かっこいい人は何してもかっこいいという真理 | 魔法石の庭3rd

かっこいい人は何してもかっこいいという真理

 一気に頼んだ「ガン漂流」シリーズ。しかし、amazon……いや、konozamaの策略によって、何故か2つに分封され、しかも、一番最初の「31歳ガン漂流」が今日届かなかったという……。陰謀だ!!これは、私に「テメーみたいな甘ちゃんニートに奥山貴宏は早すぎるんだよこの痴豚(by伊集院光)が!!」というkonozamaの陰謀なのだ!!

 いや、それで、待ちきれずに32歳の方から読み始めたんですけど……何だろう?何かが足りない気がしています。
 で、パラパラ33歳の方もめくっていたら、とある言葉が書かれていました。「32歳の方は、あまり推敲しなくても良さそうだ。31歳の時は、それこそ1日100人とかの一部の読者のために書いていたところから始めたので、推敲や注釈を入れる必要があった。それに比べて、32歳は一冊本を出して、それなりに『大衆にわかる文章』を書いているので、初期のとがっている部分とかはなくなったけど、推敲は楽になった」とか。

 なるほど……。私は、web媒体での奥山氏のブログを読んでから本に入ったので、なおさら「なんだか小綺麗にまとまっている」という印象を持ったのでしょう。webの方は、ロックはロックでも、ドーランで顔塗った挙げ句、ライブでコウモリ捕まえてそれを食いちぎるパフォーマンスみたいなロック魂を感じていたのです。いわゆる、「一般ウケはしない部類」ですね。
 それが、いざ本になってしまうと、多分編集者とかが「この表現はいかんのじゃないですかね」とか言って、直させることも多いのだと思います。だから、なんだかロックがポップス寄りになってきてしまったというか。確かに一般ウケはしないでしょうけど、私はwebの奥山氏の文章の方が好きだなあと思います。

 あと、私は統合失調症という持病を持っており、さらにアレルギーと喘息という身体的な病気も持っているので、薬は一杯飲んでいます(今は、アレルギーと喘息は寛解していますけど)。
 なので、お酒のレビューとかをしたりすると、たまに「精神病持っててお酒飲んで大丈夫なんですか?」みたいなことを言われたりもします。

 なので、この場で言いたいのは、「そんなの、ダメに決まってるだろ」です。
 酒やタバコに限らず、嗜好品って「取らずに済めば取らない方が健康的に生きられる」ことは当然ですよ。でも、それに精神病だからっていうのを付けられるとちょっと「?」ってなります。
 確かに、精神病患者は、普通のアレルギーとか喘息の薬よりも強い薬を何種類も飲んでたりしますよ。でも、それと、「精神病だから酒とかタバコはダメ」ってのとは健常な人とどう違うんですかね?私はあんまり違わないと思うんですけど。

 要は、嗜好品との付き合い方だと思います。
 そりゃあ、酒に依存してずーっと酔っていないととにかく不安、とかはいけませんよ。でも、「酒は適度に。飲まない日もあるし、飲みたい日は飲む」という、ある程度の距離を置いた付き合い方をするのなら、酒は別に精神病患者でも他の病気の人でも(肝臓痛めてるとかはダメですけどね)健常者でも、付き合い方は同じだよ、と思います。

 私が奥山氏やイノマーさんと同じく、ロックを感じた人の中に、「中島らも」さん、「忌野清志郎」さんがいます。
 らもさんは、根っからのアルコール中毒&麻薬中毒で、著書の中で大麻をやったり、紙(LSD)を食ったり、マジックマッシュルーム(当時は合法ドラッグだった)をやったりしていました。最期は、バーの階段で足を滑らせ、そのまま亡くなるという生き様。最高にロックです。
 忌野さんは、自分たちのバンドである「RCサクセション」を立ち上げていたのですが、その途中で同じく並行してバンドを組み、それが「タイマーズ」。「RCサクセションみてーな媚びて腐った歌は歌わねえ」と、自らを皮肉って、「タイマーを持ってる いつでも君と笑っていたいな」とか「FM東京 腐ったラジオ」とかを全国放送で歌いまくるという、最高にロックな生き様を見せました。

 そう、酒も、タバコも、クスリも、全部はロックでクールなんです。クールだからやる。なくても一般の人は困らないけど、一部の人間は困る。そういうものですね。
 子供の背伸びと一緒。かっこいいからやるんです。言えば、かっこつけの最高峰が酒・タバコ・薬だと思って良いかと。
 私は、酒はやりますけど、タバコはやりません。クスリも、違法な使い方はもうしません。昔はブロンとかレスタミンとかやってましたが、まあ、その程度の遊びしかしませんでした。市販薬ですしね。そんなもんよ。

 しかし、惜しむらくは、それをやっている人全員がかっこいいわけではなく、私のように肥えた三十路の女がやると、ただのキチガイオバハンにしか見えないということです。ロックじゃないんですよねえ……。
 たとえば、外国のタレント……特にロックスターがバーで一人、酒を傾ける姿や、タバコをくわえて使い込んだジッポで火を付ける姿。そして、危ないクスリを手慣れた手つきで使用している姿は、豚ではなく、退廃的でレイジーな感じがします。そう、かっこいい人は、何をしてもかっこいいんですよねえ。文学的というか、一枚の画になるというか。

 かっこいい人は、たとえオナニーしてる最中でも、かっこよく見えるんだろうなあ……福山雅治も、「2ch?いいよね。エロ画像とかすぐ探せるし」とか言ってたらしいですし。
 つまりは、※ただしイケメンに限る 美女に限る って話だと思います。ああ、私もロックな女になりたい! 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示