翡翠って不思議がいっぱい | 魔法石の庭3rd

翡翠って不思議がいっぱい

 訳ありバングル、4000円で買えました!
 通常なら、バングルって一万越えが当たり前、安くて8~9000円なんですけどね。

 まあ、訳ありですから、傷はあります。というか、全体的にマット……磨ききれてない感じがしていますよ。
327

 この写真だと灰色っぽく見えますが、実際に肉眼で見ると淡いグリーンです。
 本当は、白翡翠が欲しかったんですけどね……ショップの写真だと白かったから、これにしました。

 ちなみに、左下の黒っぽいやつがヒビです。何故か、そこだけ濃い紫をしているのですが……これって染料か何かが付いた跡かもしれません。
 お値段としては、バングルとしてなら破格なので、多少のヒビは気にしませんでした。

 あまりの安さに、「ホントに翡翠なの?」と疑いましたけど、『翡翠同士を触れあわせるとキンという甲高い音がする』・『全体的に和紙模様が見える』・『強い光の下では光を通す』と、3つの本物の翡翠である項目はクリアしています。もしかしたら、「建材レベル」というグレードの低い翡翠なのかもしれませんけど、一応本翡翠には違いないようですね。

 西虎さん(元々付けていた翡翠)と共に。
328

 いつもはカチャカチャぶつかるのと、ぶつかってヒビが入るのを恐れて、右と左の腕にしていますよ。
 ごらんの通り、西虎さんよりもごついです……。どっちがバングルとして正しい寸法なのか分かりませんけど。

 さて、翡翠についてちょっとお勉強です。
 翡翠といえば、多くの人が濃い緑の「ロウカン」を想像すると思いますが、あれは翡翠のうちでもごくわずかしか採れません。
 翡翠は、純粋な翡翠という石の成分に近づけば近づくほど白くなると言われています。つまり、白翡翠が一番翡翠らしい石なのですね。
 しかし、白翡翠といっても、普通のいわゆる本翡翠(ジェダイト)は安価で売られています。しかし、チベット地方でしか採れない和田(ホータン)玉と言われる白くてとろりとした味わい深い軟玉(ネフライト)では、価値がひっくり返ります。つまり、和田玉はロウカンに勝るとも劣らないほどの価値があるとのことです。

 また、今は翡翠は高騰の兆しを数年前からずーっと見せており、数十年前にはクズ石同然だった翡翠にも今やそれなりの価値が付いていたりします。
 翡翠に限らず石の価値は、ほとんどがお隣、中国で高騰すると日本での価値もぐんと上がるので、石コレクターは現地や中国の動向を探って動いていることになります。
 この翡翠バブルは、そろそろはじけても良い頃なので、「翡翠は今買うな」と言われていますね。まあ、私は欲しい時に買いますけど。

 さて、日本で有名な翡翠というと、糸魚川翡翠があります。
 この翡翠は、古代神話時代にまでさかのぼり、奴奈川姫(ぬながわひめ)という、賢く、美しい女神が勾玉として身につけていたとされています。
 しかし、すこしおかしなことに、日本では近代になるまで翡翠は姿を消します。それまでは、古墳などからも翡翠が装飾品として発見されていましたが、空白の1000年近くがあるわけです。一体翡翠に何が起こったのかは、日本の歴史の謎の一つと言われています。

 近代になってから、翡翠は再び脚光を浴びます。
 主に、コレクターたちが糸魚川で美しい石を拾い、それが昭和になってからようやく、日本特有の翡翠であることが認定されました。
 それまで、翡翠コレクターというと、中国と強いつながりを持っていなければ手に入らなかったのが、日本でも翡翠が拾える、ということで、翡翠拾いをするコレクターの中で糸魚川は聖地となったのです。

 まあ、産地で値段の差が出るのは、水晶と一緒ですね。水晶も、なんちゃらクリスタルという有名ヒーラーが絶賛した場所の石は、ものすごい値段が付けられています。
 翡翠自体は、それこそ1000円の中国紐ブレスレットでもそんなに変わりません。上記の「本物の翡翠の特徴」を満たしているなら、それは本物と思って良いんじゃないでしょうか?
 もちろん、巧妙な偽物も出てきてはいますが、本物だと思うその心が宝なのですよ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示