酒は飲めれば何でも良い人の怖い話 | 魔法石の庭3rd

酒は飲めれば何でも良い人の怖い話

 バランタインファイネスト、空きましたよ!
 なにげに、ここまでウイスキー趣味にハマっておいて、最後まで飲みきったのはこれで人生で3本目だったりします……言うほど飲んでねえな!?いえいえ、いろんなのをちょっとずつ味見するのが楽しくてですね。

 それから、ウイスキーのつまみと職場の空き時間に読んでいた「ガン漂流」シリーズを読破しました。これから、最初から読み返します。結構流し読みしちゃったところもあったので、今度はチラシの裏にメモしながら読みますので。

 そう、私の読書法って、チラシの裏に書きながらなんですよねえ。で、すぐ捨てるのです。だから、ぶっちゃけ読めないほどの崩し字でも平気。そうやって、段々とインプット作業をしていくわけです。1回読んだくらいじゃ、忘れてしまうので。

 今度は、鴨志田穣さんの遺作である「酔いがさめたら、うちに帰ろう」とか読んでみたいですね。酒飲みながら、アル中克服の本を読むという。まあ、良いんじゃないですかね?肝臓壊したりしない限りは。
 ちなみに、西原先生の漫画によると、「鴨は肝臓数値300越えという大馬鹿だった」そうで。そうして、西原先生も同じように酒を飲んでいたので、不安になって検診を受けてみたところ……数値は18。生娘のような数値だったそうで、これからあと3倍は飲まないといけないな、とか。
 
 まあ、γ数値は、酒飲みの人は皆怖がりますよ。だって、強い酒をガンガン飲む人は、大抵肝臓悪くしますもん。何事もほどほどにです。
 あとは、血糖値(糖尿病)とか尿酸値(痛風や結石など)、中性脂肪(肥満症)とかが酒飲みだと気にするところですね。
 これらを予防するには、できるだけゆっくり時間をかけて飲み、そしてもちろんあまり飲み過ぎないこと。たとえば、ウイスキーだとダブルを3杯で既に飲み過ぎということになるそうです。
 一気飲みは、急激に体内のアルコールが増えるため、酔いやすくなるのは当然で、さらにそれだけ肝臓に負担を掛けるので、死にたくなかったらやめておいた方が良いですね。

 また、酒のおつまみも、ついつい食べ過ぎたりしていませんか?
 ポテトチップス等の油分の多く、塩分も高いおつまみは、たまに食べるなら良いですけど、これも酒を飲む時は一袋空けてしまう……なんて人は、注意しましょう。
 お勧めは、スルメなどの噛みごたえのあるおつまみです。ずっと噛んでいなくてはならないので、その間、別のおつまみに手を伸ばす……なんてことがなくなります。結果、太らないし、カロリーも低いのです。

 あと、皆さんに気をつけて頂きたい……特に、自動車に乗る人は、ですが、年末なのであちこちで工事が始まっています。そこで、行ったことのない抜け道に入ったら、急に標識や電柱が迫ってきていて、思わずハンドルを切ったことがある人も多いかと思います。
 私は免許ないのでわからないのですが、教習所には一度だけ行ったことがあり、その初めての授業の時に、「はじめて車を運転する君たちへ」という、事故で家族を失った人の生の声が聞ける授業を受けました。最初こそ、「だるい」と思っていたのもつかの間、先生が「君たちには絶対に人の命を粗末にする人になってほしくない」と涙声で訴えかけたせいで、教室の大半が涙を流し、そこら中で嗚咽が聞こえていました。もちろん、私も泣きましたよ!あの先生、演技だとしたらプロだぜ。

 実際、うちの職場のすぐ前の電柱にぶつかった工事の人の結構な大きさの車が、出勤したら職場の玄関前でレッカー車に乗せられるところでした。出勤してびっくりしましたよ。警察は、もう事情聴取が終わったのか、引き上げた後でしたが。

 マイナスのことばかり書きましたが、アルコールは嗜好品。それなりにたしなむ程度ならば平気です。ウイスキー怖くない。
 それで、明日への活力になったり、仕事関係が円満になったり、仲間ができたりするのは楽しいことだと思います。

 ただ、中毒にはならぬよう。皆様のお体は、是非ご自愛を。
 肝硬変になったら、現代医学では治りませんからね。ずーっと透析(透析用の管を太ももの付け根から通して2時間くらい寝たきりで受ける治療。ちなみに、眠ってはいけないという拷問)しなければいけませんから。

 さて、最後にバラファイの最後の勇姿を写真で撮って……。
282
 
 ごちそうさまでした!美味しかったよ!
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示