ニレケヤキ、荒ぶる | 魔法石の庭3rd

ニレケヤキ、荒ぶる

 ちょっと目を離したんです。
 百日紅咲いてないかなーとか、長寿梅、丸刈りしちゃったけど平気かな?とか、色々気にすることがありまして。
 そしたら……。
151

 これわかりますかね?後ろの枝が、天に向かってまっすぐ伸びてきたんですよ。
 他の枝は横に伸びるばかりだったんですけど。なにこれ。
 調べてみたら、これ、「徒長」っていうらしいです。多肉時代にも出てきた単語ですね。

 多肉の徒長とは、水のあげすぎ・日光が当たらないなどの要因で、ぺたっとしているはずの茎が伸びてしまうことを言いました。
 盆栽での徒長は、普通に成長しすぎて、刈らなければならない枝のことを言うそうです。

 でも、これだけ堂々と伸びられるとこっちも刈りづらいですね。せめてうにゅっと曲がるとかするとこっちも安心して刈れるってもんですけど。
 木質化する前に刈らないとですね……。別に、ニレケヤキはいつ剪定しても大丈夫な樹木らしいですけど、木質化しちゃうとすごく固いらしいんですよ。そういえば、キンボンの7月号で「木が固すぎてハサミが折れた」っていうネタがあったんですけど、あれはサツキでしたね。田舎の子供が必ず花の根元をちゅーちゅーする木ですね(どんな紹介だ)。

 ちなみに、私がちゅーちゅーしてたのは、サルビアとホトケノザでした。
 サルビア、家にもありますけど、さすがに大人になってちゅーちゅーする気はありません。でも、学校のサルビアとか全部花が荒らされてましたよね……。皆でおやつ代わりにちゅーちゅーするから。

 あれって全国区の話らしいですね。皆、30代以降の人は「吸った吸った!」っていう。皆吸うんですよ。

 サツキの話でずっと蜜をちゅーちゅーの話とか。……サツキちゃんの蜜を吸うとか(お前、いい加減にしろよ)。
 アカーン!下ネタは止めようって思ってたのに!生理の話とかしてて、もう、「このブログ、下ばっかじゃねーかなんで植物カテゴリにいるんだよ亀仙人かよお前、死ね」って声が聞こえてきてですね。多分、幻聴じゃなくて、皆が思ってること。
 ……誰が亀仙人だと!?禿げてねーし!魔封破使えんし!おじいさんじゃねーし!てか、怒るところそこか!?そこでいいのか!?

 まあ、ニレケヤキは近いうちに剪定したいと思います。でも、このびよーんと出てる芽、面白いな。活かしてみたいな。無理だろうけど。

 しかし、元気な木だ。「ケヤキは剪定しないと暴れる」というのもわかったような気が。でも、暴れてるケヤキも可愛いですけどね。さて、どうやって剪定しようかな?せっかく新芽が出たのに切っちゃうのはもったいない気がしますけど。その場合は冬に剪定した方が良いんでしょうか?どうせ冬場、やることないですし。
 盆栽家の皆さんは、冬場は何をしてるんでしょうか?今から疑問でもあり、他の皆さんがどうやって冬を越しているかが気になるところです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示