悲しいお知らせがあります | 魔法石の庭3rd

悲しいお知らせがあります

 眠れないので、ちょっと簡易更新。

 百日紅の木……花芽が落ちてしまいました。
 多分、水分不足(ここのところ、ずっと寝てばかりで世話ができるのは夜だった)でしょう。他の花芽も見てみたのですが、やはり黒くなって落ちていました。

 あー……わかっていたけどショックです。まあ、水やるのが夜だけってなると、今の季節厳しいんでしょうなあ。

 長寿梅も、「葉刈りをするなら、樹勢(木の元気パワー)が旺盛な時に。いつも土壌が濡れている株は、弱っているので葉刈りしない方が良い」と書いてあり、「先にこれを読んでおけば……!」と思いました。
 枯れたら、土に埋めてあげます。でも、植物をダメにするってことは、いつになっても慣れませんね。いつも悲しい気分で粛々と作業します。

 いつも植物を埋めたら、「ごめんね」と手を合わせます。仏教では、植物は生き物に入らないらしいですが、植物はお坊さんたちが唯一食べられる食物です。それが、尊いと言わずに何というのでしょうか。
 今は、瀬戸内寂聴さんのように、肉も食べる、酒も飲む、男もはべらせる、というお坊さんもいますが、ちょっと前なら破戒僧ですよね……。でも、寂聴さんは寂聴さんなりに考えた結果だと思います。

 出会いがあれば別れもあって当然。植物趣味をしてから、それが段々わかってきました。
 それと、10年以上盆栽をやっているブロガーさんで、「梅は何故かいっつも枯らす」というブロガーさんもいて、「やっぱり梅って素人には難しいよねえ」と思いました。
 桜も、葉ダニ被害で、葉っぱが落ちてしまいます。花芽が残っているので、まだ育てたいのですが、どうなることやら。

 あと、私には一年草が合っている気がするので、お花を集め始めるかもしれません。一年で枯れるなら、まだ踏ん切りが付きます。
 宿年草で、芽が出なかった時の絶望感ってありますよね……。それなら、お花が咲いている状態で買ってきて、一年でダメにするのも私の「赤い手(植物を枯らしてしまう性質のこと)」では良いのかな?と思っていますよ。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示