1000円帯ウイスキー私的ランキングに変動あり | 魔法石の庭3rd

1000円帯ウイスキー私的ランキングに変動あり

 昔、中村うさぎさんの著書で読んだのですが。

 作家の家には、必ず自分の本が複数冊あると思って良いそうです。
 というのも、何も自分で買っているという寂しい理由ではなく、まず、本ができると、作家側には5冊、自分の新作が送られてくるそうで。
 で、離れて暮らす家族とか、知り合いに配っても、それは「購買層を減らす」ということになり。自然と、本はそのままタンスの肥やしではなく、本棚の肥やしになるしかないそうで。
「ブックオフに売る」というのも、苦しんで出した自分の著書というものを中古屋に売るというのもどうかと考えるようです。
 
 そして、増刷されると、さらに一冊、また増刷ではまた一冊と、同じ本が増えていくのだそうです。
 だから、作家の本棚は、自分の同じ本でぎゅーぎゅーと圧迫されており、売ることもできず、送る人は限られており……という切ないことになるそうで。

 いずれは本を出したい……いや、雑誌の隅で良いから自分の文章を載せたい、という目標を持っている私なんかは、「そうなのか!」と思って、自分だったらどうするかなーと考えたり。……これを、「取らぬ狸の皮算用(まだ狩ってもいない獲物を売ることについて妄想すること)」と言います。

 で、漫☆画太郎先生曰く、「俺の本は飽きたら燃やせ!中古屋には売るな!燃やせ!で、また買え!で、また燃やせ!」とか。
 ここまで開き直れるとすがすがしいですね。画太郎先生は、「珍遊記」が実写化されると言うときに、「こんなに面白くしやがって!進撃の巨人の監督呼んでこい!」と思いっきり言いまくっており、私はすっかりファンになってしまいそうです。

 さて、たまにはちゃんとウイスキーの話もね。
 私の上位ウイスキーランキングは、1位フォアローゼズは揺るがないのですが、2位の富士山麓と3位のアーリータイムズ茶が僅差を争っています。
「ウイスキー飲みを自称するのなら、ラフロイグぐらい飲んでおけ」って意見もまあありますけど、私はあくまで1000円帯のウイスキーだけですから。ラフロイグ飲むなら、石増やす足しにします。

 っていうか、やっぱり私、バーボン好きなんですよね。
 バーボンのはっきりした味が好きなんでしょう。逆に、スコッチは味がいまいち分からなかったりします。要はバカ舌なのかもしれませんけど。
 だから、ウイスキー評論ブログに出てくる、「果実のような瑞々しい味わい」とか「花のようなかぐわしい香り」とかは全然分かりません。だから、評論も訳わかんないこと書いてると思います。他のウイスキー飲みの先輩方からしたら、「はあ?」と思われるかもしれませんが、本当に分からないのですよ。

 あ、フォアローゼズのバラの香りは分かりますけど。ふわーって香るんですよね。あれは好きです。
 あと、バーボンでもジムビームのおっさん臭は、なんで私もあんな風に感じるのかが分かりません。ホントにおっさんの臭いとしか感じません。なんでだろう?と記憶を辿ってみると、昔、カップ酒を電車の中であおっていたおっさんの臭いがあんな風な感じだったと思い出しました。
 
 カップ酒って焼酎なのに、なんでバーボンでおっさん臭がするのかよく分からないんですけど、ああいう臭いがします。ジムビームからしたら、「そんな感想持つなよ……」って感じだろうと思いますけど、私はおっさん臭だと主張します。ノーと言える日本人に。

 アーリーは、ホント最近になって、味見するために飲んだら、予想以上に美味しかったので、「お、おう」となりました。
 確か、一番最初に味見したときは、「美味しいけど、富士山麓の2位には及ばない」と思っていたんですよね。それが、一気に富士山麓を倒しに来ました。勇者がレベルアップして挑んできた感じです。
 やっぱ、私みたいにあんまりアルコールを飲める体質でない人間は、ウイスキーみたいに度数の高い酒は一度栓を抜いてから、そのまま転がしておくと、良い感じにアルコールが飛ぶのかもしれません。ウイスキー最初に飲むと、アルコールの味がぐっときますからね。

 富士山麓は、甘くて好きですけどね。アルコール分50%と、結構アルコール度は高いんですけど、味は甘いんですよ。薄めて飲むと、蜂蜜みたいな味がします。これも好きなウイスキーですけどねえ。

 ということで、今の私の「1000円帯ウイスキーランキング」としては、
1・フォアローゼズ
2・富士山麓
3・アーリータイムズ茶
 となっています。異論は認めますが、1000円帯ウイスキーでないウイスキーを持って来られて「こっちの方が美味い」と言われても困るので、異論があるのなら1000円帯ウイスキーであるという前提は守ってくだされ。

 あ、ウイスキーではないんですけど、この間、「rela(リラ)」の赤ワインを飲んだのですが、やっぱり渋かったです。リラはロゼが一番美味しいと思います。……まあ、ワイン通の間では、「果汁加えた安物ワインのどこが美味しいの」と思うかも知れませんが、いやいや、ワイン苦手な私は美味しいです。うん。
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示