フィロデンドロンは要らない子じゃないよ | 魔法石の庭3rd

フィロデンドロンは要らない子じゃないよ

 フィロデンドロンの下葉が枯れてきました。
171

 こんな風なのが、ぐるっと回って360度に枯れている状態です。これを、掃除しました。
 枯れている葉は取り去って、ゴミ箱にぽい。完全に枯れているので、抜き心地がトゥルン!って感じで快感です。そういえば、この観葉植物、イモ科だっけ……。やっぱり、根っこはぬめぬめしてるのかな?とか余計なことを考えつつ作業。

172

 綺麗になりましたね。
 なんでも、フィロデンドロンは、寒さに比較的弱く、涼しくなってくると葉を落として茎や根を守ろうとするそうです。

 一口にフィロデンドロンといっても、300種類ほどの種類があるので、私のシルバーメタルがそれに当たるかはわからないのですが。
 というか、色々見ていると、フィロデンドロンって普通に枯れるんですね……。とあるショップのブログでは、「地味なので売れ残る割に、1ヶ月2ヶ月と放置しておいても枯れないで新芽がにょろにょろ出てくる超・強健種」とのことですが。

 なんか、チートじゃないかってぐらいゲームが上手い人が、初歩的なところでミスするのを見た感覚?「フィロデンドロンって枯れるんだ……」というのはそういう意味です。
 ちなみに、そういうときは「人間アピール」とか「良かった、こいつも人間だった」とか言われます。

 フィロデンドロンも植物だったということです。……でも、新芽もにょきにょき出てますけど。……やっぱ強健種かも。

 ちなみに、この記事でフィロデンドロンを初めて知ったという人のためにちょっと説明しますと、私のフィロデンドロンは、シルバーメタルといって、銀色の光沢が美しい種類の観葉植物です。
 写真の左側に強い光沢がありますが、ここまでは光りませんけど、鈍いシルバーの輝きがあります。
 
 まあ、光が入らない環境だと、地味……と言われれば地味かもしれません。でも、カーテン越しの柔らかい半日陰で育てると、つやつやの葉っぱがどんどん出てきますよ。
 シルバーメタル、要らない子じゃないよ!

 お手入れの仕方は、気が向いたら水をやる。半日陰~日陰で育てる。それだけです。
 放っておいても育つ植物なので、頻繁なお手入れは必要ありません。簡単だね!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示