貧乏で病気持ちだけど園芸趣味してるよ! | 魔法石の庭3rd

貧乏で病気持ちだけど園芸趣味してるよ!

 まだ先月分の給料も受け取ってないのに、9月も10日も経ってないのに、もう既に財布の中に5000円しかない気分はどうだい?フウーーーーー!!
 いや、それは、ホントは7000円あるんですけど、2000円はうっかりポチッた植物が来るので、その支払いに使ってしまうのですよ。でも、8月は通販で何も買わなかった。私、よくやったよ。いや、「それが普通なんだよボケナス!ホントに金銭感覚ねーな!」って言われると思いますけど。実際、この趣味やってる主婦や還暦で退職された人たちは、限られたお金の中で生活するのが当たり前ですしね。

 まあ、以前、ルームシェア(私の暗黒時代)してた頃は、1回も光熱費も家賃も滞納しなかったのがせいぜいの自慢ですけど。当時の相手がそこんとこ管理していたのですが、滞納するわ家賃も使い込んだことが判明するわでえらい目に遭いました。ようやく、数年経った今、怒りが沸いています。人って、絶望しきると、怒ることもできないんですよね。今になって、夢の中で相手を泣きながら罵倒する夢とか見ていて、「あー、これぐらいした方が良かったのか……」とは思ったんですけど。

 今の私も、お給料はホントに雀の涙ほどですし、趣味に使うお金は、親から「病院代」として渡される6000円(通院費と薬代を除くとそれくらい。親も、お釣りを返せとは言わないので、お小遣いのつもりなんだろう)と、昔、ちょっとため込んだ貯金(でも、ついに10万円以下に……)を切り崩してやっています。
 でも、なんで趣味は止められんの?という話ですが、これは止められんのですよ。止めたら、また暗黒時代みたいに、引きこもってぼーっと天井を見上げて一日を過ごす時代に戻りそうで怖いのです。「そんなの、飽きたら働くだろ」とか「切羽詰まったら働くだろ」と言う人もいますが、私はそれでも働きませんでしたからね!!一ヶ月食費1万円生活とか普通にやってましたからね!
 その時は病院にも行っていなかったので、それがいわゆる「陰性症状」とか「鬱状態」というらしいのは知りませんでした。

 あー、まあ、だから、今は物欲も戻ってきましたし、だいぶ人間らしくなりました。
 まだ、「真人間」とは言えないのですが、一日も早く、真人間になりたいです。

 さて、コーヒーの木が、また新芽を出し始めましたよ。
188

 斑点のあった葉は取り除きました。ハサミを使わないでもいだのですが、これも木の種類によって、刃物がダメな木っていうのもあるみたいですね。
 モミジがそうらしいです。なので、芽を摘む(モミジは二股に分かれた間の芽を摘むことで脇芽が出るのを促したり樹形が崩れるのを防いだりする)時は、手で取るそうです。
 
 ……1本目のモミジ、思いっきりハサミでばっさりやっちゃった。だから脇芽が出ないのか?とか、そもそも、新芽を思いっきり根元から切っちゃったから?とか思ったのですが、過ぎたことはしょうがないです。でも、今のところ特に枯れてはいないので、まあ良しとします。
 放っておくと、私は結構なことでも良しとするぜ?(モンスターエンジンより)

 まあ、盆栽の世界では、「叩く」といって、植物を根元から切ることで根を太く作る……ということもあるらしいので、「モミジには刃物を使わない」っていうのもまあ、厳密に言えばの話で、別に無理してまで守る必要はない……と理解しています。
 ちなみに、とある「育て方」のページでは、「思い切って、モミジは剪定をせずに育つところまで育てるという方法もある」と書いてありました。そんなもんなんですね。

 このコーヒーの木も、観葉植物育て始めた頃に買ったやつですね。
 私、いつがこの木の記念日とか覚えてないので、いつ買ったのかは定かではないのですが、夏の頃だったかな?夏の暑い日に、「葉が黒くなるのは根詰まりの証拠」というのを読んで、4本いっぺんに植えてあったのを1本にまで減らしたのは覚えています。ちなみに、2本は地植えにして、一本は思い切って捨てました。地植えにしたコーヒーの木は、祖母によって別の場所に移されたらしいのですが、どこに移されたのかはわかりません。

 この鉢が根詰まりを起こしたら、今度は根切りに挑戦してみようと思っています。根切りは、読んで字のごとく、根っこを切って植物を小さいまま保つ方法です。土をほぐして、主根と言われる太い根を少しだけ切り、それからヒゲ根という細い根を適当に処理します。後は、元の鉢に植えておけば植物自体の生育が旺盛なら、放っておくとまた根が伸びます。それを繰り返して、盆栽のような小さいままの植物を作るのです。
 普通の観葉植物だけ育てていたら、多分わからなかった方法だと思うので、盆栽もやってて良かったなーと思いました!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示