今年の私は「変化」 | 魔法石の庭3rd

今年の私は「変化」

 2015年ももうすぐ終わりですね。
 多分、今年最後の更新になると思います。

 今年の私の言葉は、ずばり「変化」だったと思います。
 植物から酒に、酒から今度は美容にと、変化の時だったかと。
 来年は、もっと違う「変化」を期待したいですね。来年こそ、バイトを決めたいと思っているので。今の施設では、食べていけんですよ……欲しい物いっぱいありますし。
 だから、来年の言葉は「金」であってほしいですねえ。金がないのは首がないのと一緒だと、西原先生も言ってましたし。

 さて、間違ってたことを訂正します。
 ボディショップの「ワイルドアルガンオイル」、無香だと書きましたけど、使ってみたらはちみつの匂いがしました。
 ボディショップで本当に無香っていうシリーズはないのかもしれませんね……確かに、すごく香る訳じゃないんですけど。

 それと、スクラブを顔にも使用してみましたが、確かにすべすべします。しかし、1日に何度も使うと、肌が傷ついてくる感じはするので、スペシャルケアとして3日に1回くらいがちょうど良いのではないでしょうか。

 酒の方は、チェリーウイスキーを主に飲んでいます。これ空かないと、次が空かない……。
 で、チェリーウイスキーの微妙な味わいに慣れたせいか、「味が薄い」と感じていたハイニッカが美味しく飲めるように……。ただ単に、転がしておいたので、アルコール分が抜けたのかもしれませんけど。
 
 あとは、喉が未だに痛くて、目が覚めると乾燥してひりひりするので、コンビニで龍角散ののど飴買いました。
 以前、ノンフィクション番組で、「龍角散特集」みたいなのをやっていて、その元祖は江戸時代にまでさかのぼることができるそうです。
 その時代では、喘息の薬として使われていたとか。

 それと、その番組内のインタビューで、女子高生が「龍角散大好き!一本舐めちゃう」とか言っていて、「渋い女子高生だな……」と。でも、女子高生って、案外渋いの好きだったりもしますよね。さきいかとか。
 以前、後藤真希の全盛期時代に、乾燥昆布が好きで、ずーっと噛んでる、という話もありました。女子高生は案外渋好みだったりするのでしょうか。

 今のところ、喉の痛みはマシになりました。龍角散効果かな?
 そうそう、腫れているからといって、消毒に酒を飲むのって、逆効果らしいですよ。お酒に含まれるアルコールが粘膜を荒らしてしまうらしいので。
 昔から、「風邪を引いたら卵酒」という風習がありますけど、あれも、煮てアルコールを飛ばしてますしね。

 ちなみに、喉の薬などに含まれるコデインという成分は、合法麻薬でもあります。
 覚醒作用があるのですが、だから昔からブロン一気のみをするとラリれるとかはあるんですねえ。
 まあ、今売ってる風邪薬は、コデインの含有量も低いので、一気のみしたってあまり効果はありません。

 スマートドラッグなどに使用されている成分は、多くが「アミノ酸」だったりします。
 だから、アミノ酸の含有量が多いプロテインなんかを摂取すると、覚醒作用があったりするんです。ただし、プロテインは運動しないと脂肪になってしまうので、プロテイン飲んだら運動しましょう。
 アミノ酸サプリを飲むのも効果的です。脳への栄養素は、糖分とアミノ酸ですからね。体も健康になって、一石二鳥ですよ。

 すごくどうでもいい情報を、今年のラストにぶっこんできた感じがしますが、それは……(困惑
 まあ、あと十何時間かで2016年ですから。
 2016年は、「金」の年にしたいと思います!稼ぐぞ!皆様も、良いお年を。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示