はじめてのせんてい! | 魔法石の庭3rd

はじめてのせんてい!

 クチナシの剪定を決行しました!
 まずはビフォ~から。
079

 新芽が出ているのは良いのですが、枝が込み合い、このままでは蒸れてしまいます。
 そこで、匠(盆栽歴1ヶ月)の出番です。匠のハサミさばき(ダイソーで100円)がうなります。
 そうしてできたのが、こちら。
080

 大胆なカットはしていません。少し新芽を摘む、程度にカットしました。
 匠は言います。「モンキーポッド(この木何の木の木)みたいにしようと思ったら、どうしていいかわからなくなったから、とりあえず無心で芽を摘んだ。というか、ダイソーの剪定バサミが優秀すぎて軽くびびった」と。

 そう、ダイソーの剪定バサミ、想像以上でした。「100円だから、小さい枝は切れても木質化した枝は切れんやろ~(こだまひびき師匠。ご冥福をお祈りします)」と思っていたら、あら、簡単に枝が切れる!ちなみに、一緒に写ってるピンクのやつがそれです。

 剪定バサミにも色々ありますが、普通のハサミじゃなくて、刃先がカーブしているハサミ!これが切りやすいです。
 力を入れなくともばさばさ切れるので、面白い。……いや、だから剪定しすぎなんじゃないの?とかいったコメント付きそうですが。

 クチナシの剪定は……特に気にすることはなく、「好きなように刈ったらいい」という、「その好きなようにってどんなんよ!」という放任主義な剪定方です。
 あえて言うのなら、「枝と枝の間を空気が通るように」だそうで。

 私の場合、大きい芽は残して、小さい芽だけを切りました。
 合っているのかどうかはわかりませんけど、クチナシはこの時期を逃すと、夏・秋・冬は新しい花芽を伸ばすので、剪定できないのですよ。
 
 でも、写真を見ていると……なんかこう、オーラが違うというか。
 クチナシも、剪定して貰って喜んでいる感じがします。植物に痛覚はないので、私たちが髪や爪を切るのと同じような感覚なのだそうですよ。
 てか、モンキーポッドどこいった……と思いもしますが、それはまあ、まずは盆栽に慣れてから作ればいいや……。

 皆さんのような、盆栽玄人とか盆栽歴10年以上、とかいう人々にはとてもじゃないけど敵わない作品なのですが、私の初めての剪定記念に写真撮りました。
 盆栽に慣れてきた頃に見返すと、「なんだこの素人丸出しの剪定!」とか言ってるんでしょうか。ちょっと恥ずかしいですね……。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示