叶姉妹の話をスピリチュアルブログより転載 | 魔法石の庭3rd

叶姉妹の話をスピリチュアルブログより転載

 一人でも多くの人に、この言葉を知って欲しいので、スピリチュアルブログから転載します。
 ちなみに、あっちも私が運営していますので、著作権とかの話は要りません。同じ「右川かみな」で、相互リンクもしているので、まさか「右川さんの文章が転載されていますよ!」と意気込んでくる人はいないと思いますけど。

 私が女性としても人としても尊敬できる、叶姉妹の恭子さんの、「日めくりカレンダー」のお言葉。

「100万人が楽しそうにしていても、たった一人のあなたが楽しくないのなら、無理して笑うことはありません」

 これ、すごい言葉だと思いますよ。
 日本人って、共感意識の高さが全てじゃないですか。皆が楽しそうにしているから、自分も笑わなくてはいけない。皆が苦しんでいるのなら、自分も苦しまなければならない。

 社畜って呼ばれてる人たちって、そんな感じじゃないですか?自分の分の仕事が終わっても、他の人がまだ帰らなければ、自分も帰れないとか。
 私はまだパートの身ですから、勤務時間が終わったら帰れますけど、正社員になったら大変だろうな……と思います。

 で、恭子さんの言葉ですが、本当に相手のことを思う、優しい心がなければ、この言葉はでないと思います。
 頑張っている人は、もう十分頑張っているんです。なのに、「頑張れ、負けるな」とか言われても、「もっと頑張らなければいけないの?」と余計に落ち込んでしまったことってありませんか?

 美香さんのブログを読んでいると、恭子さんは、世間で言われているセレブ気取りなだけの人ではなく、もっと繊細で、優しくて、チャーミングな人だと考えさせられます。
 病院からでもブログを更新し続ける美香さんも、もちろん素晴らしい女性だと思いますが、恭子さんはやはり「叶姉妹の姉」なんだなあと。

 グッドルッキングガイにも、「もっとKOKO(恭子さんのあだ名)とお喋りしたりDVDを観たりしたい。僕とはベッドの中だけの存在なの?」と言われた恭子さんは、艶然と微笑んで「他のことは美香さんとしたいの。あなたはベッドでも普通よ。それだけ。他に言うことはないわ」とばっさり。
 で、その男の子が、泣きながら美香さんに慰められる……というのが、叶家の日常とのこと。

 しかし、これも恭子さんの優しさの一つで、「ぬるいだけの嘘はつかない。それは、男性を甘やかせるだけになってしまう」だそうで。
「姉の試練を乗り越えた、本物のグッドルッキングガイは、それは強くて柔軟な方ばかりですよ」と、美香さん。

 しかし、恭子さんの可愛らしい一面として、美香さんがどこかに行こうとすると、「あ、美香さん、どこに行くの?美香さんがいないとだめなの。ね?ここにいてちょうだい」と引き留めるそうで。
 何しろ、「一番大事なものは美香さん」ですから。次に、「ファビラスくん(猫)」で、次が「靴」。で、グッドルッキングガイは「その次」だそうです。美香さんは、それを知ってから、グッドルッキングガイが泣きながら頼ってくると「まさか姉に『あなたはシューズの次よ』と言われたのでは……?」とちょっとオロオロしたそうですw

 叶姉妹の世界、知れば知るほど深みにはまっていきます。
 女性ファンが多いのもうなずけるかも……。憧れであり、崇拝の対象なんですよねえ。既にそういう領域の人たちかと。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示