ホワイトホース(セメダイン……じゃなくてスコッチ) | 魔法石の庭3rd

ホワイトホース(セメダイン……じゃなくてスコッチ)

 15時頃、盆栽園より帰宅。
 なんだかうちの壁の塗り替えをするということで、職人さんが来ていました。多分、1~2日じゃ終わらないので、今週はカーテンを閉め切ったせいかつになるはずです。

 さて。
 今日のお酒は、ホワイトホース。駅ビルの中の酒屋さんでは1200円くらいだったので、「スーパーまでちょっと足を伸ばせば、確か1000円ぐらいだった気がする」と思い、そのままスーパーまで行ってきました。
 980円くらいで、消費税込みだと1000円超しちゃうんですけどね……。まあいいや。

 で、たまに私やるんですけど、900円代の買い物だと、諸費税入れて1050円とかになるんですが、1000円置いたままぼーっと待ってしまいます。で、店員さんと「?」「?」という無言のやりとりを経て、「ああ、あと50円足りないのか!」と慌てて小銭入れを開くと行った感じに。
 消費税含まれてない計算をしちゃうんですよねえ……。

 さて、ホワイトホースだ。
265

 グラス付きで1050円くらい。まあ、グラスは、おまけだからね、というレベルなのですが、プラスチックとかじゃなくて、ちゃんとガラスなのが素敵。
 
 口当たりは……一度、ストレートで舐めてみたら、辛い!他のスコッチと比べて、明らかに辛いです。
 スコッチって、甘ったるいイメージがあったのですが、ホワイトホースは辛いですよ。
 で、舐めてみた程度では、味は……セメダインの味がします。スコッチとかウイスキーって、よく「接着剤の味」と言われることも多いんですけど、初めて「あ、セメダインだ」と思いました。

 しかし、これをお湯と砂糖で割って飲んでみると、ちゃんとピート臭みたいな、モルトみたいな香ばしい香りがします。多分、こういう1000円以下のウイスキーは、ストレートで飲むより何かで割って飲むのを前提にしてあるような気がします。
 味わいは、かなりワイルド。これこそ、カウボーイとか西部劇の伝説のガンマンとかが飲んでそうな。

 調べると、英国御用達とか出てきました。まあ、これは多分、1000円台のじゃなくて、もっと高いやつだと思うんですけど。
 1000円台のは、「ファインオールド」といって、若いウイスキーのようですね。

 ただし、この銘柄は、「初心者にはお勧めしない」とされています。
 なんでも、辛さ・苦みが強く、ウイスキーを飲み慣れていない初心者が、ストレートで飲むと「辛い!ウイスキーって不味いんだな」という先入観を与えてしまうのだそうで。
 また、セメダインの匂いですけど、これもウイスキー独特の香りで、たとえストレートで飲んでセメダインっぽい匂いがしても、お湯割りなどで薄めると、たちまちその匂いは消えます。ご安心を。

 というか。
 汚い話になるのですが、酒飲みを始めてから、毎日お通じがあります。
 お酒って、デトックス効果もあるのでしょうか?まあ、たしなむ程度なら、確かに体には良いのかも知れません。いわゆるアルコール消毒ですからね。
 ただし、腹部脂肪は付きます。酒飲みは筋トレ・美容体操必修科目です。それをしないと、単位落とします。

 しかし、空けてないウイスキーの瓶が溜まっていく……。今、数えてみたら7本ありました。
 どこに置くのこれ……。そろそろ一本空けようかと、一生懸命バランタイン飲んでます。でも、割りものしないと飲めないので、なかなか空かないんですよねえ。新しくウイスキー買っちゃうと、その味もレビューしたくなりますし。

 植物も酒も、置く場所に困るという。頑張って空けます……。

 あ、あと、洋酒カテゴリにおいて、なんと2位という高評価をいただき、本当にありがとうございます!
 これも、皆様方の「ポチしてやるよ」というご厚意が形となっているものでしょうし。ブロガーとして、読者さんの反応とか、ポチとかって、他の人も同じかと思いますけど、すごく励みになりますし、「頑張ろう」って思います。
 今後とも、どうぞよろしくお願いしますね!
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示