理想の田舎暮らしなんてない! | 魔法石の庭3rd

理想の田舎暮らしなんてない!

 今週、盆栽園で美女とデートだと言っていたな?
 あれは嘘だ。(来週に延期になりました)

 ということで、来週の水曜かな?埼玉の盆栽園に行ってきます。名前は「大宮盆栽美術館」なのに、最寄り駅は土呂。あれですか。東京ディズニーランドみたいな(東京じゃなくて千葉、みたいな)?
 ちょうど休み明けなんで、人もそんなにいないかな、と友人と話していますが、どうなんでしょうね?なんか、欧米で今盆栽ブームらしくて、美術館側も「外国人観光客にはSIMカード配るよ」って言ってます。でも、実は私、そのカードがなんなのかわかってません。SIMカードって何?USBとかとは違うの?

 なんか、ここ、以前は野ざらしに盆栽を置いてあったみたいで、そこに排水がかかっちゃって1200万の盆栽をダメにしたとか書いてありましたけど。1200万って。公立校なら子供が高校ぐらいまで行ける金額なんじゃないの?

 今は、普通に美術館みたいにケースの中に盆栽が入っていて、それを眺めるようになってるみたいですね。
 盆栽って機嫌が悪くなるとすぐ枯れたりするので、美術館という建物内にあって大丈夫なのかとも思いますけど、なんかは虫類用のライトとかで補ってるんですかね。
 赤外線とか紫外線とかが出るライトみたいなの。

 しかし、日本人観光客にはどうも難しいようで、10万人の来館を予定していたのに対して、5万人とかそれぐらいしか来てないらしいです。てか、その10万人という数字はどこから出たんでしょうか?盆栽人口を考えると、一部の人しか来ないのは当たり前のような気がします。だって、デートで「盆栽園行こうか?」とは言わないでしょ?家族サービスで「週末は盆栽園だぞ~」って家族もいないでしょ。
 いたとしたも一部ですよ。今、ようやく盆栽っていうのがメジャーになりつつあるみたいですけど、まだまだ一部の趣味であることを我々は冷静に見つめなければな、と思います。
 変に盆栽ブームとかでいい気になってると、足下すくわれるというか。まあ、何に対してもそうですけどね。

 決して傲らず、真摯に受け止める。
 それが、盆栽とか職人さんのあり方だと思います。
 うちの方の水道屋で、もう何十年も付き合いのあった、町の水道屋さんがいたのですが、ある日、夜中にトイレの水が止まらなくなって、クラシアンを呼んだんですよね。
 そしたら、そのクラシアンの人がすごく良い人で、多分そう研修されてるんでしょうけど、しっかり仕事をして帰って行ったんです。
 で、うちの両親も祖母も、「クラシアンの人は24時間呼べるし、変に馴れ馴れしくないし、これからはクラシアンに頼もう」ってなったんです。

 この話聞いて、「ああ、水道屋、つぶれるわけだよな」と思いました。
「地域の商店街に活気を」とか言うのは良いんですけど、今の若い人ってドライな付き合いっていうか、変に相手の懐まで踏み込まない距離を求めるじゃないですか。
 田舎の商店街のおじちゃんおばちゃんっていうのは、それに相反しているんですよね。普通に「○○さんのところはこうなのよ」とかいううわさ話をしたり。並んでる人がいるのに、知ってる人がいるとその場で話し込んだり。

 若い人っていっても、うちの父と母の世代(60代)から、そういうのを嫌う傾向があると思います。
 だって、噂されてるってことは、こっちの事情も噂しようと待ち構えてるのでしょうし。客を待たせて知人とおしゃべりなんてのは、そもそも商人として論外なわけです。欧米か!(いや、欧米ってスーパーなんかでもそんな感じらしいですよ)

 それで思い出したんですけど、私が小学生の頃、うちに来ていた職人さんのおじいちゃんが、私に5000円くらいを包んで渡してきて、なんて言うのかと思ったら、「通信簿見せろ」と。
 で、外面の良い祖父はそれを見てニヤニヤしているだけで。私は困惑しながら、とりあえずお金は受け取ったものの、また「通信簿見せろ」と言われたので、「おばあちゃんに聞いてくる」と言って、台所に行って、祖母に「おじちゃんにお金貰ったんだけど、通信簿見せろって言うから通信簿どこにあるの?」と聞きました。

 あとはまあ、修羅場で。
 気の強い祖母がそこでカーッと怒り狂いまして、その職人に「どうせ噂で『右川の家の子はこうだ』って言うんだろう!ああ、見せてやるよ!うちの子はよくできるからね!!」と怒鳴って、職人を途中で追い返しました。
 そして、見ているだけだった祖父にも怒り、「あんたは孫と外面を天秤にかけるのか!」と夫婦喧嘩が始まりました。
 
 なんというか……農家ってめんどくさいですよ。
 今、都会でテレビに「悠々自適な田舎暮らし」なんてのが特集されていて、「田舎か……引退したら農家やるのもいいな」という人もいるかと思いますが、ご近所づきあいとか死ぬほどめんどくさいですからね。大阪のおばちゃんとかなら上手くやっていけるでしょうけど、それぐらいのコミュ能力がないと農家なんて務まりません!
 田舎って、マジでひぐらしの世界(ただし鬼隠し編まで)なところがありますし、閉鎖的で、うわさ話とか大好きですからね。私がパートやってるのを聞くと、「右川さんの家の娘はフリーターらしい」とか流れますけど。……まあ、外面の良かった祖父が亡くなってからは、あんまり客も来なくなったので、そこは良いのかなと思いますけど。

 田舎暮らしも楽じゃない!
スポンサーサイト

コメント

田舎……そうですよね。外側から来た人には排他的だし、村人(?)同士の噂話も決して大袈裟じゃなく瞬時に拡がりますもんね……。ウチも近所から何て言われてる事やら(-.-;)

私もテレビでよく言われている『田舎暮らしで癒される』とか『プチ田舎暮らしで~~』とか聞くと、ちょっとだけイラッとしてしまいます。『いやいや、そんな興味本位で田舎に来られても困るし……』と感じてしまうのです。だってブームで飽きたらそのまま来なくなる可能性だってあるし、都会の人は『あまり関わって欲しくない』空気を纏ってる人多いし、多分田舎暮らし無理だよ……と思ってしまうのです。
Re: タイトルなし
そうなんですよねえ。なんか、テレビとかの場合、メリットしか言わなくて、田舎暮らしのデメリットなんかは放送してませんし。

でも、金スマの「一人農業」で、地震の際に猫を、うちで保護していますという置き手紙一つで連れて行かれたり(後で、「ごめんなさい」と言って返しに来ましたが)、農法用の合鴨を貸したら、「イタチに全部やられた」と言って(しかも、問い詰められた後から)返してくれなかったり。
そういう、田舎の「微妙なイタいところ」も放送しているので、そこはちゃんとしてるな、と思いました。
もちろん、一人農業の渡辺さんも、合鴨の時にはちょっと怒った口調で、「鴨が全部やられたからといって、借りたこっちに何も言わないのは変じゃないですか?せめて、ちゃんと連絡はして欲しかったです」と言っていましたが。

まあ、メリットデメリットをちゃんと公開するってのがマスコミのあり方だと思いますけどねえ。
田舎暮らしにしろ、何にしろそうですけど。「田舎暮らしは最高!地上のパラダイス!」とか放送されると、「それ、数十年前に北朝鮮に対してそう言ってたよね」ってなります。さすがに北朝鮮まで酷いところではないですけど、田舎は決してパラダイスではないと思います。

管理者のみに表示