サファイアの試練を恐れない | 魔法石の庭3rd

サファイアの試練を恐れない

 昨日は、18時間くらい、ぶっ続けで寝てました。
 途中、携帯のアラームで起こされるも、止める→寝る となっていましたし。
 なんでそんなに寝られたのか、自分でも分かりません。多分、生理とサファイアの身につける時期が重なったから?と思います。

 生理はともかく、サファイアって付け始めって眠くなるんですよねえ……。何ででしょう?私だけの体質なのかもしれませんが。

 さて、サファイアは、持つと試練がやってくると言いますけど、私は今のところ試練らしき物はありません。
 おそらく、サファイアの試練・ラピスの試練というのは、青い石を司る惑星の土星なのでは?と思っています。

 確かに、土星は試練と忍耐の星であると言われています。
 この星の影響を受ける山羊座は、若い頃に苦労して、しかし最後に笑う宿命であると言われています。
 土星は、試練を受けた分、人間的に成長し、運ではなく、自らの手で勝ち取った富や人望を集めるとも言われています。

 こういった星回りの石だからか、サファイアやラピスは試練の石とされているのですね。
 でも、ちょっと変だな?と思うのは、同じ青い石でも、ブルートパーズ・カイヤナイト・アイオライトなどの比較的新しい石たちは試練とか言われないのです。
 これってどういうことなんでしょうね?青い石が土星支配なら、それらにも試練があると思って良いでしょうし。

 まあ、パワーストーンにも色々ありまして、インド占星術なんかは石の色で全部まとめちゃってますし、そんなこと言ってたら星座石とか誕生石とか何を付けたら良いのか分からなくなって当然ですよね。
 私は、「その人が身につけたい石を身につけるべきだ」と思っています。別に、見た目や直感で選ぼうが、それはその人の自由だと思いますし。
 身につけたくない石を無理矢理「こういう効能だから」とかで身につけるよりかは数倍マシでしょう。まあ、それで本当に石の恩恵があって、「この石気に入った!」と思うのなら、効能で身につけても良いとは思いますけどね。

 かくいう私も、今、サファイアのリングとスタールビーを見ては「うふふ、綺麗」とうっとりします。
 ルビーとサファイアは、火と水なので一緒に付けてはいけないと言う話もありますが、また別の説によると、「同じコランダムなのだから、一緒に付けるとパワーが倍増する」とも言われています。
 私は「せっかくだから、俺はこの一緒に付けるのを選ぶぜ」ということで、右手にルビー・左手にサファイアを付けていますけど。

 なんだかんだ言って、迷信深いのが私ですwルビー右手に付けてますしね(右側にルビーを付けている女性は必ず幸せになれるというジンクスがある)。
 でも、サファイアの試練はいまいち分かりません。そりゃあ、細々としたトラブルは生きていく上であって当然だと思いますし、サファイアを身につけていない人だってそれぐらいの試練はあるわな、と思います。

 しかし、サファイアは中世で教会が「聖職者の石」として、貞節と誠実さを表す石とされていました。
 また、同じく中世では「幸運の石」でもあり、ラピスとサファイアの効能が混ざったのは欧州文化とアジアの文化が混ざって日本に入ってきたからか?と推測してみます。
 サファイアを身につけると、神からの祝福が得られるとされ、聖職者はサファイアのリングを右手人差し指に付けていたとされています。

 だから、サファイアを持つことを恐れたりする必要はありません。
 サファイアに「呼ばれている」感じがして、お金があるのなら、サファイアを購入しても良いでしょう。ただし、天然サファイアはそれなりのお値段します。人工でも効能はあまり変わらないので、合成サファイアやシンセサファイアと検索すると、人工サファイアが出てきます。
 また、ブレスレットは質の低いサファイアでも数万はしますので、覚悟しておいてください。

 本当に効果があったのなら「儲けもの」。何もないのなら「迷信」。
 パワーストーン業界ってそんなもんですよ。でも、自分が納得できれば良いんですよ。

 ただ、病院で貰う薬ではないのですから、即効性はあまりないと考えてください。後々振り返って、「そういえば良い方向に向かってる気がする」と思うのなら、きっとそれが石の効能なのですよ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示