アロエベラ、秘かに成長中 | 魔法石の庭3rd

アロエベラ、秘かに成長中

 もうすぐ2週間ですが、長寿梅の動きが……ありません!
 殺っちゃったかー?と思いつつ、よーく見てみたら、ちょっとだけ先が緑色をしている芽がありました。一個だけ……。……これって生き残ったって言うんですか?
 まあ、私の数え方が間違っていて、葉刈りした日が8月8日で、芽が出るのが2~3週間ということで、まだ正確には2週間も経ってないんですけどね。

 さて、そんなてんてこ舞いしているのを尻目に、これは元気です。
165

 アロエベラ~。なんか、アロハオエみたいな語感だと思ってしまいました。
 一応、外の葉が二本ほどくしゃくしゃになってダメになっていたので捨てましたが、アロエってそうやって成長するみたいです。
 私としては子供吹かないかな-?と思っているのですが。アロエベラの子供見てみたい。

 以前の写真と比べると、中心が微妙に育っているのがおわかりでしょうか?日陰で、1週間に1回の水やりでも、これほど育つんですよ-。
117

 前の。中心の成長点が微妙に大きくなっています。
 こうして、成長点が死なない限り、年単位で生え替わり続けるのがアロエです。
 ダメになった外の葉は、むしったときに草木の良い匂いがしました。何と言えばいいのか……自然の匂いがします。

 私の家の周りは、今、建設ラッシュで、田畑も辞めてしまって土地を売る家も多いです。
 うちにも、何度も大手建設業から打診があるようですが、「まだ稲作していますので」と断っているようですが……祖母が言うには、「それも後何年もしたら、周りが全部売ったら稲作もできなくなるよ」だそうで。

 そんな中、まだ自然を感じられるのが、植物趣味です。
 春夏秋冬、色んな季節を感じさせてくれて、時には上手くいかずに手を焼いたり。
 癒やしだけでなく、自然の脅威を教えてくれるのも植物たちです。葉ダニとかの病害虫とか、多肉溶かしたりとか。
 自然の気まぐれ一つで、本当に生き物は簡単に生死を握られてしまうのだと、そう感じます。

 つまりは、「自然すげえ!」って訳で、どこかの研究所では水と特殊なライトだけで成長させることができる施設が作られたりしていますが、それもまだ、それを維持するお金の方が高い、とのことで、研究施設だけで実験段階にあるそうです。
 人間は、まだ自然の力と同じ力は持てないのです。だからといって、諦めるのではなく、近い将来、きちんと形になるようにして欲しいですね。それが人間の使命でもあるように思えるのです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示