うどんこ病、来たー | 魔法石の庭3rd

うどんこ病、来たー

 一日目を離した隙に……。
194

 出ました!うどんこ病です。
 葉っぱが白くなる病気で、カビ性のもの。割とメジャーな病気で、素人でも気づきやすいのが特徴です。
 軽度なら、放っておいても生育が阻害されるとか、花や実が付きにくいとかがありますが、モミジなのでそんなに被害はなさそうですけど……。

 でも、酷くなると、最悪株が枯れてしまうとのことです。それだけでなく、うどん粉病はカビなので、風に乗って他の植物にも影響があるとか……。
 対策法は、酢と水を混ぜた混合液を作り、それをスプレーする(葉の裏にまでまんべんなく)とか、木酢液をスプレーするとかがあります。
 
 それと、最悪、うどん粉病にかかっている葉を切って、それは処分することで治ることもあるとか。
 なるほどね……。

 しかし、9月とか10月は何故にこんなに葉ダニとか病気とかが出るのだ?と思ってしまいます。そういう時期ってあるんでしょうかね。
 うーん、紅葉見たいので、葉っぱは切りたくないんですけどねえ。でも、広がることを思うと、切った方が良いのかな。一本枯れてしまっても、あと3本ありますし。

 ……と言っている間に、うどんこ病の兆しがある葉っぱを、ちょいちょいと剪定してしまいました。
 やっぱり、これ以上広がらないうちに手を打った方が良いよ、と。
 しかし、剪定していて思ったのは、「やっぱり病気って近くにある葉っぱから移るんだな」ということです。重なってる葉っぱとか、同じ節から生えてる葉っぱとか。
 うどんこ病みたいに、カビ性のものってそうなのかもしれません。

 逆に、ウイルスとか細菌性の病気だと、幹に沿って病気が現れるのかも。
 幸い、まだそういう病気にかかった株がないのですが、植物を育てる以上、病気のことも調べないとアカンのかなとも思います。

 ちなみに、昨日書いた、「桜の葉の謎の糸」ですが、あれはクモが脱皮する際に作った、簡易性の繭だったようです。
 取り除いた葉っぱをよく見たら、クモの皮らしいものがありましたから。まあ、害虫じゃなくて良かったです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示