酒はかっこわるく飲むと損だよ | 魔法石の庭3rd

酒はかっこわるく飲むと損だよ

 ウイスキー趣味を始めてから、「安ウイスキーでも、製法や寝かせる条件によって、味が変わるんだなあ」と思い知らされています。
 安ウイスキーが皆、トリスみたいなんじゃなくて。それぞれ個性があって、ピート臭(煙い感じ)だったり、アルコール度数50度あるのに甘口だったりと、飲んでいて飽きないんですよね。

 これは、多分他のお酒でも同じ気はしますけど。
 日本酒とかビールって、ファーストインパクトが激しすぎて、「不味い……辛い……」と思ってしまったのですが、もしかしたら、私が知らないだけで、好みにピッタリ合う味のお酒があるのかもしれません。

 今までは、大五郎とか、高くても泡盛とかしか飲んでいなかったので、「辛い」としか思ってなかったんですよね。
 で、先入観がインプットされてしまって、「日本酒は不味い」と思ってしまったという。

 ワインは、安ワインのrelaとかでなんとか飲めるようにはなったんですけど、あれはアルコール度数が低いので、冷蔵しないといけないのがネックですね。ウイスキーは転がしておくといつの間にか美味しくなっていたりしますから。
 
 ってか、健康診断で「間食は控えるように」と言われてすぐにおつまみを買い込んでいる私。救えねえ。
 おつまみは、カリカリ梅とバタピーです。一応、健康に気を遣ったつもりですが、バタピーのバターが余計なので、あんまり意味はないかな。
 でも、休肝日といって、一応夜は飲んでないのですが。γなんとか値も、標準内でした。

 私、結構肝臓は強い方らしいですね。
 しかし、油断すると、肝臓の機能の強い人ほどアル中になりやすいというデータもあるので、控えます。
 ちなみに、中学生の頃くらいに観せられた「アルコールの青少年に対する弊害」というビデオで、空きっ腹にアルコールを摂取すると、胃の粘膜がやられるということを生で見て、「アルコール怖い!」となりました。なので、私はおつまみとか腹に入れる物を用意してから酒盛りを始めます。

 まあ、10倍くらいに薄めちゃうので、どうともないんですけどね……。一応、念のため。

 私の、アルコールに対する信条で、「前後不覚になる酔っ払いは全然可愛くも色っぽくもない」というのがあるので。よく、新宿駅とかで、パンツ丸出しでベンチに寝てるOLとかいますよね?あれって、最高に色気はないし、かっこわるいんじゃないですか?

 気になる人に「飲もうよ」と誘われたら、ほろ酔いぐらいで止めておくことです。
 ぐだぐだに酔っ払ったら、その人がまともな人なら100%引きます。
 女子力の無駄遣いは禁止ですよ。
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示