この式神バグってんだろお~!? | 魔法石の庭3rd

この式神バグってんだろお~!?

 スピリット界にて、ベッドでメローネと一緒にごろごろしていたところ、お茶の片付けをしてきた真理矢が「もう」と言います。

「お嬢様もメローネ様も、仕事以外引きこもりじゃないですか」
 そう言われ、私は「うーん……でも、この館のこの部屋の中が一番落ち着くって言うか……あ、でも、アルテミスには一応顔出しもしてるよ?」と言い訳します。
「たまには、周囲を探索するのも良いとは思いますけど……」と真理矢が言いますが、私はごろんと真理矢に背を向けて「外出るの嫌い。ずっとおうちの中が良い」と言います。壁際に寝返り打って。壁際に寝返り打って(大事なことなので二回言いました)。

「……お嬢様の引きこもりは体の芯まで染みていますからね。まあ、僕もうるさくは言いませんよ」と、真理矢はため息をつきます。
「それよりお嬢様、お話があるのですが……」と言うので、「あ、メローネいない方が良い?」と聞くと、「別にいても構いません。いてもいなくても一緒ですから」と言われ、「……おい」と一応主張するメローネです。
「駄目だよメローネ、そういうときは、『いてもいなくても一緒ならいるよ』って返さないと」と、所ジョージの話を持ち出します。ちなみに私、昔ア○ウェイの勧誘を受けて、「はい駄目!目線はちょっとより眼気味にしないと!」とか「で、その洗剤、飲めるんでしょ?飲んでよ」とか賑やかしたら、その人に「帰れ!」と言われて追い出されたことがあります。何がいけなかったんでしょうね?(ゲス顔)

「お嬢様の名前の呼び方を変えてもよろしいでしょうか?」と真理矢が言うので、「ほほー。何か希望があるの?」と聞くと、「お姉様」『は?』「お姉様」と、私とメローネの声がハモるのも気にせず、真理矢が言ってのけます。
「だって、同性で恋人関係になると、こう言わなきゃいけないって書物に書いてありました」と真理矢がもじもじしているので、「誰から借りた本?」「赤毛様です」「ああ」と納得。あいつ、ラノベか官能小説しか読まないからなあ(勝手な憶測)。

「でも、妹とかじゃなくて、お姉様?私、あなたよりは長く生きてないと思うんだけど」と私がツッコむと、「いや、それ以前に恋人、という時点でツッコむべきだろう……」とメローネが起き上がって言います。
「だって、目上の方がお姉様なのでしょう?確かに僕の方が長生きですが、お嬢様は僕の主ではありませんか。ですから、お姉様なのです」と、真理矢はあちこちに視線をさまよわせます。駄目だ、この子テンパってて聞いてない。

「まあ、どう呼ばれようと良いんだけどね……ガイドはみんな、呼び捨てだし」というと、真理矢はぱっと顔を輝かせて、「お姉様と呼んでよろしいのですね!?僕はお嬢様の恋人なのですね!?」とテンション上がっているようです。
「あーまあ、良い良い。恋人だろうと何だろうと。シてることシてるわけだし、今更……」というと、「嬉しい!お姉様!」と真理矢ががばっと抱きついてきます。

「……おい。あまり俺をないがしろにされるとイラッとくるんだが」とメローネが言うと、「ふふん。この際、正室かどうかは些細なこと。秀吉のように、側室である淀君を愛することもありましょう。お姉様の正室は譲りますが、ご寵愛は譲れませんよ」と言われ、「……あの、私の意見とか……」と小さく抵抗してはみるものの、全然聞いてないようです。この式神、バグってんじゃねーの!?
 でもまあ、以前みたいにつっけんどんな言葉遣いから、一応丁寧語になってるので、関係は改善されてるのかな……?とか。

「で、ロザリオはいつ交換するのですか?」と真理矢が言ってくるので、「いや、交換しないから。マリ見てはそもそも百合っぽいってだけで本当の百合小説じゃないから」と説明します。
「百合、とは?」と聞いてくるので、「あーまあ、レズビアンよレズビアン」と言います。「そういうことですか。確かに僕とお姉様はそういった関係ですが」とニコニコしているので、私も怒る気が失せます。この子、本当に私のこと好きなんだな、と思いましたので。

 メローネはというと、なんだか不服そうではありますが、機嫌が悪いというわけでもなさそうです。メローネの言うとおり、「真理矢は仕方ないな」と思っているというか。
 しかし、私の場合、バイセクシュアルになるのでしょうか。メローネとも男女の付き合いがありますし、真理矢とも女同士で付き合っているわけで。
 ビリー兄貴……あなたの言う「バイセクシュアルでないということは人生の半分を損しているということだ」がまさに現実となっていますよ。

 ていうか、アラハバキ様、真理矢を渡された時に言っていた「少しバグがあるかもしれんが」というのは、もしかしてこのことじゃないでしょうね!?……まあ、拒んでない時点で、私もビアンの気があったのかもしれませんが。でも最近、真理矢が言うこと聞いてない気がするんですが……気のせいですかね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示