レインボームーンストーン | 魔法石の庭3rd

レインボームーンストーン

 な、なんか、弟が、「面接受からなすぎるから個人塾やる」だそうですよ!ひええ!何その発想の転換!

 まあ、近くに小学校はありますし、立地的には良いのかもしれませんが……将来的には、母屋の他にもう一軒家を建てて、そこで塾をするということです。
 塾と言っても、大人から子供まで幅広い年齢で学べるものなんですけどね。まあ確かに、弟は親分肌なところがあって、子供やお年寄りを助けたりするのが好きらしいんですけどね。どうも、私にかみついてくるのは、私を「自分より目上」だと認識しているからのようです。私は、弟が大学を辞めて帰ってきたときに、弟をかばったんですが、それで「こいつは目上」と認定されたようで。
 ……大変牡羊座らしい弟です。

 ちなみに、私は未だにノープランなままです。アルバイトでも受かればいいかーといった感じで。でも、本当は、文筆業に就きたいんですけどね。ここのところ、大胆な夢を描く獅子座と、月星座である野心家の山羊座の影響ですかね。

 今日の夜は、満月……ということで、今装備している石全部を外して、月光浴させています。そろそろ取り込もうかと思っていますけど。なんか、私、霊とかを「見る」コツがわかってきた気がします。目で見るんじゃないんです。スピリット界を見る感じを現実に持ってくるというか……そうして石たちを見てみたら、白いもやもやした煙が見えて、「こ、これがもしかして邪気とかいうやつ?」とひるみました。
 
 さて、今回は再び付け始めたレインボームーンストーンについて書きます。

 最初に言ってしまうと、レインボームーンはブルームーンストーンではありません!全くの別物というわけでもないのですが(同じ長石類だしね)、その本質はラブラドライト寄りになります。
 なので、本当は、「ホワイトラブラドライト」と呼ぶべきなのです。

 レインボームーンの特徴として、その名の通り虹色がかかって見える、半透明の石、といったところでしょうか。
 虹色でなくとも、青以外の色が出ていれば、その石はレインボームーン確定です。まあ、だからといって、そんなに安くもない石ですし、愛好家も沢山いるので、「ブルームーンストーンじゃなかった……」とがっかりするのは止めてあげてください。石も、「慶応大出だって聞いてたのに、早稲田じゃない!」とか言って振られたようなもので(しかも、周りが勝手に慶応ボーイと呼んでいた状況で)、「僕の中身は……?」としょんぼりしてしまいます。

 レインボームーンストーンという名前ですが、今でも人気はあるものの、段々「ムーンストーンじゃない」ということがわかってきて、ホワイトラブラドライトという名前も知られてきました。
 まあ、私の記事ではあえて流通名のレインボームーンストーンと呼びますが、一応、ラブラドライトだよ、ということで。

 さて、石の効能ですが、直感やひらめきを与える、芸術家の石としての側面があります。
 また、本家のラブラドライトにはやや劣るものの、「運命の人を引き寄せる」という力も一応あります。ただし、それは恋愛に限らず、ライバルや上司・友達など、多方向に及びます。これも、ラブラドライトと一緒ですね。
 恋愛としての運命の人を探すならば、ラブラドライトとインカローズを一緒に持つことをお勧めします。インカローズだけでも恋愛運としては良いのですが、ラブラドライトを入れることによってさらにパワーが増します。
 そこに、結婚を意識したいのなら、アクアマリンも入れちゃいましょう。また、ローズクォーツなんかも、「自分を愛せるようになる」ということで、未来のない恋愛を切り捨てることもできます。

 最近では、若い子の間でもパワーストーンが流行っていて、「あの子、いいな。付き合いたいな」「そういえばあの子、ピンクの石持ってたから彼氏募集中かもよ!行け!」という会話も実際されていたそうで……。
 彼氏募集中の女性は、ピンクの石を持っていると、もしかしたら声をかけられる率も上がるかもしれません。

 さて、レインボームーンですが、私としては「可もなく不可もない」感じで、非常にドライなイメージを受けました。それで、真珠が違う石をいじめているのも傍観しており、その罰で付けなくなった、といういきさつもあります。
 反省しているといいんですけどね。

 ……この記事を書いている間に、石を取り込んできました。
 すると、レインボームーンの輝き方が明らかに違う!私のレインボームーンは青と黄色が目立つのですが、特に青の光方が変わりました。前はもっとぼんやりとした輝きだったのが、はっきりと青が出ています。
 水で洗ったりもしていないので、月の力でしょうかね……。
 本当に、満月って不思議な力があるのかもなあ、と思ってしまいました。

 ちなみに、石を月光浴させるのが良いのは満月ですが、逆に新月は、願い事をするのにうってつけだそうです。10個ほどの願い事を紙に書いて置いておくと、いつの間にか願いが叶うとか。
 私はまだやったことないのですが、一応マメ知識ですね。

 ブルーダイヤもヒマラヤ水晶も月光浴させていたのですが、あまり変わりはないような。やっぱり、曲がりなりにも「ムーンストーン」の名前を持ってる訳じゃないのかも……。
 ちなみに、ラブラドライト類は、太陽と月の両方の性質を持つと言われています。だから、日光浄化も平気です。
 
 ただし、へきかい性といって、ある一定の方向からの衝撃には弱いとされているので、簡単にヒビが入ったりもします。扱い方、要注意な石でもあるのです。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示