虫は植物趣味の大敵! | 魔法石の庭3rd

虫は植物趣味の大敵!

 シマトネリコについて調べていると、色々とこの植物の全体像がつかめてきました。
 というのも、最近、植物を増やして、大手の育て方サイトを見て終わり、という植物生活ばかりしていたのです。大手のサイトでは、確かにざっとした育て方は書いてあるものの、2chなどの生の声が聞けるサイトを見ずに生育している感じでした。
 
 ちなみに、今のシマトネリコの状態はこんなの。
223

 だいたい20cmくらいですかね。これでも、机に緑を、という植物の置き方をするのなら、頻繁な切り戻しや根切りが必要だそうです。放っておくと、根詰まりして葉っぱが枯れるので、根切りは生育期に一年に一回はするそうで。大きく育てたいのなら、一回り大きな鉢に植え替えます。
 私は……特にどう育てようとかいうプランはないので、行き当たりばったりになります。もう一回り大きい鉢を適当に選んで植え替えるのもアリかなーとは思ってますけど。

 うちは、農家であり、祖母が植物が好きなので、空き鉢は沢山転がってるんです。かなり大きい鉢もあるので、大きく育てたいのならできますけど、それに土を入れて部屋まで持って帰るのが結構難儀かなと。

 さて、2chでシマトネリコを検索してみたところ、なんと見つかりました。
 ちなみに、私は「2ちゃんねる専用ブラウザ」という無料のソフトを使っています。以前はギコナビを使っていたのですが、今はjane使いです。初心者さんには使いづらいところもあるかと思いますが、普通に2chを使っていると「人大杉」といって、要するにアクセスが集中して、サーバーが追いつかないよ、という画面ではねられることがあります。しかし、専用ブラウザを使っていれば、それを回避できますし、インターネットをオフラインにしてもソフトのファイルの中にログが残っているので、読むことができます。
 これから2chを使う人は、お勧めしておきたいところです。

 えーと、シマトネリコの話でしたね。忘れてませんよ。
 なんでも、シマトネリコは「害虫もつきにくく、葉が涼しげで、どこから切ってもまた葉が出てくる強い植物」……とのことですが、色々問題もあるようです。
 たとえば、シマトネリコは6~7月に白い小さな花を付けるのですが、花がらが隣の家の庭に飛んでいってトラブルになるとか。そして、「害虫は地植えにしていると、カナブンや蛾の幼虫、そして大きな木にはカブトムシ・スズメバチなどがやって来て、樹液を吸ってしまう。退治するにも、でかい昆虫は殺すのが怖いし、地面が腐葉土だと幼虫も来るのでかなり困る」そうです。
 カブトムシが10匹ほど来たお宅は、近所の子供たちに捕まえてもらったそうで。あとは、そのまま子供たちにあげてしまったとのこと。

 カブトムシはまだ良いですけど、コガネムシはかなり厄介です。コガネムシは、幼虫の頃は根っこを食害し、成虫になっても樹液を吸うだけでなく、葉や根を食害します。
 それと、蛾の幼虫が何匹もたかると、あっという間に葉っぱが丸坊主になってしまうとか。
 植物を育てていると、虫害っていうのがよくわかります。うちの祖母は、生まれつきの農家の人なので、大人の男性の指ほどもある幼虫を普通にサンダルで踏み殺します。農家の嫁、すげえ。
 母は、東北の祖父が関東に嫁に出す条件として、「農作業はさせないこと」としていたので、稲刈りや種まきなどの大きな作業の他はノータッチです。しかし、ゴキちゃんはスリッパで叩き殺します。なんでも、長年あまり裕福とは言えない生活をしていたので、ゴキちゃんと対峙する機会が沢山あったので鍛えられたようです。

 幸い、私の植物たちの虫害は、葉ダニだけで済んでいます。コガネムシも、死体は見ましたが、特に植物に影響はないので、多分大丈夫。でも、未だに一目だけ見たのが、ワラジムシとヤスデ(ムカデの噛まない方)です。でも、敷いた新聞紙を取り替える際にはいなくなっていたので、どこかで死んでると思います。
 葉ダニは、水で洗ったのと、カダンプラスという薬剤を導入してやっつけました。しかし、葉ダニも同じ薬剤を使い続けていると、抗体ができて効かなくなるらしいですね。なので、複数の薬剤を交互に使うようにして、抗体ができるのを防ぐらしいです。今のところ、うちではカダンプラスが効いていますけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 観葉植物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示