花泥棒は立派な泥棒! | 魔法石の庭3rd

花泥棒は立派な泥棒!

 秋の「やっちまったなー祭り」、まだまだ続きますよ!
180

 葉っぱもさもさで強健だったムラサキシキブが、最近葉っぱがよく落ちるな?と思っていたら、鉢の形が楕円なので、正面に水をやっても後ろ側まで水が行かない……後ろ側だけ水切れ状態だったのです。
 おかげで、正面はまだ見られますが、後ろはハゲ山状態……。「やっちまったなー」です。

 それに気がついてから、後ろからも水をあげているのですが、植物って難しいですね。夏の間はそんなことなかったのになー……ということは、やっぱ秋は樹勢が弱まるのでしょうか。

 このムラサキシキブはまだ、水を欲しがるので、樹勢としては強い方だと思います。水を欲しがらなくなったら、その木は弱っているということらしいですし。
 
 なんか、前にも書いたような気がするのですが、わざわざ過去ログさかのぼるのも面倒ですし、多分読者さん方もめんどくさいと思うので、また話題にしようと思いますけど。
 盆栽はなかなか話題に上がらず、多肉系でよく話題にあがるのが、外で栽培している植物が盗まれる、ということです。
 盆栽はまだまだ、「趣味の世界」とか「難しそう」というのがあるのかもしれませんが、特に多肉などの、綺麗にリメ缶(リメイク缶のこと。既存の缶にスタンプとかシールとかを貼って飾り付ける)に植えられているものが狙われやすいそうです。
 
 あとは、寄せ植えとかですね。
 なんと、寄せ植えの一部だけ引っこ抜かれた!とかいう話をよく見るので、それは曲がりなりにも多肉の価値を知ってる人間が、高価なものを盗んでいくのだと予測されます。
 
 盆栽でも多肉でも、可愛がっていた植物や、苦労して作ったリメ缶を盗まれたと気づいた時は、すごくがっかりするし、悲しいし、悔しいと思います。
 それを、「高価だから」とか「欲しいから」で簡単に盗めてしまう、その感覚がわかりません。多分、スーパーの万引きとかと同じ感覚なのだろうと思いますけど。

 要するに、植物泥棒をする人は、それを育てた人の気持ちがわかっていない、もしくはわかろうとしない、という倫理的欠陥を持っているのだと思います。
「失礼な!花泥棒は泥棒じゃないっていうじゃないか!」というかもしれませんけど、それは何百年も昔のことわざで、現在の法律では植物泥棒は明らかな違法行為ですよ。
 
 植物趣味をしている人は、皆仲間……と言いづらいのが、こういう人たちがいるからなんですよね。
「それでも泥棒が止められない」という人は、はっきり言って脳の病気ですので、精神科か心療内科にかかった方がいいですよ。精神科、怖くない。日本人はもっと気軽に精神科を利用しましょう。

 このブログを読んでくださっている読者さんたちは、絶対に花泥棒はしたらいけませんよ!
 まあ、そんなのわかりきってることでしょうけどね。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示