盆栽は水やり3年と言いますが、水やりは難しい! | 魔法石の庭3rd

盆栽は水やり3年と言いますが、水やりは難しい!

 ダバリアがしなびてきました。
142

 水不足でしょうかねえ……。でも、一日一度の水やりは欠かしてないんですけど。
 ちっ、シダ類はすぐ乾燥するとへたるから根性ないぜ!とはいえ、水やるとすぐ復活するんですけどね。

 ……そういえば、昔、メル友だった関西の子に「関東弁ってどんなん?」と言われ、「関東でも田舎とか湘南の方は~だべとか使うけど、文字に起こしては使わないなあ」と返すと、「へえ!関東人って皆『~だぜ』とか使ってると思ってた!」と。
 使わない使わない。昔、「学校へ行こう!」と言う番組で、「だぜ」というキャラがいて(一説には劇団ひとりの若い頃だったという噂も)、そのキャラは「~だぜ?」とか言うので「だぜ」と呼ばれていました。

 ちなみに、大阪辺りで関西の女性を引っかけるには、標準語、評判良いみたいですよ。
「なんだか、ドラマの台詞みたいでロマンチックやね」とか「知的に見える」らしく。
 それと、標準語と地方なまりは日本に限った話ではなく、たとえばアメリカとイギリスだってアメリカは「イギリス人の英語はお高くとまっててむかつく」でイギリスは「アメリカ英語は下品」とか言われているらしいです。
 また、イギリス内でも、北と南に別れていて、北の方では「fuck」を「feck」と言うらしいです。イギリス人は皮肉を言い合える仲が、「仲が良い証拠」となるらしく(日本で言う京都みたいなもの?)、北なまりで返事を返したら、「今のはちょっとむかついた。やるな」と言われたとか。

 さて、植物たちですが……ルビネがしおれてきています。一応、2日に1回のペースで水をあげているのですが、一日一回にしてもいいかもしれません。
 実は今日の朝、水やるの忘れてたんですけど、日陰組は大丈夫。問題は日なた組で、土がカラカラになっていて、旭山桜は数枚葉っぱを落としていました。やってもーた……。

 この季節、水切れは本当に怖いです。水切れする=養分が作れない ということなので、その木を維持できるエネルギーがなくなってくるってことです。
 私は仕事の時は、出勤前に40分ほど余裕を見て、その間、植物に水をやります。特に夏は乾きやすいので、たっぷりと。
 しかし、それでも、帰ってきた頃には土は乾いていてカサカサ。夏の日差し、恐るべしです。

 なので、夏は、乾きやすい植物は一日3回水をやっても良いかもしれません。
 ちなみに、うちで乾きやすいのは、旭山桜と百日紅とハクチョウゲですね。この3種は、土が水はけが良いのか、すぐ乾きます。
 そうそう、園芸サイトの「育て方」でよく水やりの目安が書いてありますが、それも「その時その時の植物の状態によって決まる」そうで。土が乾いていなければ無理に与える必要はありませんし、逆に乾いてしまう場合はもっと水やりの頻度を上げても良いとか。

 ただし、これは多肉植物にはお勧めしません。
 何故かと言うと、多肉は「蒸れ」に非常にデリケートなので、昼間に水をあげてしまうと、蒸発した水分で蒸れて葉っぱが腐ってしまいます。
 いわゆる、「溶け」の状態ですね。
 多肉の水やりは、あくまで午前中までには終わらせてください。私はそれでピーチネックレスを溶かしました。気に入ってたのに~!
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示