rela(ロゼワイン) | 魔法石の庭3rd

rela(ロゼワイン)

 今のところ、私が飲んできたワインで一番美味いと思ったやつ。
287

 ワインと果汁が入っているので、甘くてゴクゴクジュース感覚で飲めます。アルコール度数も8%くらいだしね。ウイスキーの40%とかよりはマシなんじゃないでしょうか。
 アサヒビールのオンラインショップでも売られていますよ。生粋の酒飲みなら、「ジュースじゃねーか!!」って物足りないと思うんですけど、私のように、「酒はジュースの延長線」と思っているお子様舌には十分美味しいですよ。

 種類は色々あるんですけど、赤だと渋くて、白は完全にジュースなので、このロゼが一番美味しい感じです。お値段も500円で買えちゃいますしね。
 
 ちなみに、うちの母が今年のボジョレーを「今まで飲んできた中で一番不味い」と言っていました。
「あー、ボジョレーは新酒だから、全体的に美味しくないんだよね」と言うと、「ヌーボー(新しいという意味)だから?でも、味は濃かったから、古くなれば今年は当たり年かもよ?」とか。
 
 うちの母、バカ舌じゃないみたいですよ。まあ、料理が上手い人なので(他の人の手料理を食べる機会もあったが、うちのお母さんの料理が一番美味いと私は思う。レストランとかプロは除いて)、舌は確かなんですよ。
 私は、赤ん坊の頃にすごい偏食で、ヨーグルトを食べさせると、今は亡き明治ヨーグルト以外は全部「べー」っと出してしまったそうです。なので、「この子は味が分かる!」と天才児みたいに思われてました。ミルクも一切飲まなかったそうです。まあ、うちの母がすごくいっぱい母乳が出る人だったので、完全母乳でも問題なかったのですが。
 でも、母乳出過ぎて、乳腺炎になって入院。その間、祖父母に育てられたのですが、いきなり母乳しか飲んでなかった赤ん坊の私にお粥、という荒技を繰り出しまして(昭和以前の生まれの人って、そういうのに鈍いですよねえ……)、私もそれを食べて、お腹はなんでもなかったそうです。後で、母がそれを聞いて「えー!?」となったそうです。

 まあ、飼っていた猫を避妊手術に連れて行く時も、他の人はキャリーケースとかなのに、祖父は猫の首に縄付けて連れて行ったらしいですからねえ。
 全体的に育て方が雑ですよね……。
 動物病院の先生は、苦笑いして、「百姓は激しいなw」と言ったそうで。

 でも、その時飼っていた猫はメス猫だったのですが、去勢した後も彼氏がいました。
 郵便屋さんとか、初めての人にもスリスリゴロゴロするので、ばあちゃんはよく「この猫はバカ猫だべなあ」と言ってましたが。
 なんでも、母が出勤しようとして外に出たら、猫用の段ボール箱の中で2匹くっついて寝ていたそうです。「猫もちょっとバカな方がモテるんかね」と母の一言。

 何の話でしたっけ?そうそう、お酒。
 赤ワインにポリフェノールが沢山入っているのは皆さんご周知の通りだと思いますが、実はウイスキーにもポリフェノールが含まれています。
 なんでも、ウイスキーの琥珀色の正体がポリフェノールで、透明なウイスキーの原酒が、樽で寝かされることによって琥珀色になる……というのは、樽の木の中のポリフェノールがウイスキーに溶け出しているそうで。
 
 ポリフェノールは、血糖値を下げたり、尿酸値を抑えたりする作用もあります。
 なので、ビールとか日本酒よりは、健康を気遣う人はワインとかウイスキーをちょっとずつ飲む、という飲み方に変えた方が良いそうです。
 ウイスキーだったら、割り物をしながらゆっくり飲んだ方が良いですね。あまり高すぎるアルコール度数だと、消化器官がやられるので、ウイスキーを飲むなら割り物必須です。

 ワインはストレートで飲んでオッケー。しかし、体を冷やすこともあるので、この時期はホットワインにしても美味しいですよ。
 ホットワインは、ワインを電子レンジで温めて、お好みによって砂糖を入れます。それだけ。
 本当は、香辛料とか(シナモン・クローブなど)を入れるともっと色んな効果があるそうですが、なくても平気です。これだと、安いワインとか、渋くて飲みにくいワインもまろやかになって飲みやすくなります。

 ちなみに、ボジョレーの「解禁日」というのは、日本だけのことで、解禁日前に発売しても特に罰則があるわけではないそうです。
 これも、日本人特有の「お祭り好き」なのと、「解禁日というレア感のある響き」がそうさせたのでしょうね。
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示