聖ミカエルのメダイ | 魔法石の庭3rd

聖ミカエルのメダイ

 お金もないのにおかいもの~。まあ、自分へのクリスマスプレゼントということで……。

 またまた、ドン・ボスコさんから「聖ミカエルのメダイ」です。
292

 周りに赤いエナメルで色つけされています。ミカエルの象徴は火なので、赤なのかな?
 なんでも、ミカエルのご出現の際には、必ず剣と天秤を持って現れる、とされています。ジャンヌ・ダルクはこれを知らなかったため、「ミカエルの偽物に惑わされた異端」として処刑されてしまうのです。

 まあ、ミカエルさんだって、たまには剣も天秤も置いて出現することもあろうな、とは思うんですけど。

 写真だとよく分かりませんけど……実際もよく分かりません!このメダイ、ごちゃごちゃしてるよ!
 でも、足下に悪魔を踏みつけているのは分かります。剣を掲げて、いざ、悪魔を討ち取る、という場面ですね。

 これは、300円くらいでした。大きな4cmくらいのメダイにしたのですが、安いですよね。教会で売ってるロザリオやメダイはかなり安価です。
 
 ちなみに、ミカエルはイスラムやユダヤの天使でもあります。
 まあ、イスラム自体、キリスト教と根本は同じだったので、天使を共有していたりしますけどね。今、キリスト教圏と仲悪いですけど。

 裏面は、「守護の天使」。名前はありません。
293

 子供たちを見守る、母親のような天使です。
 
 これにも色々と比喩がありまして、子供たちは、「何も知らず、未来だけに向かって歩いて行く希望の子」とか「幼子のように神を信じる、教徒の心得を取得している人間」という解釈ができます。
 そして、それを母のように見守り、時に叱り、時に慰め導く、「羊飼い」としての天使が、この守護の天使です。

 私たちが歩む未来を、より良い状態にするための、導き手が守護の天使とも言えます。
 
 ミカエルも守護の天使も、天使つながりということで、表と裏にしたのだと思いますけど……。
 以前、大天使と結婚した女性、という記事を書いたことがありますが、あれはミカエルさんだったのですよ。
 いやんロマンチック~と楽しみに読んでいたのですが、ある日を境にその方のブログが消えてしまい。多分、「公表してしまうとミカエルさんが傷つくのではないか」ということもあったのでは?

 ちなみに、世界中色んな場所で「ミカエルさんと結婚した」という話は聞きますが、それは決して誰が正解とかではなく、ミカエルさんクラスの天使になると「分霊」といって、魂を何個、何十個、何百個にも分けることができるのです。
 これ、前にも書きましたね。力の強い天使や仏様、神様などはこれが使えます。

 実際、仏様なんかは、日本だけでなくアジア系で主に仏像が作られていますし。その中に、仏様がいないというわけではないでしょう。仏様が力を分けて、魂の一部を仏像に入れてくれるのです。これを、仏教用語では「開眼」と言います。
 
 ロザリオも買ったのですが、そのご紹介はのちほど……。
 ミカエルさんと守護の天使さんのメダイでした!
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
ペルソナ、そういうストーリーでしたね。
自分の闇と戦って、受け入れるっていう。でも、それができたシロガネさんは、自信の「ペルソナ」を手に入れられたのでは?

ミカエルさん、かっこいいですよね。
ごちゃごちゃしていていまいち見にくいかな?と思ったのですが、伝わってくれて嬉しいです。
悪魔払いにこれだけ適しているメダイはないかと思います。以前紹介した、聖ベネディクトのメダイの上位互換みたいな感じですかね?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
黒い狼、かっこいいですねえ!ペルソナで、猫のペルソナを持っていたのは、2の克哉兄さんでしたっけ。猫好きで、猫アレルギーという・・・。

ベネディクトは、あくまで人間ですからね。
4大天使の天使長であるミカエルさんの方が、悪魔払いには強いでしょうね。
ちなみに、ロザリオも悪魔払いには効果があって、悪魔憑きの人の首に掛けたところ、発作が治まった、という話もあるそうですよ。
そうですよね、確かに人間と天使とでは力が違い過ぎるというかf^_^;根本的な部分がまず違うというか。

悪魔ばらいの時のロザリオやメダイは、かなり心強い味方(武器?)ですよね。
よくテレビで心霊モノの特集で、悪魔ばらいのシーンとかありますけど、必ず使ってますもんね。
あれは凄まじい……。
Re: タイトルなし
心霊もの、最近あまり見なくなりましたねえ・・・。
古い映画ですけど、エクソシストとかでしょうかね?日本の心霊ものは、どっちかというと数珠とお経とかでしょうし。
病気とかの人もいるでしょうけど、本当に憑かれちゃってる人もいるんでしょうかね?
色々な不思議な世界観を知っている自分としては、本当にエクソシストの様な世界もあるという事は信じたいですが、やっぱり『精神的な病の可能性も捨てきれない』と考えてしまったりすると、『悪魔ばらいの儀式ってアリなのか?!』と思ってしまう部分もあるんでしょうね……(私の中でそう感じているのは、ほんの一部ですが)。でも、『とりつかれた』という人達は、メジャーな悪魔の名前ではなく、他の人があまり(というか全然)知らない悪魔の名前を呼んで、しかも本当に本などで実在している悪魔の名前呼んでますし………。一概に『ウソ』とは言えないのがこの世界の危うさですよね………。
そういうのを聞く、見る反面、テレビで映ってるのはほぼ外国ばかりで、『日本での悪魔ばらいの儀式』ってあまり見ないですし……(日本での悪魔ばらいの儀式って、やっぱり『除霊』の事になっちゃうんだと思います……。やっぱりそういう所は国民性なのかー??)
Re: タイトルなし
あんまり悪魔払いには詳しくないのでわかりませんけど・・・。
霊能者の方も、「本当に力のある霊能者」と、「精神的に安定させる、カウンセラー」の霊能者がいると思います。
前者は本物の霊能者で、後者はカウンセラーですから、科学的なアプローチの霊能者ですね。
とある、霊に取り憑かれた人が有名なお寺や神社を巡っても、「疲れているせいじゃないですか?少しゆっくりされてはどうでしょう?」とだけ言われた、という話も聞きました。

うーん、やっぱり「科学的アプローチ」の宗教家が多くなってるんですねえ。
精神的なものだけでなく、本当に取り憑かれたとしたら、助けてくれるところは何カ所あるのか・・・と思うとちょっと絶望的ですね。
私も実際の『エクソシスト』は見たことはないです。(テレビ番組内では何度もありますが………)
そうですよね、『実際に本当に憑かれていた』としても、それを知っているのは憑かれている本人だけで、それを本当に『分かる人』は一握りも居ないのではないかなと思ってしまいます。やはり今の時代は『マインドセラピー』というか、『いかに気持ちを軽くさせるか』が重要になっている様な感じがしますね……。

だからこそ『お守り』のような形のあるものの需要があるのだと思います……。『不思議な(神秘的な)存在に守られている』と考えると、気分も違いますしね。o(^-^)o
Re: タイトルなし
本当に取り憑かれている人は、物足りないとは思いますけど。
でも、「そう思い込んでいる人」に対しては、昨今の宗教のあり方は有効なんじゃないかと思います。
今は、「一日禅体験」とかありますし。

お守りは、確かに有効ですね。
ただし、バリアーを張るようなお守りは、時に悪意を跳ね返して、全然別の方向に向かっていくこともあります。
そうなると、別の人がとばっちりを受けるという・・・。そこが困りますねえ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
あはは、落胆させちゃいましたか。
でも、3方のイメージのリングとなると、石が別々になっちゃいますしねえ・・・。難しいところですね。
ブラウンダイヤも良い石ですよね。貴石と呼ばれる石は、なんかこっちも背筋を伸ばさなければならないような、ちゃんとしようって気になります。
といっても、私は、今まで寝てたんですけど……一日10時間以上寝てるような。新しい石を付けると、眠くなったりしませんか?私だけなのかな?

管理者のみに表示