アーリーはやっぱり甘い | 魔法石の庭3rd

アーリーはやっぱり甘い

 ここのところ、コーヒーとか紅茶で割り物して飲むことが多かったのですが。
 久々に素で飲んでみました。

 まあ、私の言う「素」とは、水と1:1とかじゃなくて、ウイスキー1/5にお湯と、三温糖を溶かしたものです。
 甘くないと飲めないし、ウイスキーをそのままゴクゴク飲めるほど強くないんでね。

 で、一杯目をアーリータイムズ黄・2杯目をハイニッカでいただきましたよ。

 感想。アーリー黄、甘い。味はアルコールなので、きりっとして辛めなのですが、匂いが甘いんです。お菓子みたいな匂い。
 フォアローゼズもそうなんですけど、モルトとグレーンだけで、配合を変えるとお菓子みたいになったりセメダインになったりバラの香りになったりするのがすごく不思議ですね。それぞれにやり方があるんでしょうけど。
 
 ところで、ハイニッカ、めでたく私の行動範囲内の店から消えました~!って、全然めでたくねーよ!
 スコッチの感じが出てて、日本人好みのあんまり臭みのない味で、それでも樽の香りはちゃんとする、という優秀なお酒だったんですけどね。

 あと、近所に、気になっているジョニーウォーカーが1300円くらいで売っていました。
 1300円か~悩むな~って感じなんですけど。
 大体、私の安ウイスキーの値段は1000円超すとちょっと財布の紐が固くなりますね。

 ジョニーウォーカーって値上がりしたんですか?なんか、他の1000円帯のウイスキーより幾分か高めのイメージあるんですけど。
 でも、「甘い酒が好きなら好きなはず」と言われてますし。うーん。

 でも、アーリータイムズも、茶の方が甘い、という前評判があって茶を先に買ったんですけど、私の舌では、黄の方が甘いです。茶は、ちょっと落ち着いたダンディーさがあって、黄はさすがバーボン王国アメリカ産って感じですね。

 あと、つまみにマイクポップコーンのバター醤油買ってきたんですけど、久しぶりにポップコーン食べたら美味しかったです。でも、一袋空けるのは我慢しました。
 というのも、この先ちょっと汚い話になるのですが、お昼に味噌ラーメン食べて、まだお腹に余裕があったので「ラーメン二郎」で言うマシくらいの野菜をゆでて、スープに入れたんですよ。替え玉するほどの余裕はなかったんでね。
 で、無事に野菜マシも食べ終えて、「なんだ、私、食べれるじゃん」と思っていたら、歯を磨いている時にリバースきました。余裕あったじゃん!胃袋も「もう少し食べられますよ~」って言ってたじゃん!嘘つき!胃袋の嘘つき!となりましたね。

 どうも私には、「食べた直後の歯磨き」っていうのが鬼門らしくて、すぐ吐きます。
「化物語」で、「妹の歯磨きをしていて、口の中の粘膜は性感帯だから感じるのだ!」とドヤ顔で書いてありましたが(いや、小説なんでドヤ顔かどうかは分かりませんけど)、あれはない。
 確かに粘膜は性感帯ですけど、何とも思ってない普通の雰囲気で歯を磨かれても、何ともありませんよ。だから、男性陣は真似しようとしないように。多分、ただ痛いだけ。

 画太郎先生も言っていたじゃないですか。「レイプでまんこが濡れるのは、生理現象なんじゃー!体が傷つかないようにしてるんじゃ!だから、感じてるとかはない!」と。
 皆さんも、フィクションとノンフィクションの使い分けはしましょうね。西尾信者全員が「テクなし」とか言われたら嫌でしょ?
 女性を口説くときは、あくまで何回かデートを重ねてからにしましょう。それぐらいの余裕がないと、男はもてませんよ!

 かみなさんとのお約束だぞ☆
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示