たまには読書もいかがですか? | 魔法石の庭3rd

たまには読書もいかがですか?

 お腹すきました……。
 いつもなら、「カップラーメンでも一杯いっとく?」って気になるんですけど、明日の10時頃に病院で採血検査があるので、食べられません。我慢我慢。

 先生は、「糖分のないお茶とか水は飲んでね。水を飲まないと食べないより大変なんだよ」と言われましたが。
 なんでも、人間は1週間くらい物を食べなくても平気だけど、水分は3日で尽きる、と聞いたことがあります。さらに、水を飲まないと、血液内の水分がどんどん減っていくので、血がドロドロになって、最終的に血栓ができて死ぬとか。飲み過ぎも良くないですけどね。水中毒というのがありまして、水を沢山飲みすぎても、今度は血液が薄くなって死ぬ、とか。

 まあ、最近では「美容には水分補給が一番」と言われ、一日2リットルは水分を摂った方が良いとされていますけど。
 肌の乾燥を治すには、直接水分補給をした方が、化粧品に頼るより効果があるそうですよ。

 美容に良い水……私も、飲んでた時期があります。
 コントレックスっていうんですけど……正直不味いです!軟水のさらに軟水みたいな感じ?
 美容に良いと言われて、色々試したんですけど、まあ、確かに効果はあるんだけど、そもそも生活リズムが狂ってる状態で美容!とか言ってても意味ない気がしましたよ。
 
 普通の生活してる人でも、事務職とかだったら、席から動かないとか。工場作業で立ちっぱなしっていうのも良くないですね。
 健康には運動、大事です。……私ですか?週2の通勤で25分くらいかけて自転車をこぐくらいしか運動してませんね!
 サイクリングって運動にはなるんですけど。あとは、地味に筋肉使うのが、中途半端な体勢で荷物の受け渡しするときとか。中腰で作業することもあって、それはかなり足とかがプルプルします。「とにかく明るい安村」の、「安心してください。はいてますよ」ってネタのポーズみたいなの、筋肉鍛えられます。

 うちの職場では、病院に入院している患者さんの衣類のクリーニング作業を承っているのですが、最近、「内職」といって、外の業者さんから多いときは500枚半日で、一日1000枚近くとかのタオルたたみもやるようになりました。
 このタオルを受け渡すのが地味にきついんですよねえ。大体10枚単位で紐で縛って職場の人が玄関から業者さんの車までずらっと並んで受け渡しするんですけど、隣の人に渡すよりも、最初のタオルを持ち上げて渡すのがきつくて、「安心してください。はいてますよ」とか、モデルさんとかグラビアの子とかって筋肉使うんだなあ……って思います。中途半端な姿勢が一番辛い。

 衣類のクリーニング自体も、患者さんの入れ替えがあったり、冬物になってきて枚数が多くなったりと、結構忙しいです。
 でも、それでもぼーっとする空き時間ができたりして、そんなときに私は本を読むようにしています。今は、奥山貴宏さんの「ガン漂流シリーズ」を読み返しています。最終巻の最後に、亡くなる直前のメッセージで「自分の本が並んでいるところが見たいな(奥山さんの最新刊がその時出ていた)」とか、「死にたくないな。本屋でこの目で見たい」というメッセージがあって、不覚にもしんみりしてしまいました。

 でも、この「ガン漂流シリーズ」を職場で読んでいたら、上司に「かみなさんにしては珍しい本読んでるじゃない」と言われました。いつもは、SFとかファンタジーで、あっちの世界にふわふわしてるからだそうです。
 いや、でも、家ではエッセイとかよく読みますし(中村うさぎさんとか田口ランディさんとか)、まあ、ファンタジー系に偏ってる気分でもなかったんですけどね。
 
 でも、エッセイってすぐ読み終わっちゃうじゃないですか。
 本の値段が高い割りに、文章量はそうでもないっていうか。だから、脳を休めたい時なんかに読んでる……ということで、寝る前に一章読む、というのが私にとってのエッセイ本なんですけど。

 逆に、本が厚いと「おお!なんという読み応え!」ってなります。
 まあ、厚い割りに内容が「お、おう」みたいなことになってくると、微妙な気持ちになりますけどね。
 誰とは言わないですけど。西尾某とかは言わないですけど。
 西尾維新は、戯言シリーズを読んでて、それまでは一応ミステリーだったのに、最終刊になっていきなりバトルものが始まって、「結局拳かよ!」と思いました。物語シリーズは読んでません。掟上今日子は、今ドラマ化で結構面白かったので、そのうち買うかもしれませんが、いつバトルものが始まるかと思うと微妙なところです。

 本は、ここのところあまり買い足してないですねえ……。最後に買ったのがガン漂流シリーズで、それを2~3ヶ月くらいかけて1巻から3巻までをぐるぐる読み返している感じですし。
 せっかく、近所のgeoで本を扱わなくなって、ちょっと離れたTUTAYAがBOOKOFFと合体してる店舗があるので、そこを読書生活の拠点にしようと思ってるんですけど。
 でも、ビブリアの原作も読みたい読みたいと思いつつ買わずに来てしまったので、読んでみたいです。私は剛力から入った(原作クラッシャー……)ので、原作の栞子さんがどういう人か、読んでみたいですねえ。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示