54年、お疲れ様でした。 | 魔法石の庭3rd

54年、お疲れ様でした。

 私が婦人科について書いた矢先、北斗晶さんの乳がん発覚。
 そして、夜に「川島なお美さん訃報」のニュースが。ネット上では、「あの痩せ方はもう長いこと持たない」という意見が多かったのですが、こんなに早く……。
 
 私が川島さんを知ったのは、世間は「失楽園」ブームの頃でした。
 ラブシーンがてんこ盛りの映画だということは知っていたのですが、いかんせん思春期。自ら観たいと思う映画ではありませんでした。不倫嫌いですし。
 それで、「セクシー女優なのかな?」と思っていたら、「お笑い漫画道場」でお笑いに携わっていたり、「ワインは私の血液よ」とワイン愛好家の面も持っていたりと、近年では悪く言えば「お高くとまった女優」、よく言えば「スタイリッシュでカッコイイ」女性だったと思います。

 そんなことをつらつら思い出していたら、夫の鎧塚さんが大衆浴場に行くのが趣味だという話もテレビでやっていて、鎧塚さんがぼそりと「なお美も、庶民的なところもあるんですよ。テレビでは見せませんけどね」とつぶやいていたのが印象的でした。

 報道されてたった2週間。その間、どれだけの末期癌の痛みをこらえて、「川島なお美」を演じきったのでしょうか。ガリガリに痩せた姿でも、凜と立つ姿は、かっこよかったです。

 しかし、一部の週刊誌の悪行が取りざたされていますね。
 何でも、川島さんの入院している病院で、「お墓は買ってあるんですか?」という、とんでもない暴言を吐いた記者がいました。ホント、マスゴミときたら……。品性下劣とはこのことでしょう。

 川島さん、あの世でも好きなだけワインを飲み明かしてほしいです。また、北斗晶さんも、乳房全摘出という、女性としては一番ショックの大きい治療を受けると言います。男性にたとえると、自分のムスコが半分になる感じです。母性の星座である蟹座が、古代から乳房を表すマークとされていますから、占いからしても、乳房=女性性の象徴なんでしょうね。
 うちの、84歳になる祖母も、乳がんを摘出するときに、「全摘出は嫌だ」と拒んだそうです。農作業用品をしまってあるバラックで、上半身裸で夏は涼んでいることもある祖母ですが、それでも乳房を取るのはショックだったようです。
 
 さて、真面目な話の後は、植物の話。
 シマトネリコが育っています。半日陰とはいえ、他の植物でほぼ日陰にあるのに、強い木です。
211

 葉っぱがつやっつやですね!
 大きい植物は、濡れたタオルなんかで葉を拭いてあげると、見栄えが良くなるらしいですが、こういう細かい葉っぱは、埃も付きにくいのです。
 
 ちなみに、一応常緑樹ですが、機嫌が悪かったり寒かったりでストレスがたまると、すぐ葉っぱが落ちる植物だそうです。でも、春が来れば自然と治るので、そんなに気にしなくて良いとのこと。

 そうそう。風水では、玄関に天然石や、耐陰性のある植物を置くと、運気が上がるそうです。
 植物は生命エネルギーの象徴ですので、一番重要な玄関という場所に置くことで運気を回す力があるとか。
 結婚などの願望には、東南の方向に緑を置くと良いらしいですよ。……うん、まあ、私は特にそんな兆候もないですけどね。悪かったな男日照りで!モテるのはろくでもない男ばっかだよ!あれか、ダメ男を引きつける引力でも発してるのか?速水もこみちになってから来いや!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示