ルドラクシャって何? | 魔法石の庭3rd

ルドラクシャって何?

 メダイもいいけどルドラクシャもね!
286

 ルドラクシャとは、インド・ネパール地方で採れる木の実のことです。「金剛菩提樹」とも言われますが、お釈迦様が悟りを開いた菩提樹とはまた違う種類の木ですね。
 その実はとても固く、ペンチでは切れないほど。ハンマーで叩いてようやく割れるぐらいの硬度だそうです。
 なので、仏教に取り込まれた際に「金剛(ダイヤモンド)」の名が付けられたのでしょう。

 この実を数珠にして、それを首から掛ける者には、シヴァ……ヒンズー教3大神の一人である、破壊の神で、多分ヒンズーの中で最も人気のある神様の功徳が得られるとされています。
 詳しく書くと、ルドラクシャを身につけることによって、シヴァを上機嫌にさせ、さらに「オーム・ナヴァ・シヴァーヤ(シヴァ神に帰依します)」のマントラを唱えることで、無限の功徳が得られるとか。

 また、このルドラクシャには、ムキーという溝が実の縦に入っており、そのムキーが5面なのが普通。しかし、レアルドラクシャとなると、1面から14面なんてのもあります。
 もちろん、5面以外のルドラクシャはべらぼうに高価です。5面のものですら、2~3千円はします。
 
 それと、ルドラクシャの形にも意味があり、それぞれシヴァと関係のある神々の功徳を得るとされています。ガネーシャ(象の首の神様)とか、サラスヴァティ(豊穣の女神。シヴァの浮気相手だが、正妻のパールヴァティにばれて、シヴァは妻に首をはねられて殺されるという……)とかですね。
 
 また、ルドラクシャはその大きさによっても値段が変わってきます。「大きい方が良いに決まってる」?いえいえ、ルドラクシャに限っては、何故か粒の小さいものの方が高価になるのです。ジャパマーラー(ヒンズーの数珠)として使うには、6mmが一番小さいサイズだと言いますが、これも高価です。

 私のルドラクシャは10mmの5面ですね。まあ、3000円くらいでしたし、仕方あるまい。
 
 ちなみに、このルドラクシャ、科学的にも面白い波長を持っており、なんと脳に作用するとか。それが良い作用か悪い作用かはまだ分かっていないらしいのですが、なんらかの力があるのは間違いないようです。
 それと、インドでは昔から様々な民間療法に利用されており、果実(これを剥くとルドラクシャの実が現れます。味は、かなり渋いそうです)のペーストを目に塗ると眼病に効くとか、ルドラクシャの実を一粒水に入れて、その水を飲むと心臓疾患に効くとも言われています。

 ただし、現在アクセサリーなどに使われているルドラクシャの中には、染色されているものやオイル塗布などの加工をされていたりするので、出自がはっきりしていないルドラクシャの水を飲むのはやめておいた方が良いですね。
 
 それから、今、レアルドラクシャの中には、樹脂やプラスチックなどの偽物もかなり出回っていると聞きました。
 簡単な見分け方として、ルドラクシャの一粒を火を付けたお香の先でつつく、というのがあります。プラスチックや樹脂は熱に弱いため、これをすると簡単に溶けます。
 また、煮えたぎったお湯の中に入れると、コーティング剤や着色料なども剥がせるので、要らない鍋とかで試してみるのも良いかもしれません。
 しかし、食品を調理する鍋では絶対にやらないでくださいね。どんなコーティングがされているか分かりませんので。

 私は、「ガネーシャ神と開運グッズ」さんのところでこの10mm玉のジャパマーラーを購入しました。3000円くらいだったと思います。
 しかし、作りはしっかり。
 こちらも大手の「シーターラーマ」さんでは、ルドラクシャでないお数珠を購入したことがあります。
 そちらでは、いまいち作りが荒いところもありました。ただし、お値段は安かったです。ルドラクシャも10mm玉ならこちらは1000円ほどで買えますが、売り切れるのも早いので、ご注意を。

 ヒンズー教徒でない人が身につけても良いものなの?という疑問ですが、そもそもジャパマーラー自体がキリスト教のロザリオや仏教の数珠の元になっているという説もあり、それ故に「逆に、なんで身につけちゃいけないの?」という。
 仏教の数珠を首に掛けてはいけないのは、罪人への慈悲として数珠を首に掛けさせたことで縁起が悪いからとか、ロザリオはそもそもアクセサリー代わりにしてはいけないとかありますが、ヒンズーはそこのところ寛大です。実際、シヴァ派の僧侶や信徒で、ルドラクシャを身につけていない人の方が探すのが難しいそうですよ。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして♪
ルドラクシャについて勉強中です!
とても興味深いお話、ありがとうございました。ブログをリンクさせていただきたいので、よろしくお願いいたします(^^)
Re: はじめまして♪
ありがとうございます。
リンクについては、フリーリンクですので、お好きに貼るなり剥がすなりなさってください^^
ありがとうございます(^^)

管理者のみに表示