ボディショップはまだムスクでいくようで | 魔法石の庭3rd

ボディショップはまだムスクでいくようで

 牛乳がないので、ホットココアを作って、そこにカナディアンクラブを入れてみました。

 そしたら、ウイスキーボンボンの味。美味しいよこれ!
 私は、コーヒーも砂糖とミルクがないと飲めず、紅茶もストレートでも最低砂糖がないと飲めません。
 なので、ココアのポテンシャルを忘れていました。

 カナディアンクラブ、もうすぐ空きます。
 総括すると、「薄い酒だった」ということです。

 というのも、バーボンって味がはっきりしてる銘柄が多いのですが、カナディアンクラブは少しでも薄めると、風味が全部飛んでしまうんですね。しかし、カナディアンウイスキーが出た時に、政府が規制しても庶民たちはカナディアンを求めたので、ストレートやロックで飲む分には美味しいお酒だと思います。私、ストレートでは飲めませんけど。

 次は何空けましょうかねえ。ジムビームかハイニッカで迷っているんですけど。
 そういえば、ジムビーム、値上がりするそうですね。サントリー系列のウイスキーが軒並み値上がり傾向にあるそうです。
 ニッカも値上げしましたし、これからウイスキー飲みに厳しい時代が来るのでしょうか。

 そういえば、ボディショップ、ブラックムスクが公式に来ましたね!
 2月11日から販売開始だそうで。ブラックムスクは、「甘い香りに誘惑されて、触れたらやけどをするような危険な香りを纏って……」という。
 ムスクのダークな面を表現したのが、このブラックムスクだそうです。

 あと、ホワイトムスクの新パッケージ、地味に値上がりしていますね。
 こっちも、2月11日からだそうです。
 ブラックムスクのシリーズにはクリームがなく、ちょっと残念なような、これ以上クリーム買わなくて良くなったので良かったような……。
 
 あ、オンラインショップだと、2月10日からだそうですね。
 私は……当分見送りかなーと思っています。もうクリームも香水も余ってますし。
 
 そういえば、レッドムスクって私、嗅いだことなかったですよ。
 レッドとホワイトとブラックって、かぎ分けたことないですねえ。
 というのも、テスターを手に取ると、例のお節介店員が来て「ムスクがお好きですか?なら、こっちは~」とペラペラとしゃべり始めるからなんですけど。
 
 ……自由に試せるからテスターなんでしょうに……。もうね、店員は声かけるまで放っておいてほしいです。以前のボディショップって、もっとクールで、lushとは一線を置いた関係だったと思うんですがね。いつの間にlushの接客みたいになったの……。

 って、これは散々愚痴りましたね。失敬。

 なんか、ボディショップも迷走しているそうで。
 アルガンシリーズも、大々的に宣伝しておいて、そろそろ廃盤になりそうな気配があるといいますし。
 ムスクも値上がりしましたしねえ……。まあ、迷走の果てに、良いものができればそれで良いんですけど。

 そういえば、ひっそりとリバティーンが終了してたんですけど!
 終わるなら終わるって告知してよ!って思うんですけど、それも微妙か……。
 むか~し、ボディショップで「良い香り~」って思ってたパッションという香水が、今は廃盤になってたのと同じくらいショックだよ。
 
 ところで、ブラックムスク、全然男性用じゃなかったですね……。事前情報には「ユニセックス系」って言われてたんですけど、語感だけじゃ男性用っぽいですよね。
 今回のシリーズは、甘くて官能的、それでいて一癖あるマタ・ハリみたいな悪女の香り、らしいですけど。
 
 ちなみにマタ・ハリとは、ヨーロッパで活躍した女スパイです。有能な男性に近づいて、その美貌と話術で巧みに男性の心を射止め、情報を聞き出す……という、俗に言うハニー・トラップが得意だったようで。
 これを付ければ、あなたもマタ・ハリのような一癖あるセクシーさを手に入れることができるかも……。

 む、またボディショップの宣伝になってしまいました。
 別に、お金貰って書いてるわけじゃなくて、ただ単に今、ボディショップにはまってるだけなので、生ぬるい目で見てやってくださいなw
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示