ウイスキーを闇組織から守るミッション | 魔法石の庭3rd

ウイスキーを闇組織から守るミッション

 採血おわたー!!
 これで自由だぜ!イエイ!……というわけにもいかず、今度はその結果を聞きに行くのが怖くなったりしますよ。精神病患者の考え方ってこんなもんよ。石橋をたたき壊すというか、心配してもどうしようもないことを心配するところがありますねえ。

 あと、職場の友人が退職したこともあり、ちょっと周りの変化に戸惑い気味です。
 友人ともこれで終わりじゃなくて、連絡しようと思えばいつでもメールなりブログ上でなり連絡を取れる間柄ですので、こればかりはしょうがないですね。友人も大人ですし。引き留めるようなことをしても、見苦しいだけなので、やめておきます。別に友達自体を止めたわけじゃないですしねえ。

 長い間の勤務お疲れ様でした。ばいばい、またいつかね。

 さー、検査が終わったので、好きなだけ酒飲めるぞ-!
 ということで、ただ今はティーチャーズ、v.o、ホワイトホースを並行して飲んでいます。
 v.oはブランデーですね。後味があま~いです。ブランデーは、「焼いたワイン」と称され、要するにワインを凝縮したようなものです。
 本来、v.oとは「古いブランデー」のことなのですが、日本ではいまいちブランデーの浸透率が低いので、別に新しいブランデーを詰めていても「v.oは商品名だよ!」と言われてしまうと「お、おう」となってしまいます。
 安心のサントリー産ですしね。皮肉ってわかるか?

 というか、そんなにサントリー嫌いなら買うなよって話ですけど、一応飲んでみないと分からないでしょう。知識だけで「チョントリー」とか言ってても、実際飲んでみて「美味いがな」ってなったら人生損してたことになりますし。
 まあ、今言えるのは、「少なくとも、ティーチャーズ以外のサントリー商品はこれといって抜きん出ているものはない」ということですね。ティーチャーズは、なんとなく私のバカ舌でも高級志向なのは分かりますけど。

 だからといってニッカ派かと言われるとそうでもなく。ニッカって味が濃い……というか、アルコールの味がかなり強烈にくるので、素人にはお勧めできない種類だと思います。
 現在、ニッカはアサヒビールの傘下にあり、ニッカ=アサヒビールの一部、ということになります。
 
 私が美味いと思ったのは、フォアローゼズとかジャパニーズだったら富士山麓とかが今まで飲んできたウイスキーの中でかなり上位なので、キリン派になるんでしょうかね?
 特に、フォアローゼズはかなり美味しいので、もっと上位互換のブラックとかプラチナも飲んでみたいところです。
 でも、大手スーパーだと、微妙に値上がりしてるんですよねえ……。今までは980円くらいで売ってたのに、最近見てみたら1000円超えてましたし。
 
 そういえば、以前紹介した、邪道ワイン(でも、私は大好き)なrelaが、地元のドラッグストアで400円で売っていました。通常価格が500円なので、やすっ!と思って思わず手が伸びたのですが、白と赤しかなかったので、買わずに済みました。
 でも、通勤途中に結構大きめのリカーショップを見つけてしまい、そこでウイスキーを探すか考え中です。古いお店なので、ウイスキー自体あまり売っていないことも考えられますが。
 ウイスキー人気って、マッサンで火が付いたようなものですからねえ。

 でも、最近、嫌な噂も聞きました。
 どうやら、買ったウイスキーをオークションで横流しするならともかく、万引きして(それも大量に)オークションなどで売り、金を稼いでいる窃盗団がいるようです。
 多分、背景には最近の一部ウイスキーの高騰なんかがあるんだと思いますけど、ウイスキー愛好家からすると、とんでもない冒涜です。
 
 そのせいで、つぶれるリカーショップもあるそうですよ。
 実際、万引きと言えば、学生とか高齢者とかがやってるイメージありますけど、集団で計画を練ってやってる窃盗団ですから、罪は重いでしょう。
 一昔前は化粧品とか本やCDを大量に窃盗していた組織があったそうですが(バックにヤクザとか外国人がついてる組織的な犯行)、それが酒市場にも回ってきた感じですね。
 
 というか、それで買っちゃう人も買っちゃう人だよなあと思うんですけど。
 窃盗団に対する手段は、オークションなどの個人を特定できない場所では買わないことです。また、オークションも良いですけど、定価以上になったら入札を止めるなどの勇気も必要ですよ。
 
 私も、オークションでは買いません。通販は公式のオンラインショップでしか買わないことにしています。
 ウイスキー市場を、闇組織から守りましょう。私たちの手で。
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示