香水・・・ブランドもプチプラも大好き | 魔法石の庭3rd

香水・・・ブランドもプチプラも大好き

 私の今持っている香水。
246

 右から気に入ってる度高いやつ。あ、でっかい箱形のやつは抜きで。
 右から、ブルガリ・プールオム、ブルガリ・オパフメ、ローズロワイアル、ニナリッチの何か(古すぎてわからん)。

 でっかいのは、アクアシャボン・せっけんの香りというドラッグストアで買った、150mlで1200円くらいの安いやつ。これは、寝る前に付けて、香りを楽しんでいます。
 ちなみに、左2個は母からのもらい物。なので、いまいち使い勝手がわからないというか……。まあ、有り体に言えばあんまり気に入っていないやつです。やっぱ、香水は自分で選ばなくちゃダメですね。

 今は男性も香水を付ける人も増えてきましたが、やっぱ香水って好きな香りを付けているだけでテンションが上がるんですよ。
 今風に言う「テンアゲ↑」ってやつです。
 でも、香水5個なんて、普通の女性でもそれくらいは持ってるかと思います。皆さんもありませんか?1回使ったきりで転がしてあるやつとか。ああいうのも含めてね。
 
 マドンナでしたっけ?「私のナイトウエアはシャネルの5番」という発言をした人。
 まさにその通りで、好きな香りを寝る前に付けてから寝ると、すごくよく眠れる気がします。あ、寒いから服は着てください。自分の部屋にだけいるのなら、裸族でも良いんですけどね。
 でも、じいちゃんばあちゃんになっちゃうと、結構服とかどうでもよくなるうえ、羞恥心もなくなるようで、うちのばあちゃんは上半身裸で物置小屋で涼んでたり、怪我をしていた時期は、家族で体を拭いていたのですが、父がまだ食事をしているときに横で脱いじゃって「まだかい?」と言う始末。……父も、文句を言わない人なんですけどね。
 
 香水の話だ。
 ということで、最近また、自分の中で「こういう香水付けたい欲」が出てきています。
 でも、香水って高いですよね!ということで、普段使いに使えるのがプチプラ香水です。ドラッグストアでは、「フレグランス」の棚にたまにレジまでカードを持っていかなくて済む、1000円前後の安い香水がでていたりします。
 これがまた、なかなか侮れません。「若い子向けの、お菓子みたいな匂いでしょ?」という偏見がある人は、それを捨ててください。それほど、「使える」香水も多いです。

 プチプラ化粧品では、キャンメイクだと可愛い瓶に入ったやつが売っていますし。私の写真の右端のようにボトルで売ってるやつもあります。
 それが、結構色んなバリエーションがあって、見てて楽しいんですよ。あー、これ書いてたら、香水買いに行きたくなっちゃいました。行きたい!行くか?
 近くのドラッグストアに、ユニセックスの(女性男性共用ってやつね)ムスクの香りとかあったので、それが欲しいです。ムスク好き。たとえ、それがジャコウネコのお尻から採れる匂いだったとしても、良い匂いですもんね!

 ちなみに、人間のおならの匂いを細分化すると、バラの香りが含まれているそうですよ。
 おならの、嫌な匂いはイントールとかスカトールってやつなんですけど、それを取り除くと、なんと人間のおならはフローラルブーケの香りがするそうです。
 人体ってすごいですよね。確か、人体が発する香り(おならとかうんことかも含めて)に異性がオッケー、受け入れられる、という香りだと、その人とは遺伝子的に合っているということらしいですよ。
 なんでも、自分にない免疫の人の香りはオッケーだそうで、だから求め合うのだそうで。
 で、そこから子供が産まれて、思春期になって「お父さんの匂い嫌だ」とか言い出すのは、健全に育っている証拠なんです。免疫が同じという意味ですからね。立派に免疫が引き継がれたということです。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示