」のです。
 そして、迎えたハレの舞台。楽隊のうちの一人が来ないのでいらだっていると、遅れてきたキャラクターは、目を潰していました。
「これで、君と一緒になっただろう?俺たちはいつも一緒だって言ってたじゃないか。辛いことは、俺たちに相談しなくちゃだめだよ」

 そう言って笑うキャラクターに、目を潰した者はただ涙するだけしかできなかった……。
 と言う話。

 いやー、これをほのぼのと捉えるか、それとも「犠牲精神を持ったキリスト教的な考え方」と思うかは各自にお任せしますけど。
 私は、鬱展開でしたねえ……。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示