昨今のテレビに物申す! | 魔法石の庭3rd

昨今のテレビに物申す!

 新年明けましておめでとうございます。
 今年も、皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

 さーて、紋切り刀のお約束の挨拶もしたし、元の右川に戻るかな。
 大晦日は、クイズ観てました。途中から、辻井伸行君の演奏を聴きつつ。
「笑ってはいけない」……ファンだから言うんですけど、最近の、面白いですか?なんか、「超有名人が出る→笑う」が定番化してしまっていて、現場でだけ笑ってる感じがするんですけど。
 だから、私は笑ってはいけない、観てません。つまんないもん。昔の、「24時間鬼ごっこ」とか「笑ってはいけない・驚いてはいけない」は面白かったんですけどねえ。

 なんかなー……。ダウンタウンと仲の悪い(今はお互い丸くなって関係は改善されているようですが)ナイナイもそうなんですけど、段々お笑い界自体が、つまんなくなってる気がします。
 お笑いでも、私は「IPPON」とかは好きですし、まだ「すべらない話」は観てるんですけど、笑ってはいけないは、劣化が酷いなと。お笑いが好きだからこそ、そう思うんです。
 
 たけし・さんま・タモリは、さすがの大御所で、きちんと笑わせてくれたり、ためになる話をしてくれたりするんですけど。
 その下の世代が、形骸化しちゃってるのがねえ……。
 まあ、たけしの、お約束である「芸人の車を破壊する」とかは分かってても笑えるんですけど。それを引き継いでいるのが、とんねるずかなーって気はします。とんねるずは、食わず嫌いとかは面白くないんですけど、「泊まろう」シリーズは面白いと思います。玄関で七輪持ってきて焼き肉してたり、トイレをペンキで真っ赤に塗ったり。最近は「泊まろう」も大人しくなっちゃってるんですけど、この「何するか分からない感」が面白いと思います。

 何ですかねー。やっぱ、規制・規制でやってると、お笑いって面白くならないんでしょうねえ。
 その規制を、ぶち壊すのがお笑いなんじゃないかと。ここのところ、ロックと根源は一緒ですね。
 まあ、最近はスポンサーに苦情が行ったりすると、圧力をかけられるとのことで、難しいんでしょうねえ。だから、無難な人しか出られない。それこそ、雛壇でVTR観て笑うしかできなかったりするのかなあと。

 ちなみに、既に消えたとされる「日本エレキテル連合」なんかは、明美ちゃんネタしかテレビで放送できないので、廃れたようです。
 他にも色々コントをやっているのですが、思いっきり「ダッチワイフ」ネタとか、「ロリコン作家」とかで、とある番組の審査で「君たち、テレビに出る気ないでしょ?」と言われたそうですよ。
 だから、元々は舞台とかでやる人たちみたいですね。なにせ、観客が「わはは」ではなく、「ひぃ~」という方が多いネタばかりですから。

 まあ、そんなこんなで、昨今のお笑いに物申しました。
 これはお笑いだけの話じゃなくて、テレビ自体も、「一つの企画がウケたら、違うチャンネルでも同じような企画を立ち上げる」なんてことが成り立っちゃってますけどね。
 特に、年末。格闘番組2つくらいありませんでした?私は格闘物あんまり観ないんですけど、大晦日に格闘物するなら「PRIDE」だけで十分だと思うんですけど。
 
 要するに、オリジナリティがないんですよねえ……。今のフジテレビが視聴率下がってるのも、それが関係してると思うんですけど。逆に、オリジナリティに関してはお手のもの、というテレビ東京は数字を伸ばしていますし。
 テレビはもっと冒険するべきだと思います。雛壇芸人とか偏向報道にはもう飽きました。若者は、どんどんネットニュースに流れてますしね。ニュース番組も、そろそろきついと思いますよ。
 
 みなおかで、黒沢さんが「そんなんじゃテレビなんかダメになるに決まってるだろおおおお!」とADに背負い投げ決めてましたが、あれ、フジテレビ社内でも評判良かったそうですね。特に、トップの方の人たちが、「黒沢、良いこと言うなあ」と。
 まだ、自己反省できるのなら、間に合うと思います。是非、テレビ界にもう一度革命を!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示