ガジュマルさんは元気だよ! | 魔法石の庭3rd

ガジュマルさんは元気だよ!

 今日のお昼更新がなかったのは……すみません、寝てました。しかも、一度朝8時頃起きて、ご飯食べて、また寝てたら、起きたのは夜19時。寝過ぎだよ!
 いやー、最近、休日はいつもこんな感じです。仕事の時はシャキーンと起きれるのが幸いなんですけどね……。

 そして、ガジュマルさんの新芽が育ってました。
087

 前は、蝶ネクタイみたいになってたんですけど、そこから本葉がにょきにょきと。上の葉っぱもわさわさしていますよ。
 なんでも、ガジュマルの根っこを育てるには、そのわさわさしてるところを全部切って、脇芽を伸ばすようにしてあげると良いらしいです。私は、根っこはこれで満足してますけどね。

 あとは、土に埋めるとか……?それは、アルブカだったかな?アルブカも、今は休眠に入るところなので、葉っぱがくたっとなってきています。暑くなったら全部葉っぱが落ちるらしいですけど、秋になるとまた生えてくるので心配ないとか。

 それと、うちの母がハオルチア溶かしたのは書きましたっけ?
 だいぶ前になるのですが、多分、水のやりすぎで、葉っぱの根元がぶよぶよに腐っていて、私が捨てたんですけど。代わりにガジュマル(100均のやつ)とチランジアを飾ってます。チランジアは、私が1週間に1度くらいソーキング(水漬け)にして、逆さにしてよく水を切り、また玄関に置いています。

 今日、うっかり浴室に忘れていたら、次にお風呂に入った母が私の部屋の前にそっと置いておいてくれました。……玄関に飾ってあるの、知らないのかな?

 ガジュマルですが、これからの季節、よく生育するそうです。ただし、今まで日光が入らない場所に置いてあったものを急に夏の日差しに当てると葉焼けなどの原因になるので、ホームセンターの中などに置いてあったものは、日陰→半日陰(1週間くらい)→直射日光下、と段階を踏んで光の強さに慣らしていくと良いそうで。今後、ガジュマルを育てたいという人はどうぞご参考までに。

 ガジュマルは耐陰性もある程度ありますので、室内で管理しても大丈夫ですけどね。私も、つる性の方は半日陰で管理しています。
 若干、葉っぱがしっかりと固まらない、とかはありますけど、それは仕方ないですね。置くところないです……。
 室内ガーデニングやってると、どれをどう置くかの采配が問われますね。どれをイン(窓際)して、どれをアウト(半日陰)にするか、私はザックです。今は監督ザックじゃない?気にするな!

 私はどっちかっていうと、サッカーより野球の方が好きなんですけど、野球のルールもよくわかっていません。ストライクと、ボールと、Oってなに?オーバードーズ?(それアカンやつや)

 てか、スポーツ全般にあんまり興味ないのですが、唯一、フィギュアスケートは観てます。はい、羽生君大好きです。元々、ジョニー・ウィアーみたいな、中性的でしなやかなスケーティングする選手が好きだったので、羽生君は理想型ですねえ。
 海外では、「しなやかな怪物」とか「牙をもった天使」って言われてるんですよ。それな。
 織田君みたいに、コミカルに特化してても好きですけどね。バラエティとかに出てくれて、ちょっと嬉しいです。あと、高橋君が引退の時に「大ちゃ~ん!!(号泣)」で、ついたあだ名が「号泣王子」とかね。

 日本のスケーターって皆仲が良いらしくて、外国の選手とかには「日本の選手は仲良しで羨ましい。こっちは皆ライバルだから」だとか言われています。
 
 スケートとは離れるんですけど、卓球の福原愛ちゃんいますよね?あの子が中国で人気が出たのは、とあるテレビ番組でした。
 その番組、かなり辛口なのが売りで、その頃10代だった愛ちゃんに「お父さんはあなたが卓球で有名になってから仕事を辞めたそうですが、それについてはどう思います?」とかかなりきつい質問責めにして、ついに愛ちゃんは泣いてしまうのですが、「泣けば済むんですか?」と。
 で、そこから中国ユーザー側に大反響がおきまして。それも、「10代の子になんて可哀想な仕打ちをするんだ!」という、怒りの反響だったのです。その頃、中国と日本はギスギスしていまして、はっきり言って愛ちゃんは「言われて当然だろ」ぐらいのことは言われる覚悟だったらしいのですが、そのテレビ番組に対して、しっかりと自分の意見を伝えようとする愛ちゃんに、中国ユーザーも心を動かされたとか。

 で、愛ちゃんは有名になったそうです。
 ホント、敵陣でも、しっかりと芯のある子は理解されるものですね。見習いたいものです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示