ブラックニッカ・リッチブレンド(ジャパニーズ) | 魔法石の庭3rd

ブラックニッカ・リッチブレンド(ジャパニーズ)

 ブラックニッカー!やっぱジャパニーズも抑えておきたいところですし、スーパーで1100円だったので。
283

 今回は、クリアじゃないですよ。
 ブラックニッカリッチブレンドといって、クリアより深みのある味わいになっています。
 まあ、クリアは700円くらいで買えちゃう割りには美味しいですけどね……。同じような価格帯のトリスとか凛とかよりは頑張ってると思います。

 このリッチブレンドは、ニッカの1000円価格帯になります。1000円以下はクリア、1000円ちょっとはリッチブレンド、その上は12年とかがあるのですが、価格帯によって選べるのが強みですね。
 ただ、情報通の間では、「ブラックニッカは不味くなった」との声もあります。実際、原酒である12年とか、他の余市や竹鶴なんかは、ここ最近のニッカ景気で売れてしまい、原酒がなくなったという話も。

 まあ、私のようににわかウイスキー好きにとっては、雲の上の話ですけど。
 他のウイスキーに比べて美味けりゃいいのだ!

 さて、このリッチブレンド、とにかく味が濃いです。バーボンと肩を並べるんじゃないの?ってぐらい。
 クリアが後味あっさりだったのですが、リッチブレンドは多少舌に残る程度。でも、クリアのようにさっと消えてはいきません。
 なので、カップに入れる量の調整が必要ですね。味が濃いので、キャップ1杯半くらいが私が一番美味しく飲める量かな?と。2杯だと入れすぎの感があります。

 香りは、芳醇で、ちょっと煙や樽の匂いがして、良い香り。このリッチブレンドは、味と言うよりも香りを楽しむウイスキーなのかもしれません。
 
 あと、ちょっと聞いた話なのですが、原材料名にカラメルが入ってると、粗悪品と以前書きました。
 それの補足というか、足りてなかった情報が入ったので、お伝えします。

「カラメル添加はそれほど眉をひそめられることではなく、実際樽の内側にカラメルを塗って香りを良くすることもある」そうです。
 なんでも、ウイスキー作りにおいてそういう手法が用いられることが昔からあったそうですね。
 なので、「カラメル添加だからといって必ずしも粗悪品という訳ではない」と。

 もちろん、高級ウイスキーともなると、ちゃんとした樽で寝かせて、味を染みこませていくのでしょうけど、安ウイスキーが風味を出すためにカラメルを使うのもアリなのかもしれませんね。

 さて、リッチブレンドですが、おまけにこんなのもついてきました。
284

 ブラックニッカのシンボルキャラクターである「ヒゲのおじさん」と、マッサンとリタのコースター。
 これ、地味に嬉しいです。カップで飲んでると、どうしても垂れちゃうこともあって。
 本来なら、冷やしてできた水滴を受け止める物なんでしょうけどねえ。早速、使ってます。紙製だけど、まあおまけですから。
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示